ヘルペスは日本人の半数以上の人が感染している症状と言われ、特に口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発もしやすいです。

ヘルペス退治にバルトレックス

ヘルペスとは

ヘルペスの症状について

ヘルペスとは口の回り、または性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれができる病気で、日本人の多くの方が感染しているとされています。1度発症してしまうと、症状が改善されてもウイルスが潜伏するため、再び発症する可能性が非常に高い感染症です。ヘルペスの対策としては「感染させない・しないための対策」「再発を防止するための対策」「発症したときの対策」をすることが求められます。そしてヘルペスの症状が出てしまうと見た目としてもとても嫌な気持ちになるので、もしも発症した時はすぐに薬を使い治療を行わなければなりません。

またヘルペスというと「性病」のイメージが強いと思います。しかし先程も申したように口の周りに出来る「口唇ヘルペス」や、小さい時に発症した「水ぼうそう」もヘルペスの症状なのです。神経の痛みが辛い「帯状疱疹」もそうです。原因は「ヘルペスウイルス」で人との接触により感染します。しかも厄介なことに感染力がとても強く、抵抗力が落ちていた場合、非常に感染しやすいため用心しなければなりません。そしてヘルペス最大の特徴として、先程説明した「再発」が挙げられます。

なぜ再発してしまうのか?というとヘルペスウイルスは薬の成分が届かない神経節の奥深くに潜伏してしまいます。そのため完全に体内から除去することが出来ず、風邪などの体調不良によって抵抗力が落ちてしまうと活動を再開しヘルペスの症状を発症させてしまうのです。科学が進歩した現在でも未だ完治させる方法はありません。

>>ヘルペスの薬を購入する<<


ヘルペスの特徴

性器ヘルペスや口唇ヘルペス、水ぼうそうであっても最初は痒みやピリピリとした痛みを感じます。よく再発される方は「またか」と嫌な気持ちになるでしょう。なぜなら、この痛みはヘルペスによるものだというのが分かってしまうためです。そして1日、2日経過すると赤みを帯びた小さな発疹が現れます。時間が経つとともにいくつもの赤い発疹ができ、水ぶくれになり痛みが生じるのです。

注意としてはこの水ぶくれは無理やり潰さないようにして下さい。浸出液はいわばヘルペスウイルスの宝庫。例えば口唇ヘルペスを発症していたとします。排尿する際、そのまま性器に触れた場合ウイルスがその部位に映る事もありえます。そのため性器ヘルペスも発症してしまうかもしれないのです。それだけならまだしも周りの人にも感染してしまう可能性もあり非常に危険という事を認識して下さい。気になるのは分かりますが、なるべく触れないようにしましょう。

ヘルペスの症状について

ヘルペスの症状について

ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスはとても数が多く、その中で人間に感染するウイルスは8種類あります。それぞれが違う症状として現れる事でも知られており、軽度~重度まで及ぼす影響は様々です。中でも我々に身近な症状は口唇ヘルペスと性器ヘルペス。特に性器ヘルペスは性病としても認知されているので、ヘルペス=性病というイメージが浮かぶことも珍しくありません。

しかしそれは間違いです。性病としてカテゴライズされるのは性器ヘルペスのみ。その点は誤解をしないよう注意しましょう。ただ口唇ヘルペスも性器ヘルペスも再発しやすいのが特徴で、多い方であれば年に3回以上も再発するのだとか。その場合は早く薬を飲んで症状の進行を抑えなければなりません。

それでは8種類あるヘルペスの中からよく知られているうちの3つの症状を簡単にご説明していきます。「口唇ヘルペス」「性器ヘルペス」「帯状疱疹」です。その後は再発予防や薬についての情報もお送りしますので、もう知っているという方もそうでない方も参考にしてみて下さい。

口唇ヘルペスの特徴

ヘルペスの症状の中で有名な口唇ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)」が原因で発症します。そしてなんと、多くの方が子供の頃に感染していることを知っていましたか?その理由は親などから頬ずりを受けたり、キスをされたり、同じ食器を使うことで感染します。すぐに発症するわけでもありませんので、自身が感染している事に気付かない方も多くいらっしゃいますし、もし症状が出たとしても軽症で済むことが多いです。

具体的にどういった症状が起きるのかというと、初めは口の周りや口唇などが赤くなり、そこにプツプツと水ぶくれが出来てきます。その時にはかゆみやほてり、痛みを伴うこともあります。再発しやすい方はその特徴的な痛みですぐに分かるそうです。2~3日後には小さな水ぶくれが一つになり、やがて破裂するとかさぶたとなって症状がおさまります。個人によって差もありますが、1週間~2週間ほどで完治するので、そこまで重いものではありません。

角膜ヘルペスの特徴

ヘルペスは目の中にもできることがあります。眼にできた場合、目のまわりに水ぶくれが生じたり、目ヤニの増加、充血、異物感、最悪の場合、視力の低下などの症状がおきます。特徴の一つとして、他のヘルペスと比較すると圧倒的に再発率が高いです。角膜ヘルペスは上皮型と、実質型の2種類にわかれます。上皮型はヘルペス菌が角膜の外側の上皮部で増殖し、上皮の細胞を傷つけます。

主な症状は目が充血し始める、目に痛みを感じるようになる、光に敏感になったり眩しさが増すなどです。上皮型は別名「樹枝状角膜炎」と呼ばれています。その名称の由来は上皮型ヘルペスを発症すると木の葉形の腫瘍ができるためだとされています。一方の実質型(実質型角膜ヘルペス)は、角膜の中心部分にある実質層でヘルペス菌にたいして免疫反応がしょうじ、炎症を引き起こします。

主な症状は角膜が丸く白く濁ったり、腫れたりします。実質型は上皮型よりも治癒しにくい型であり、発症したら高確率で移植になります。また、症状が進行している場合や角膜ヘルペスを何度も繰り返している場合は角膜移植を行う場合があります。他にも角膜に穴があいたり、角膜がにごり始めた場合も薬剤治療のみでは対応しきれないため、角膜移植を行わなければなりません。

角膜ヘルペスの感染経路

角膜ヘルペスの感染経路は不明です。しかし、多くの角膜ヘルペスは幼少期にヘルペスウイルスに感染したことによることが原因であるとされています。幼少期にヘルペスウイルスに感染し、その菌がついた手で目をこすることによって角膜にヘルペスウイルスが感染します。

角膜ヘルペスは感染後すぐには発症しません。何十年と長い間目の奥にある、視神経に潜伏し続けます。そして、発熱、ストレスなどによる免疫力の低下によってヘルペスウイルスが活性化され、角膜ヘルペスを発症します。ちなみに、ヘルペスウイルスには単純ヘルペスと帯状ヘルペスがありますが、どちらでも角膜ヘルペスを発症します。

患部に触れた手から他の部位に感染する可能性

しかし注意点として水ぶくれが破裂した際に、患部や出てしまった体液に接触してしまうとウイルスが付着するので、粘膜(主に性器)や傷のある部位に触れると感染してしまいます。性器ヘルペスとなって現れたりするので、触れてしまった場合は必ず手を洗って下さい。また他の方にも移してしまう可能性があるので、この点にも注意をしなければなりません。

発症した際は出来るだけ早く治療をすることで症状も軽くすむので早期回復が可能です。発症した場合は前兆があるのでそれを知っていればすぐに対処出来るでしょう。普段は感じないピリピリした痛みが続くようであれば、口唇ヘルペスを発症している可能性が高いのでバルトレックスゾビラックスなどを使って治療を行って下さい。

しかし治療出来てもヘルペスウイルスは体の中からはいなくなりません。バルトレックスやゾビラックスはあくまでもウイルスの増殖を抑えるという作用なので、消滅はさせられないのです。そのためヘルペスという症状は1度感染してしまうと一生付き合う必要があります。

普段は症状が出ないので気にもなりませんが風邪で熱を出したとき、疲労が溜まっているとき、ストレスを感じているときなどは抵抗力が落ちてしまうので症状が現れやすくなるので要注意です。普段から体調管理に気を使い、出来る限りリスクを抑えた生活を心がけましょう。

性器ヘルペスの特徴

性器ヘルペスの特徴

性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス2型」により発症し、性器やお尻、太ももの周辺に赤い発疹や水ぶくれ、潰瘍が症状として現れます。原因のほとんどが性行為によるものなので、性病としても非常に有名です。感染しても自覚症状が無いことも多く、知らず知らずのうちにパートナーや恋人に移しているかもしれません。なぜならば感染してもすぐに症状が現れるとは限らないためです。口唇ヘルペスと同じく、 風邪やストレスで体の免疫力が低下した際に発症します。

また、口唇ヘルペスに感染している方が、オーラルセックスで性器に感染させてしてしまう事もあるので、特に不特定多数の相手と関係を持つ方にとっては特にリスクが高くなる症状です。男女間で現れる部位が少し異なり、男性に比べると女性が重症化する場合が多くなっています。

女性の場合は子宮頚管や膀胱にただれや水ぶくれが出来てしまい、患部に強い痛みが生じたり、排尿が困難になることさえあります。男性は亀頭や陰茎に水ぶくれが出来る事が多いので、女性に比べるとそこまで辛くはないでしょう。しかし痛みやかゆみは生じるようなのでいち早く治療を行うことが大切です。

性器ヘルペスはかなり再発しやすい

性器ヘルペスの特徴に再発率の高さが挙げられます。およそ80%とかなり高く、理由としては神経節などにヘルペスウイルスが潜むことで、薬を使っても完全に死滅させられないためです。これも口唇ヘルペスの時と同じように体調管理に気を付ければ発症を抑える事が出来るので、普段どのような生活を送っているか見直す事も大切でしょう。

通常は最初の感染時が比較的強い症状が現れるとされており、痛みがあったり発熱することもありますが、その後は最初ほど重たい症状にはならないとされています。そのため予防にも気を使いましょう。感染はコンドームを着用することで出来るのですが、性器以外の根本などからも感染する可能性があり、性行為をする以上は完璧な予防は不可能です。

よりそのリスクを減らすのであれば症状が現れているときに性行為をしないこと。特定の人以外との性行為をしない事で防ぐしかありません。また、性器に異常を感じた際はすぐに性行為を中止しましょう。やはり性器ヘルペスの症状も早期に薬を使う事で早く抑えられ軽度で済みますので、バルトレックスなどをすぐ使って治療して下さい。

>>バルトレックスを購入する<<

※バルトレックスのジェネリックです。

性器ヘルペスで入院

性器ヘルペスも重症化すると入院しなければならない事態になることがあります。ヘルペスの再発は男性も気をつけなければなりませんが、それよりも女性は特に気をつけなければなりません。女性の場合性器の形状菌の繁殖しやすい環境であるため、重症化するケースが多々あります。

性器ヘルペスが重症化した場合、外陰部の癒着、ポリープ、水疱の巨大化などの症状がでてきます。実際にメスを入れて行う手術もしなければならなくなるので、術後のトイレは傷口が痛み大変だそうです。高がヘルペスだと思って甘く見てはいけません。包茎の男性、女性は入院にまでならないよう十分に気をつけましょう。

妊娠中の性器ヘルペス治療

性器ヘルペスは出産の際に産道をとおって新生児に感染する病気でもあります。妊娠中にヘルペスを発症してしまった際の治療方法を紹介します。性器ヘルペスが発見された場合、産婦人科で軟膏か飲み薬が処方されてます。ただ、内服薬は薬の成分が胎児に悪影響を与えてしまうため、ほとんど処方されることはないと考えてよいでしょう。

ただ、症状が重い場合は内服薬を処方されることがあるため、その時はリスクを踏まえて慎重に考えて服用を選択するのがよいでしょう。妊娠中期の場合は内服薬の影響はほとんどないとされていますが、妊娠初期は確実な研究結果が少ないため服用には気をつけた方が良いとされています。

軟膏の場合、初期段階のヘルペスなど比較的に症状の軽い性器ヘルペスに適用されます。外部からの治療となるので胎児への影響はほとんどありません。しかし、初感染から1か月以内であったり、再発から1週間以内である場合は出産時に赤ちゃんに感染していしまう可能性があるため、帝王切開による出産を薦められるケースがあります。

一番良いのは発症しないこと、再発させないことです。そのためには免疫力を低下させないことが大切です。また、再発させないためには食生活を気をつけたり、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

帯状疱疹の特徴

帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」により発症するヘルペスの一種です。小さい頃、多くの方が発症した水ぼうそうの原因にもなるウイルスです。つまり、水ぼうそうになった事があれば帯状疱疹を発症する可能性があります。ただその発症率はとても低く、ならない方の方が多いようです。もし発症した場合でも一生に1回だけ。しかし非常に稀ですが2回以上発症してしまう方もいらっしゃいます。

その特徴ですが痛みと部位。なり始めは口唇ヘルペス、性器ヘルペスと同じようにピリピリとした痛みです。しかし日が経つとその痛みは段々と激しくなり鋭い痛みに変わっていきます。衣類のこすれでも痛むため、帯状疱疹が治るまでの間はかなり辛いようです。皮膚症状が出る部位は体の片側で、右半身か左半身のどちらかにしか現れません。神経は左右に分かれており、どちらかにしか現れないため両側にはまず起こりえません。しかし上半身だけではなく顔や脚にも広がる事があります。

その場合は重度の症状になったと言え、目や耳に障害が残る可能性があるので、医療機関でさらに診察をしてもらわなければなりません。また顔面麻痺を起こす可能性もあり、回復は一年程度かかるそうです。さらに帯状疱疹で最も厄介な痛みが数ヶ月以上続いてしまう「帯状疱疹後神経痛」についても知っておいた方が良いでしょう。若い方よりも高齢者に起こりやすいようです。

なぜ帯状疱疹後神経痛が起きてしまうのかというと、帯状疱疹によって神経が傷ついてしまうためです。若い方は損傷の回復が早いのであまり心配する必要はありませんが、高齢者の場合回復が追いつかないため起こりやすくなるのだとか。対処法は痛み止めを使ったり、ペインクリニックへ通うといった方法があります。予防のためには早期治療をし、ダメージを少なくする事がとても重要です。

なぜ水ぼうそうから帯状疱疹が?

帯状疱疹は水ぼうそうになった事がある場合に起きる症状と説明をしました。水ぼうそうにもバルトレックスなどを使うのですが、増殖を抑えることしか出来ず、ウイルスを完全に死滅させる事が出来ません。その結果、体内に残ったウイルスは神経節の奥深くに潜り込んでしまいます。そして非常に長い期間待機するのです。それは何十年に及ぶ場合もあり、いざ免疫力が落ちる事でウイルスが再び目覚め、帯状疱疹となって現れます。こうしてみるとヘルペスの症状として共通している事がお分かりだと思います。

なりやすい方は抵抗力が若い頃よりも落ちてしまう高齢者が多いようですが、近年では過労やストレスがかかりやすくなっている若い方もなってしまう場合があるので油断は禁物です。もし発症した場合はバルトレックスやゾビラックスを早めに使って治療を行いましょう。ただ薬の使い方は単純ヘルペス(口唇ヘルペスや性器ヘルペスのこと)よりも量が多くなっていますので気を付けて下さい。

ヘルペスに似ている病気

かゆみや炎症、水ぶくれなどヘルペスで見られる症状はほかの病気でもあらわれることがあります。どれも身近な病気であり、発症当初は間違えてしまうこともありうる病気です。ヘルペスは早い段階での処置が必要となるので最初の判断ミスはヘルペスの治療期間を長引かせる原因となります。では、ヘルペスに似ている病気はどのような病気があるのでしょうか。ヘルペスに似ている病気をそれぞれ紹介していきたいとおもいます。

口角炎
よく口元にできものができたり、炎症が起きると口唇ヘルペスだとおもわれがちですが、意外と口角炎であることもあります。この病気の特徴は口の端にひび割れや、ただれなどの炎症が起き、まれに口角がきれて出血してしまうことがあります。主に、唇を舐める癖がある人が発症しやすい病気です。なので、唇を舐める癖がある人は口角炎である可能性が高いので疑ってみましょう。

カンジダ
性器カンジダのもヘルペスと同様に性器にかゆみがでます。また、免疫が低下すると発症するところも似ている点です。しかし性器の場合、ヘルペスと違い、性器からチーズのようなにおいがしたり、白いぽろぽろしたおりものがでてきます。においやおりものに異常がある場合は性器カンジダを疑った方が良いでしょう。

梅毒
皮膚や粘膜に梅毒トレポネーマという菌が付着し、発症する病気です。主な感染源は性行為からとされています。梅毒もヘルペスと同じように発疹がでたりします。違いは初期段階に痛みを伴わない皮膚のただれが、口や性器にあるかないかです。そのようなただれがある場合は梅毒を疑った方が良いでしょう。

このほかにも手足口病などヘルペスに似た症状を発症する病気が多くあります。ただ、これらの病気を素人判断で対処するのはかなり難しいので、症状を発見したら即座におちかくの医療機関へ行きましょう。

薬を常備する事でヘルペスの再発にも素早く対処

薬を常備する事でヘルペスの再発にも素早く対処
ヘルペスは再発しやすい病気です。その理由は体調不良、疲労の蓄積、ストレスがうまく発散出来ないことにより免疫力が低下すると、体内に潜んでいたヘルペスウイルスが再び暴れ出すため。もし発症してしまった場合は症状を悪化させないように薬を常備することは有効であると言えます。しかし医療機関では治療出来る分量しか処方されません。バルトレックスの場合ですと5日分が基準として決まっています。

ヘルペスの症状はウイルスの増殖をいかに早く抑えられるかが決め手。症状が進行する速度は意外に早いです。少しでも体調に異変を感じた段階でバルトレックスなどのヘルペス治療薬を服用出来れば、かなり軽度な症状で済ませられます。だからこそ再発を繰り返す方は持っておきたいところですよね?しかし医療機関で余分に処方してもらう場合は保険適用外になってしまいます。

そこでもう1つの入手方法である海外の薬を購入出来る通販サイトを利用してみる事を検討してみましょう。処方箋を持っていなくてもバルトレックスやゾビラックスを購入出来ますし、価格も保険適用された場合の額、あるいはほんの少し高い程度です(1錠あたり)。通販では国内で処方されないバルトレックス1000mg錠が購入出来るので、単純ヘルペスを発症している際は半分にして使うと費用を安く済ませられます。

またバルトレックス、ゾビラックスともに海外の製薬メーカーが販売しているジェネリックを購入出来るので、よりコストカットをされたい場合とても有効です。薬自体の品質・安全性とも非常に高いので安心して使えます。海外の方が国内よりもジェネリックの普及が進んでいますからその点は安心しても大丈夫です。

ただ通販を利用する場合到着は10日に前後かかるので、発症する前に購入をしておいた方が良いでしょう。そして飲み合わせの悪い薬や成分については服用前に必ずご確認下さい。医師から説明を受けず手に入れる事になるので自身でしっかりと把握をしておく必要があります。その点に注意をすれば、いざという時にとても役立つヘルペス対策の1つになるので、覚えて損はありません。自分と関係の深い人に迷惑をかけないためにも、予防・治療などについて正しい知識をしっかり持ちましょう。

ヘルペス対策を立てて再発予防


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら