ヘルペスは日本人の半数以上の人が感染していると言われています。主な部位は口唇もしくは性器で感染力も強く厄介なのでなるべく早く治療しましょう!

ヘルペス退治にバルトレックス

ヘルペスとは

赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいいます。
それが唇や口の周りにできたものを口唇ヘルペスと呼びます。
日本人の半数以上の人が感染しているとされています。
これは、単純ヘルペスウィルスの感染が原因で起こります。
体中の様々なところに発症しますが、特によくできる箇所が口唇と性器になります。ヘルペスと聞くと性病をイメージする方が多くいますが、全てがそうではないのです。
基本的にはヘルペスウィルスは人との接触で感染しますが、感染力がとても強くかなり厄介です。
関係の深いパートナーや恋人が感染していた場合はほぼ間違いなく感染している可能性が高いです。
感染自体していても普段は潜伏していて症状が現れない事も少なくなく、体調を崩したりして免疫力が低下したタイミングで症状が表に現れるケースがほとんどです。
症状はチクチクしたりヒリヒリしたりして最後は水ぶくれができて治まるのを繰り返します。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは、単純ヘルペス1型(HSV-1)と呼ばれるものによって接触感染をします。
多くの人が子供の頃に感染しています。親などから頬ずりを受けたり、キスをされたり、同じ食器を使うことで感染します。感染してもすぐに症状がでないことも多く、気が付かない人も多くいます。
また、症状が出たとしても軽症で済むことも多いです。ただし、成人後に感染すると、その症状が重くなりやすいとされています。
具体的にはどのような症状が発祥するのでしょうか。
はじめは口の周りや口唇などが赤くなり、そこにプツプツと水ぶくれができます。その時にかゆみやほてり、痛みを伴うこともあります。水ぶくれが破裂するとかさぶたになり、その後治っていきます。
個人毎に差もありますが、1週間~2週間ほどで完治するとされています。
水ぶくれが破裂した時に、接触してしまうとウィルスが付着するので、その際に粘膜や傷に触れると感染をしてしまいます。
他の方にもうつる可能があるので、充分に注意が必要です。
症状が出た際は、できるだけ早く治療をすることで、その症状も軽くすみ、早期回復が可能です。
口唇ヘルペスは1度感染すると一生付き合う必要があります。
普段は症状が出ないので気にもなりませんが、風邪で熱を出したときは、疲労が溜まっているとき、ストレスを感じているときなどは症状が現れやすくなっています。
普段から体調管理に努め、出きる限り症状が発症しないようにしましょう。

口唇ヘルペス

性器ヘルペス

性器ヘルペス 性器ヘルペスとは、ヘルペスの中でも性器やお尻、太ももの周辺にできるものをいいます。 2種類ある単純ヘルペスウイルスのうち、単純ヘルペス2型と呼ばれるものに接触することで感染します。 感染原因のほとんどが性行為が原因であるといわれており、性病の一種になります。 感染しても自覚症状がないことも多く、知らず知らずのうちにパートナーや恋人にうつしているかもしれません。 また、口唇ヘルペスに感染している方が、オーラルセックスで性器に感染させてしてしまう事もあります。 感染しても直ぐに症状が現れるとは限りません。 風邪やストレスで体の免疫力が低下した際に発症します。 症状としては、性器に赤いぶつぶつや水ぶくれができます。 症状が重いと痛みがあったり発熱することさえあります。 症状は男女間で少し異なり、男性に比べると女性が重症化する場合が多くなっています。 子宮頚管や膀胱にただれや水ぶくれができてしまい、幹部に強い痛みが生じたり、排尿が困難になることさえあります。 また、性器ヘルペスの特徴として、再発率がおよそ80%と非常に高いことです。これは、神経節などにウィルスが潜むことで、ウィルスを完全に死滅させられないためです。 通常は最初の感染時が比較的強い症状が現れるとされており、その後は最初ほどは重たい症状にはならないとされています。 感染は、コンドームを着用することでほぼ防止できます。 ただし、性器以外の根本などからも感染する可能性があります。 そのため、性行為をする以上は完璧な予防は不可能です。 症状が現れていないときは、感染もしづらいとされているので、症状が現れているときに性行為をしないことや特定の人以外との性行為をしないことが感染を防ぐ手段ではないでしょうか。 また、性器に異常を感じた際は、すぐに性行為を中止しましょう。

性器ヘルペスはバルトレックスで治療

これまでは有名なヘルペス薬といえば「ゾビラックス」でしたが、1日に5回服用しなければいけないのが少し面倒でついつい飲み忘れてしまったりという経験をした人が少なくありません。
ゾビラックスの成分の有効血中濃度の維持時間が短いためにこの様な服用方法になっています。
そんなゾビラックスの欠点を解消したのが「バルトレックス」というヘルペス薬です。
ゾビラックスは1日に2、3回の服用で良いので、他のいろんな薬と同様、食後のタイミングとかに合わせて飲むことで飲み忘れしにくいかと思います。
もし今現在、ヘルペスの症状に頭を悩ませている人がいたら体質によって合う合わないなどもありますが、ゾビラックスよりもバルトレックスの方がおすすめです。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの効果効能と副作用
ゾビラックスの効果効能と副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック医薬品
バルトレックスのジェネリック医薬品
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
再発するヘルペスに感染
再発するヘルペスに感染
人に感染するヘルペスは全部で8種類あります。その中でも…
薬価を抑える個人輸入
薬価を抑える個人輸入
口の周りや性器に赤いブツブツや水ぶくれができるヘルペ…
高い効果と高い価格
高い効果と高い価格
帯状疱疹、水疱瘡、性器・口唇ヘルペスなどあらゆるウ…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
風俗が大好きな中年のサラリーマンです。今日はある日風…