ヘルペス対策を部位別に紹介。ジェネリックなどの治療薬も紹介

ヘルペス退治にバルトレックス

ヘルペスとは

ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。症状は性器、口、咽頭、性器、角膜など幅広くあらわれます。症状はちくちくとしたかゆみをともなった痛みがあらわれ、進行すると赤いぽつぽつとした発疹や、水ぶくれがでてきます。 特徴の一つとして初めて発症したときが重症化しやすいです。現在の治療薬はウイルスの働きを抑制する作用のみしかないため、できるだけ早めに治療することが大切です。はやければはやいほど治癒も早くなります。 また、自然治癒は不可能な病気であり、一度感染したら現在の医療では完全にウイルスをなくすことは不可能です。なので、感染後は再発しないように対策することが重要となります。 再発時は皮膚の下からちくちくとした痛かゆい症状がでるとされているため、そのような症状を感じたら進行する前にくいとめなければいけません。食生活、睡眠など生活習慣を意識することも大切ですが、あらかじめ治療薬の服用によって対策することも可能です。 ヘルペスの治療薬はバルトレックス、ゾビラックス、ファムビルなどがあります。それらは病院でも購入することもできますが通販でも購入することができます。はじめてヘルペスを治療する人にはほかの感染症などの可能性があるため、自己判断で治療することはおすすめできませんが、再発、過去に使用したことがある薬を購入したいという人には通販でヘルペスの治療薬を購入することはおすすめです。 では、ヘルペスとはどんな病気なのでしょうか。ヘルペスの症状、治療薬など詳細について紹介していきたいとおもいます。

参照サイト:公益社団法人日本皮膚科学会

性器ヘルペスの対策

性器ヘルペスは主に性行為で感染します。ヘルペス感染者とコンドームをつけずに性行為をすることによって感染します。また、稀にですが、感染者が使用したタオルから感染することもあります。 なので、まず一番大切なことは性行為の時に必ずコンドームをつけて行為をすることです。また、ヘルペスウイルスは免疫が低下しているときに感染しやすいため、疲れがたまっているときや体調不良の時は性行為をしないようにしましょう。 逆にもし自分自身が感染者であった場合、相手へ感染させないように対策することが大切です。感染者はしっかりヘルペスの症状を抑え、すこしでもむずかゆいなどのヘルペスの前兆などを感じたときは性行為をしないようにしましょう。 また、相手に自身がヘルペスに感染していることをきちんと伝えましょう。相手の理解によってコンドームを意識してつけるようになったり、お互いの体調を気にしたりすることによってヘルペスに感染させてしまう可能性を減らすことができます。

参照サイト:Genital herpes - Symptoms and causes - Mayo Clinic(海外サイト)

口唇ヘルペスの対策

口唇ヘルペスはヘルペスの中でも最も発症しやすい症状です。感染経路は幅広く、食べモノや飲みのモノの共有、キス、感染者の使ったものを触った手からなど無限にあります。 多くの人は幼少期に感染し、最初は水ぼうそうとして発症し、思春期や大人になってから口唇ヘルペスとして症状が再発します。再発原因は免疫力の低下です。免疫力の低下は風邪や栄養、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって生じます。 なので、日頃から6時間以上睡眠をとり、野菜や肉魚かたよりなく食事をとることが大切です。また、紫外線も原因の一つでもあるため、強い日差しに長時間当たらないことも大切です。 感染者はなるべく飲み回し、食べ回しをしないようにしましょう。また、子供にも感染する病気であるため、自身の子供でもキスなど粘膜の接触がないようにしましょう。

参照サイト:Cold sore - Symptoms and causes - Mayo Clinic(海外サイト)

帯状疱疹の対策

帯状疱疹もヘルペスウイルスによって発症する症状の一つになります。名前の通り、体の足や胴の部分に帯状に発疹や水ぶくれが広範囲にあらわれます。特徴として、幼少期に水ぶくれになったことがある人が大人になって発症する病気であるというのがあります。 幼少期に発症することは少なく、水ぶくれを発症している子供から大人への感染経路が多いです。ただ、大人から大人への感染もあるため感染した人が身近にいた場合十分に気をつけるようにしましょう。 対策方法は感染者の物をさわらない、触った場合、しっかり手洗いをすることです。また、感染した場合、無理に職場や学校へ行くことは絶対にしないようにしましょう。

参照サイト:ヘルペスと帯状疱疹 Q11 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

角膜ヘルペスの対策

角膜ヘルペスの原因は口唇ヘルペスと同様単純ヘルペスウイルスが原因となります。単純ヘルペスウイルスが角膜に感染しすることによって角膜ヘルペスがじ発症します。ヘルペスは感染すると完全にウイルスがなくなることがなく、三叉神経という目の後ろ側にある神経に潜伏しています。 大半の人は感染しても発症しません。しかし、感染した0.05%の人はストレスや風邪などが原因で角膜ヘルペスを発症します。症状は主に充血、眼中の異物感、視力低下、目の痛みなどがあらわれます。 角膜ヘルペスの特徴の一つとして再発しやすいというのがあり、目にあらわれる病気の中でも一番失明する確率が高い病気でもあります。しかし、2007年より大正製薬からアシクロビルというヘルペスに効果の高い薬が日本国内でも使えるようになり、それ以降失明率が低下しています。 では、角膜ヘルペスを感染、発症しないためにはどのような対策をとったらよいのでしょう。感染に関しては多くの人が幼少期にヘルペスウイルスに感染してしまうため、防ぐのは難しいと考えられます。しかし、発症に関しては対策をとることができます。 冒頭にも話した通り、角膜ヘルペスの発症原因はストレスや風邪などによる免疫力の低下です。なので、自身が感染しているとわかっている場合きちんと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事をとるのを心がけましょう。また、紫外線も発症する原因の一つとなるため、日差しの強い日はサングラスなどをして目に紫外線が入らないようにしましょう。

参照サイト:角膜ヘルペス|目の病気について|医療法人 藤田眼科

コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペス対策や特徴、通販を紹介
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用期間
バルトレックスはとても優れたヘルペス治療薬ですが、きちんと服用期間を守らないと…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスとは
ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスのQ&A
ヘルペスQ&A
ヘルペスに関する疑問をQ&A形式で説明していきます。…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…
性病の種類
性病の種類
性病の種類は厳密に言うと把握されているだけでも100種類以上ありま…
ヘルペス体験談
クラミジアの治療薬は市販で購入できる?
クラミジアの治療薬は市販でも購入できるのでしょうか?実は…
クラミジアの薬レボフロキサシン
クラミジアの薬クラビット
クラビットとは抗菌薬の一種であり、日本の企業によって開発…
クラミジアの薬アジー
クラミジアの薬アジー
アジーには250mg、500mg、1000mgがあります。症状によっても…