ヘルペス再発対策や特徴、通販で安く購入する方法を紹介

ヘルペス退治にバルトレックス

ヘルペスとは

ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性器、角膜などです。 発症すると患部にチクチクとかゆみを伴う痛みがあらわれ、のちに水ぶくれ赤い斑点熱を伴う腫れなどがあらわれます。

ヘルペスは初めて発症したときが一番症状が重く、重症化しやすいです。治療は主にバルトレックスゾビラックスといった抗ウイルス剤を使用し治療していきます。ただ、それらには「菌を殺す効果」はなくあくまでも「菌の増殖を抑える効果」があるため、いかに早く増殖をくいとめるかが治療を早く終わらせるうえで重要になります。

また、ヘルペスは自然治癒は不可能です。発症したあと放置すると入院、他の個所にも感染が広がるなんてこともよくある話です。なので、きちんと病院にいったり、病院に行くことができない人は治療薬を購入し自宅で治療することが大切です。


では、これから性器、口唇、角膜、そしておなじヘルペスウイルスで発症する帯状疱疹はどんな病気なのか、また原因はなにか、治療方法、治療薬はどんなものがあるかなどヘルペスについて詳しく紹介していきます。


性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの主な症状は男性器や女性器、おしりや太ももなど広範囲で複数の水ぶくれや、赤い斑点チクチクとした痒みや痛み皮膚のただれなどが現れます。口唇ヘルペスよりも重症化しやすい病気です。また、性器ヘルペスは「急性型(初感染)」「誘発型(非初感染初発)」「再発」の3種類に症状を分けることができます。

◆性器ヘルペスの症状◆
・急性型(初感染)
ヘルペスウイルスに感染後すぐに症状がらわれる性器ヘルペスです。性行為などで感染して2~10日程度の潜伏期間をへてから急激にヘルペスウイルスが増殖します。他の種類よりも症状が重くなりやすいです。感染すると性器、肛門、おしり周辺などに複数の水ぶくれや、赤い斑点があらわれ、痛みを伴ったかゆみがあらわれます。かゆみが激しすぎて眠れない人もいるぐらいです。治療開始から治癒まで1~2週間かかります。

ヘルペスウイルスによって38度以上の高熱もあらわれることもあります。症状が悪化すると最悪の場合入院になるためこのパターンを発症した場合早めの治療をおすすめします。もし、どうしても病院に行けないという人は通販でもバルトレックスやゾビラックスなどの実際に病院で使用されている治療薬を購入することができるので購入して自宅で治療することをおすすめします。⇒ヘルペス治療薬を購入する

・誘発型(非初感染初発)
ヘルペスウイルスに感染してもすぐに発症しない性器ヘルペスです。性行為などによってヘルペスウイルスに感染後、しばらくは神経の奥に潜伏しています。そのウイルスが疲れや、風邪、ストレスなど免疫の低下によって活性化され性器ヘルペスを発症します。急性型と比較すると軽い症状で済みます。症状は同様に水ぶくれ、発疹、かゆみ、痛みなどです。治療開始から治癒まで1~2週間かかります。

・再発
薬によって抑えていたヘルペスウイルスが再活性化され、ふたたび症状があらわれることです。再発の原因も同様にストレス、疲れ、風邪など免疫が下がったりホルモンバランスが崩れることによって発症します。症状も同様に性器や太もも、肛門などに水ぶくれ、発疹、かゆみ、痛みなどの症状があらわれます。治癒まで1週間はかかるとされています。治療開始から治癒まで1週間かかります。


また、性器ヘルペスの場合再発の予兆があるため、再発する前に性器や性器周辺にムズムズ、チクチク、とした違和感があらわれます。違和感を感じたら本格的に発症する前にヘルペス治療薬を服用して再発予防をしましょう。再発予防は1年程度服用すればきちんとできるそうです。

また、男女によっても性器ヘルペスの症状はちがいます。男女別の症状の現れ方を紹介します。

◆男性の性器ヘルペスの症状◆
男性の場合、亀頭、包皮、肛門、おしり、太ももなどに発症します。
症状のあらわれかたは以下の通りになります。

【症状】
・ヘルペスに感染後すぐに発症しやすい。
・水ぶくれや皮膚のただれは性器の片側ではなく全体的にあらわれる。
・患部がズボンや皮膚どうしで擦れて歩きづらくなる事がある。
・おしっこが出し辛くなる。
・髄膜炎を発症することがある。
・性器がふとももに触れやすいため、太ももに感染が広がりやすい。

【関連記事→ヘルペス治療薬の紹介

◆女性の性器ヘルペスの症状◆
女性の場合、外陰部、膣、肛門、膀胱、子宮頸部などに発症します。
症状のあらわれかたは以下の通りになります。

【症状】
・性器にむずむずとしたかゆさ、痛さがあらわれる。
・複数の水ぶくれがあらわれ、破れてただれる。
・症状が進行すると膀胱や子宮頸部で炎症を起こすことがある。
・男性よりも重症化しやすい。
【関連記事→ヘルペスは子宮頸がんの原因?
性器ヘルペスは一度発症すると完治することは一生ありません。また、自然治癒することもない病気なのできちんと病院に行くか、自宅で治療するなどの対処をとりましょう。早ければ早いほど効果的にヘルペスウイルスの症状をおさえることができます。

性器ヘルペスの原因

性器ヘルペスの主な感染経路はセックスですが、セックスをしないからといって性器ヘルペスに感染しないとは限りません。性器ヘルペスの感染経路はいたるところにあります。では、性器ヘルペスの感染経路はどんなものがあるのでしょうか。性器ヘルペスの感染経路を確認し、感染しないように予防しましょう。

◆性器ヘルペスの感染経路◆
・オーラルセックス
・アナルセックス
・クンニリングス
・手淫
・タオルの使い回し
・トイレの便座
・銭湯のイス

性行為以外にも他人と素肌で間接的に接触する場所であればどこでも感染する危険性はあります。また、性行為をする際にコンドームをきちんと使ったとしても使用済のコンドームは決して素手で触らないようにしましょう。 相手が感染者だとゴムにもウイルスが付着しています。

また、性器ヘルペスは赤ちゃんでも感染することもあります。赤ちゃんの場合、お母さんから感染する母子感染になります。母親が妊娠中に性器ヘルペスに感染し、その状態で出産することによって産道をとおる間に赤ちゃんに感染します。

【関連記事→子供の性器ヘルペスとは

性器ヘルペスの治療法

性器ヘルペスも口唇ヘルペスと同様にゾビラックスやバルトレックスなどのヘルペス治療薬で治療します。性器ヘルペスの治療方法は初発時再発時再発予防時で異なります。ではそれぞれどのように治療していくのか見ていきましょう。

性器ヘルペスの治療法:初発時

性器ヘルペスの症状がはじめて表面にあらわれた時、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるためにヘルペス治療薬を使用します。5~10日程度薬を飲み、それでも症状が改善されなかったら医師の判断のもと、別のヘルペス治療薬にかえたり、薬を飲む期間をのばしたりします。初発時の薬の服用例は以下の通りになります。
◆初発時の薬の飲み方◆
・バルトレックス
…500mgを1日1回1錠を2回服用。服用期間は5日間。
・ゾビラックス
…200mgを1日1回1錠を5回服用。服用期間は5日間。

性器ヘルペスの治療法:再発時

性器ヘルペスは再発を防止することもできます。再発時の治療もしくは再発抑制療法があります。それぞれどのような治療法なのでしょうか。
◆性器ヘルペスの再発治療◆
【再発時の治療】
性器ヘルペスは再発すると表面に症状があられる前兆がわかります。皮膚の下でチクチク、ピリピリと痛みやかゆみがでてきたらヘルペスウイルスがまた活性化されている証拠です。水ぶくれなどの症状が再びあらわれてから48時間以内であればすぐにヘルペスを治癒することができます。
症状が軽い場合、ゾビラックスの軟膏タイプなどを1日3回程度ぬれば症状はおさまります。
ただ、水ぶくれがあらわれて48時間以上たち、症状が進行している状態では、軟膏では効き目が弱いため直接ゾビラックスやバルトレックスの錠剤を飲んで5~7日程度飲んで治療します。
【再発抑制療法】
年間6回以上と頻繁に性器ヘルペスを再発する人に限り、ヘルペスの再発を抑制する治療をすることができます。症状が全くないあいだもヘルペス治療薬を服用して治療していきます。薬の服用量に関しては薬によって異なりますが、バルトレックスやゾビラックスの場合初発時とおなじ飲み方になります。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスは単純ヘルペスによって発症するヘルペスです。主に発症すると初期症状は唇や口周辺にチクチクとした痛みかゆみがあらわれ、のちに発疹水ぶくれがらわれます。口唇ヘルペスの症状は4段階に分けることができます。段階別の症状を紹介したのち、大人と子供でも症状の現れ方がの違いを紹介します。

◆口唇ヘルペスの症状:段階別◆
【前駆期】
・ヘルペスの症状が表面にあらわれていない段階です。体内でヘルペスウイルスが急激に増殖する時期であり、チクチク、ピリピリ、ムズムズといった症状があらわれます。皮膚の下で違和感が生じます。

【発症初期】
・この段階で症状が表面にあらわれます。体内で増えたウイルスがさらに活性化され、皮膚のチクチクとした違和感から、赤く腫れ患部に熱を帯びるようになります。

【発症中期】
・腫れた部分に水ぶくれや赤い斑点があらわれます。このときに絶対してはいけない事が水ぶくれを割ることです。なかから液体が漏れだし、その液が他の部分につくとそこにもヘルペスが発症します。手に付いたらすぐに洗いましょう。

【発症後期】
水ぶくれが自然と硬くなってきてしぼんでいきます。そしてかさぶたとなり治癒へむかっていきます。ただ、それでもヘルペスウイルスは無くなっていないため、病院で処方された分はかならずのみきりましょう。自宅で治療している人は7~10日間最低でも服用しましょう。



◆口唇ヘルペスの症状:大人・子供・高齢者◆
【口唇ヘルペスの症状:大人】
・唇やその周辺に水ぶくれや赤い斑点が複数あらわれ、リンパが腫れたりします。その他に頭痛、発熱、のどの痛み、身体がだるくなる、などの症状があらわれます。 ヘルペスは幼少期に「水疱瘡(みずぼうそう)」としあらわれますが、水疱瘡を発症したことがない人は重症化しやすいため注意しましょう。また、大人の場合一度発症するとストレスなどで再発することが多いため、ヘルペス治療薬を常備するといざというときに困りません。また、水ぶくれを割らないためにマスクで顔を覆うこともおすすめです。

【口唇ヘルペスの症状:子供】
・幼少期にヘルペスに感染した場合、大人と同様に、頭痛、発熱、のどの痛み、身体がだるくなる、などの症状があらわれます。大人と違って身体の不具合を伝えるのが苦手な子供は感染しているのに気がつかずに症状が悪化してしまうことがあります。なので、大人がきちんと子供を観察してあげることが大切です。もし喉も腫れてないのに高熱を出している、いつもよりもぐずったり泣いたりするなどの違和感があったら口唇ヘルペスに感染している可能性が高いため少しでも疑いがあればきちんと病院へ連れていきましょう。

【口唇ヘルペスの症状:高齢者】
・高齢者(65歳以上)の人は免疫が低下しているためヘルペスを一度発症すると再発を繰り返しやすくなります。症状は大人と同様です。ストレスの他に胃が荒れたり、少しでも疲れがたまると再発してしまいます。また、日光や暑さで再発することもあるので疲れがたまっている時はあまり暑い場所や日差しの強いところに行かないようにしましょう。




口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスは人から人へうつる感染症です。感染者が使っていた物から人へうつることもあります。では、具体的にどのような感染経路があるのでしょうか。
◆口唇ヘルペスの感染経路◆
・食器のつかいまわし
・食べ回し、飲み回し
・キス
・オーラルセックス
・他のヘルペス患部を触れた手で口を触った場合
・頬ずり

基本的にヘルペスウイルスを持つ人とかかわった場合ほとんど感染すると考えてよいでしょう。かといって過剰に怖がる必要はありません。たとえウイルスに感染したとしてもすぐに発症することはなく、日頃から睡眠をよくとったり栄養バランスのとれた食事をとれば発症する確率をぐんと下げることができます。逆に不規則な生活を繰り返しているとヘルペスが発症し、再発も繰り返すようになるので注意が必要です。



食事でヘルペス対策

関連記事:食事でヘルペス対策(※工事中)

ただいま工事中です。お手数おかけします…

詳細はこちら>>


ヘルペス対策は睡眠が大事

関連記事:ヘルペス対策は睡眠が大事(※工事中)

ただいま工事中です。お手数おかけします…

詳細はこちら>>


口唇ヘルペスの治療法

口唇ヘルペスは基本的にバルトレックスゾビラックスなどの抗ウイルス剤をしようした薬物療法のみです。一度感染したら自然治癒することはなく、症状がおさまったあともずっと神経の奥で潜伏し続けます
なので、おもにヘルペスウイルスの増殖を抑える治療になります。病院は皮膚科を受診することをおすすめします。病院以外でも薬さえあれば自宅でも治療することができます。忙しいなどの理由で病院に行けない人は通販を活用して自宅で口唇ヘルペスを治療しましょう。

ヘルペス治療薬の紹介

関連記事:ヘルペス治療薬の紹介(※工事中)

ただいま工事中です。お手数おかけします…

詳細はこちら>>


ただ、自宅でヘルペスヘルペスを治療する際の注意点がいくつかあります。

◆自宅でヘルペス治療する際の注意点◆
・必ず薬の説明書を読む
・用法用量は守る
・最低でも7~10日程度服用する
・副作用がでたらすぐに服用をやめて病院へ
・10日以上薬を服用して変化がなければ服用をやめる
・持病がある人は必ず使用前に主治医に使用許可をもらう

以上のことを守れば安全に効果的にヘルペスを自宅で治療することができます。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状は名前の通り発疹や水ぶくれが身体の一部に帯状でできることです。正確にいうと初めて感染してあらわれる症状が水疱瘡(みずぼうそう)、過去に発症した人が再発すると帯状疱疹になります。

なので、水ぼうそうは子供の病気、帯状疱疹は大人の病気と認識されがちです。しかし、子供のころに水疱瘡(みずぼうそう)を発症していない人は大人になってから水疱瘡(みずぼうそう)を発症し、なおかつ子供よりも重症化しやすいので注意が必要です。

もちろん水疱瘡(みずぼうそう)を経験した子供も帯状疱疹を発症します。では、水疱瘡(みずぼうそう)と帯状疱疹それぞれどのような症状がでるのでしょう。発症から治癒まで段階別で紹介します。

◆水疱瘡(みずぼうそう)の症状◆
【発熱】
喉の腫れはほとんどなく、リンパが腫れ身体に熱を帯びるようになります。それにともなって身体を動かすのがだるくなったり、頭痛があらわれるようになります。 子供の場合、感情の表現がまだ難しかったり、本人にあまり症状の自覚がなかったりするためこの段階では気づかれないことがあります。発熱は2~3日ていど続きます。

【発疹、水ぶくれ】
発熱の後に皮膚の表面に水ぶくれや発疹がでてきます。主にあらわれる部位は顔や腹部です。発疹だけだと蚊に刺された跡などと間違われがちです。しかし、発疹から数時間後経過すると発疹の部分に水ぶくれがあらわれます。この水ぶくれの中の液はヘルペスウイルスの塊であるため、割れて他の部位についたらそこにも発症します。

【かさぶた】
そして、その水ぶくれが固くなり自然としぼんでいきます。かさぶたが取れるまで3週間以上かかります。かさぶたをとった部分は跡として残りやすいので軟膏などをきちんと塗り跡が残らないようにしましょう。


◆帯状疱疹の症状◆
【痛み・かゆみ】
ヘルペス特有の痛がゆさがあります。大人はかなり激しくあらわれ、かゆくて眠れないなんてことがあるそうです。一方、子供は大人と比べると症状が軽く、むしろ感染していることに気付かない子もいるそうです。まわりの人が帯状に赤く腫れている部分をみつけて感染に気が付くなんてこともあります。

【発疹・水ぶくれ】
かゆみなどの後にぽつぽつと帯状に発疹があらわれ、その発疹が水ぶくれになります。帯状の発疹は片側にしかできません。子供は経度ですみますが、大人だと重症化し皮膚がただれてしまったりすることがあります。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の感染する原因はほかのヘルペス同様、食器の使い回し、食べ回しなどです。再発する原因も免疫低下によるものです。人と接触する場であれば打つ可能性は高いです。ただ、睡眠をきちんととり、栄養バランスのとれた食事をとり、適度な休息をこころがけるなど体や精神面のメンテナンスをきちんとしていれば発症することはほとんどありません。

帯状疱疹の治療方法

帯状疱疹もヘルペスウイルスの働きをおさえて治癒するため、ほかのヘルペス同様ヘルペス治療薬を使用し治療します。また、帯状疱疹や水疱瘡にはワクチンがあります。大人の場合子供のと比較すると両方とも重症化しやすいため、ワクチンを打って感染しないようにしましょう。また、水疱瘡に過去にかかったことがあるか分からない人は両親や身内に過去の病歴をきちんと聞いておきましょう。

ヘルペスの再発対策

ヘルペスウイルスは薬で症状を抑えることはできますが、ウイルスを完全になくすことはできません。残念ながら一度感染してしまうと再発を繰り返しやすくなります。
再発の主な原因は免疫力の低下、日光や暑さなどの外的刺激です。これらを日常生活できをつければ再発率を圧倒的に下げることができます。

では日常生活ではどのようにしてヘルペス再発の対策をとったらよいのでしょうか。
この対策は性器、口唇、帯状疱疹すべてにあてはまる対策です。どれか一度でも発症しことがある人はこれらを気をつけて生活しましょう。

睡眠をよくとる

睡眠はいわば「身体のメンテナンスの時間」です。寝ている間に日中のストレスや疲れなどでダメージを受けた身体の機能を修復してくれます。しっかり睡眠をとらなければ体の修復はどんどん追い付かなくなり結果免疫力が低下していき口唇ヘルペスの再発につながります。

睡眠は最低でも1日6時間以上はとるようにしましょう。寝る時間もバラバラではなく、たとえば「12時に寝る」と決められた時間に毎日ねるとより効果的です。また、眠りが浅い人は寝具を変えてみたり、リラックス効果のあるアロマを焚いてみたり、安眠のためのストレッチを寝る前にしてみることをお勧めします。

バランスの良い食事

食事も睡眠と同様にとりこまれた栄養素は体を修復するために重要でもあり、ウイルスを抑制するための免疫力を向上させる役割があります。野菜、肉、魚、どれもバランスよく取り入れることが大切です。とくにビタミンB群リシンが大切です。

アルギニンはヘルペスウイルスを増殖させてしまう栄養素でもありますが、不足していても増殖してしまうためバランスよく摂取することが大切です。ヘルペス対策に良くない食事やアルギニンの摂取量などを詳しく知りたい人はこちらへどうぞ→【関連記事→ヘルペス再発を食事で対策】

また、リジンはこの中でもヘルペスウイルスを抑制する力が圧倒的にあるため、リジンだけでもサプリメントなどで摂取すれば効果の高い再発対策になります。リジンのサプリメントは1錠5円とヘルペス治療薬よりも安く再発治療できるのでおすすめです。


日光や熱を避ける

ヘルペスウイルスは外的刺激が原因で再発することがあります。日光から出る紫外線を過剰に浴びすぎてしまうと免疫力の低下につながります。免疫力の低下に加え暑さも体力をどんどん奪っていきより再発しやすい状態になります。

紫外線は季節関係なしにあるため、夏場はもちろん冬場の晴れた日などはきちんと日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりして紫外線からの影響を受けないようにしましょう。
日焼け止めをぬるのが面倒な人は飲む日焼け止めもあるのでそれを利用するととても楽に紫外線対策ができます。顔に直接塗らないのでヘルペスを発症しているときも気にせずに日焼け対策をすることができます。


ヘルペス再発を繰り返す人

性器、口唇ヘルペスなどどの症状でも、どんなに対策をしても再発しやすい体質の人もいます。毎回のように病院にいったり、そのために仕事を休んだりするのはとても面倒ですし、休みすぎると会社の評判も気になりますよね。また、市販の薬も病院で使用されているものとは違い、同じ成分でも効果が弱いため再発しやすい人にはあまりおすすめできません。

そんな人におすすめなのがヘルペス治療薬の個人輸入です。 個人輸入といっても通常の通販サイトと同様に会員登録をして商品を選択してボタンを押すだけです。個人輸入の代行となるため、処方箋もいらずもちろん違法行為にもあたりません。

ただ、ここで注意が必要なのが海外輸入なので商品が到着までに最低でも7日程度かかってしまいます。なので緊急で必要な人にはおすすめできません。ではどんな人におすすめなのでしょうか。

◆こんな人が通販で購入におすすめ◆
・商品到着までヘルペス治療薬がある人
・安く購入したい人
・病院にどうしても行けない人
・病院の治療で実際に使ったことがある薬を購入したい人
・再発を繰り返しやすく、常備薬として買い置きしたい人
・薬を緊急で必要じゃない人

ヘルペス治療でよく病院で使用されている、バルトレックスやゾビラックス、ファムビルなど治療薬を病院よりも安く入手できるうえに、それらのジェネリック医薬品も豊富に取り揃えてあります。ジェネリックなら成分は同じでも後発薬であるため、さらに治療費を抑えることができます。安く、病院と同様の薬で確実に治療したい人は通販でヘルペス治療薬を購入するのがおすすめです。

ヘルペス治療薬を通販で購入

市販の治療薬は成分は同じであっても病院で使用されているものと同様に強い効果のある薬は販売していません。しかし、通販であれば病院で使用している治療薬を安く購入することができます。通販といっても通常の通販サイトではなく輸入代行業者が運営する通販サイトです。

輸入代行業者は名前の通り個人に代わって薬の輸入を代わりにしてくれる業者です。日本の薬事法では薬の売買の規制はされていますが、個人的に薬を海外から輸入することは規制されていません。

なので、バルトレックスやゾビラックスのような医療機関で使用されている治療薬を処方箋なしで購入することができます。
そのうえ、ジェネリック医薬品もあるためそれを利用すればより安く購入することができます。

ただ、通販サイトを利用する際の注意点があります。
それは商品到着までに時間がかかることです。海外から輸入するためそうしても7日以上時間がかかります。なのですぐに薬がほしいという人にはおすすめできません。もし、購入した際に商品が到着するまで心配であればきちんと商品に追跡番号がついている通販サイトもあるため問い合わせてみましょう。

【関連記事→ヘルペス治療薬の紹介
【関連記事→通販のメリット・デメリット
【関連記事→優良通販サイトの特徴

通販のメリット・デメリット

ヘルペス治療薬を通販で購入できるメリット、デメリットはどんなものがあるのでしょうか。まとめると以下の通りになります。

◆通販のメリット・デメリット◆
【メリット】
・病院で使用されている薬を購入できる
・処方箋が要らない
・ジェネリックも購入できる
・病院よりも安い
・病院へ行く手間がない
・病院よりも多く薬を購入することができる

【デメリット】
・商品到着までに時間がかかる
・初感染の人には向いていない
(ヘルペスではない可能性があるため)
・通販業者の中には詐欺もある
【関連記事→優良通販サイトの特徴

海外輸入通販は処方箋なしで病院で使用されている薬が手に入るので頻繁にヘルペス治療薬を使用する人にとってはとても便利な購入方法です。しかし、あくまでも自己責任での使用のもととなるため、ヘルペスの診断を受けていない人はあまりおすすめできません。なので、ヘルペスの診断を受けているヘルペスを再発しやすい過去に使用したことがある薬を購入したいヘルペス対策で常備薬として置いておきたいという人がヘルペス治療薬を通販で購入することに向いています。
【関連記事→ヘルペス治療薬の紹介

優良通販サイトの特徴

もし病院で使用されているヘルペス治療薬を購入したいのであれば、輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトでしか購入できません。しかし、残念なことに通販サイトの中には偽物を販売したり、料金だけもらって品物は届かないなど詐欺サイトも存在します。では、そんな詐欺サイトに引っかからないためにはどのような部分をみれば良いのでしょうか。優良通販サイトの特徴を説明したいと思います。それをふまえておすすめの通販サイトも紹介します。

その1:住所、メールアドレス等の連絡先が正しい

きちんとした通販サイトの場合、電話番号メールアドレス住所が明確に記載れています。ただ、輸入代行業者の場合、国内での売買は禁止されているためあえて事務所を海外に構えていたりすることが多です。
そのため、会社の所在地が海外の住所であったりします。その場合本当に存在する企業なのかどうか疑ってしまいますよね。そんな時に見るのが企業のメールアドレスです。

きちんとした企業の場合「info@(企業名)」など有料メールアドレスを使用しています。しかし、詐欺サイトの場合ホットメールやヤフーメールなどの無料メールアドレスを使用していることが多いです。また、電話番号に関してはよくみると桁数がおかしかったりするところもあるため実際につながるか電話してみることも大切です。

その2:口コミが多い

優良通販サイトであれば自然と利用者が多くなるため、その分口コミの数も多くなります。口コミは本当に商品や通販サイトのサービスを利用した人の生の声を聴けるためとても重要です。

その3:品質保証が付いている

海外輸入ときくと偽物を売っているイメージが強い人もいると思います。優良通販サイトの場合そういった不安を持つ人のために輸入して安全である薬かどうか判断する第三者機関の調査書を公開しています 品質保証 ※実際の品質保証書です。

おすすめの通販サイトはここだ!

以上の特徴を踏まえた通販サイトが「お薬なび」です。お薬なびは医薬品の輸入代行の中ではトップクラスの実績があります。商品ひとつひとつのページに品質保証がついており、きちんと薬や製品に関する相談窓口があります。もちろんオペレーターの人は日本人です。クレジットカードで支払いをすればポイントもつくのでポイントを利用すればさらに安く購入することができます。病院で使用している薬を安く確実に購入したい人はお薬なびがお勧めです。

ヘルペス治療薬の紹介

通販で購入できる病院でも使用されているヘルペス治療薬を紹介します。これらは病院で使用されている薬であるため、市販よりもきちんとした効果を期待できるヘルペス治療薬です。
しっかり自宅でヘルペスを治療したい人は通販でヘルペス治療薬を購入しましょう。ちなみにこちらではジェネリックも紹介しています。ジェネリックは成分は同じでも後発薬であるという理由だけで先発薬よりも安く購入することができます。より安く確実に治療したい人はジェネリック医薬品をおすすめします。では、どんなヘルペス治療薬があるかみていきましょう。

ゾビラックス

ゾビラックス
ゾビラックスは世界で最初にできた抗ウイルス剤です。適応症状は性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹、などヘルペスウイルスによって発症する病気は全部対応しています。ほかの治療薬とはちがって形状の種類も豊富で錠剤の他にも軟膏、点眼剤、点滴、ドライシロップなどもあります。服用回数は性器、口唇ヘルペスの場合1日5回と多いですが、副作用が弱く副作用が心配な人にはとてもおすすめです。

バルトレックス

バルトレックス
バルトレックスはゾビラックスの成分をより身体に取り込みやすくし、効果をたかめたいわば「ゾビラックスの改良版」です。効果が強い分ゾビラックスと比較すると副作用が少々強めです。ただ、それでも風邪薬と同様の副作用のレベルなので過剰に心配する必要はありません。服用回数は性器、口唇ヘルペスの場合1日2回と楽ちんです。なので、面倒くさがり屋であったり、まめに服用できない人はバルトレックスがおすすめです。

アシビルDT

アシビルDT
ゾビラックスのジェネリックです。主成分は同じアシクロビルであるため、効果はゾビラックスに劣ることはありません。服用回数は1日5回と同じです。しかし価格は1錠56円(お薬なび参考)約半値で購入することができます。副作用が心配で尚且つより安く治療したい人にはアシビルDTがおすすめです。アシビルクリームもあるので、症状が軽度の人はクリームタイプをおすすめします。

セントレックス

セントレックス
セントレックスはれバルトレックスのジェネリックです。主成分もバルトレックスと同じであるため効果も副作用も同程度と考えてよいでしょう。服用回数は1日1回程度であり、価格はジェネリックであるため1錠122円程度しかかかりません。価格が安く服用回数も少ないため再発しやすい人は常備薬として多めに購入しておくのがおすすめです。

バルシビル

バルシビル
バルシビルもバルトレックスのジェネリックです。バルトレックスのジェネリックの中でも効果が高く、人によってはバルトレックスよりも高い効果を感じるという人もいるぐらい優秀な薬です。値段は少々高めですが副作用も弱く効果も高いのでバルトレックスと同様におすすめできるヘルペス治療薬です。

ヘルペスを発症させない対策

ヘルペスウイルスには幼少期に90%以上の人が感染しているため、多くの人の体の中には神経の奥にヘルペスウイルスが潜伏しています。なので、いかに発症しないようにするかが重要になります。ヘルペスを発症させないためには免疫力を高めることが大切です。では免疫力をたかめるにはどのようなことをしたら良いのでしょう。

◆免疫力を高める方法◆
・ビタミンB群、リジンを多く含む食材を食べる
・日焼け対策をする(季節限らず日差しが強い日は特に)
・睡眠を6時間以上とる
・適度に身体を休める
・適度に運動をする
・ストレスをためないようにする


ヘルペスは一度発症してしまうと再発を何度も繰り返すのでなるべく発症しないように日頃から気をつけることを心がけましょう。また、免疫力の低下以外にも疲れている時にセックスをすると相手が持っているヘルペスウイルスによって発症を誘発してしまうので、つかれている時にセックス、特に直接性器を口につける行為はやらないようにしましょう。心配な人はヘルペス治療薬をあらかじめ購入しておけばいざというときにすぐに対処できるのでお勧めです


ヘルペスの前兆の症状

ヘルペスを一度発症したことがある人だと、ヘルペスの症状が表面にあらわれる前にヘルペスの前兆があらわれるそうです。経験者の人たちいわく皮膚の下で「むずむずする」「チクチクと痛い」「熱を帯びる」といった症状がでるそうです。人によっては再発する前に平熱よりも少し高めの熱を出す人もいます。 そういった症状を感じた場合、再発の可能性がとても大きいため、再発する前にヘルペス治療薬を服用しましょう。また、薬を服用したからといって安心してはいけません。ヘルペス治療で一番大切なのは免疫力の低下を防止することです。なので、薬を服用しつつ、睡眠、食事の見直し、肉体的精神的な疲れの発散などを意識して生活するようにしましょう。

カポジ水痘様発疹症とは

アトピー性皮膚炎を患っている人がヘルペスを併発すると「カポジ水痘様発疹症」を発症します。この病気の原因はアトピーを発症している人が皮膚をかいた時に、そのかいた傷にヘルペスウイルスが入り込むことによって発症します。ひっかき傷にウイルスが入ると炎症を起こし一部に集中して水ぶくれや赤い斑点が広い範囲であらわれます。帯状疱疹ににていますが、帯状でなかったり、アトピーを発症している人は高確率でカポジ水痘様発疹症の可能性が高いです。

症状は通常のヘルペスと同様にチクチクとした痛さとかゆみがまじった感じの水ぶくれや発疹があらわれ、一気にそれが広範囲に広がっていくのが特徴です。当然、割れた水ぶくれの膿は雑菌だらけなので、触れた手で他の部位に触れたら感染が広がります。カポジ水痘様発疹症は高確率で悪化しやすく、治癒しにくい病気なので本格的に発症、再発するまえにヘルペス治療薬を服用して治療することをおすすめします。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペス対策や特徴、通販を紹介
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用期間
バルトレックスはとても優れたヘルペス治療薬ですが、きちんと服用期間を守らないと…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスとは
ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスとは
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら