ヘルペスは日本人の半数以上の人が感染している症状と言われ、特に口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発もしやすいです。

ヘルペス退治にバルトレックス

ヘルペスとは

ヘルペスには主に口唇ヘルペス性器ヘルペス帯状疱疹角膜ヘルペスがあります。このページではそれらの原因、症状の解説のほか、ヘルペスの治療薬の紹介、ヘルペスに似ている病気の紹介などもしています。ヘルペスはどんな病気なのかを知り、感染・再発を予防しましょう。

口唇ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスの特徴 ヘ口唇ヘルペスに感染すると唇や口周りに水ぶくれができたり、かゆみや腫れなどが生じます。一見口角炎などと似ている症状があるので間違われがちですが、口角炎の場合、炎症によって口の端が切れる症状がおもな症状になるため水ぶくれなどができません。
なので、唇に水ぶくれができたら口唇ヘルペスの確率が高いといえるでしょう。また、特徴の一つで水ぶくれなどがあらわれる前に皮膚の下でチクチクとした痒みなどが生じます。
そのような違和感を感じたらヘルペスを疑いましょう。また、われた水ぶくれの液は雑菌だらけなので、ふれた手で触ると他人にもにも感染をひろげてしまうのも特徴なので気をつけるようにしましょう。


口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの主な症状は水ぶくれ、痒み、腫れなどです。さらに詳しく説明すると「発症前」「初発時」「中間期」「治癒期」と4つの段階でわけることができます。ヘルペスを治療していくうえでこの段階をしっていれば、いつまでこの治療を続ければいいのだろうと不安に思うことはありません。段階ごとにどのような症状がでるか見ていきましょう。また口唇ヘルペスにはゾビラックスやバルトレックスが効果的なので、再発を繰り返して悩んでいる人は一度試してみてください。通販なら病院よりも安く購入できます。

【発症前】

水ぶくれなどの表面的な症状が現れる前に、唇など口周りに むずむずチクチクといった違和感 を皮膚下で感じるようになります。これはヘルペスウイルスが増殖 している証拠であり、なんどかヘルペスを繰り返していくうちに ヘルペスの前兆とわかるようになります。この段階で食い止める ことが重要であり、日光に当たらないようにしたり、 生活習慣の見直しによって本格的な発症をふせぐことができます。

【初発時】

チクチクムズムズなどヘルペス特有の違和感が半日程度続いた後、ウイルスの影響で 顔が熱を帯び腫れるようになります。 この段階でヘルペスウイルスの活動がより活発化し、 この時期までに治療を始めることがいちばん効果が高いとされています。

【中間期】

初発時の症状から2~3日程度経過したあと、 熱を帯びていた部分に水ぶくれが生じるようになります。 ここで注意しなければならないのが、 絶対に水ぶくれをつぶしてはいけない ということです。水ぶくれのなかの液はいわゆるヘルペスウイルスのかたまりであるため、 その液が目や鼻、性器などの粘膜部分に触れてしまうとその部分にもヘルペスを発症してしまいます。

一番ヘルペスウイルスが活発な時期であるため、激しい痛みやかゆみは辛いと思いますが、 この時期を乗り越えればヘルペスの治癒は目前です。もし触ってしまいそうであれば、 マスクなどをして触らないように注意しましょう。

【治癒期】

辛い痛みやかゆみを1~2週間耐えた後、だんだんと水ぶくれが乾燥し、 かさぶたのようになります。それは回復に向かっている証拠であり、 かゆみや痛みもなくなります。ただ、そのまま放置すると跡がのこってしまったり、 またぶり返してしまう可能性が高まるため危険です。 なので、バルトレックスやゾビラックスのようなヘルペス治療薬をきちんと服用することが大切です。

口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスに感染する原因は幼少期に食器の使い回しをしたり、ヘルペス感染者の道具をつかったり、ヘルペスに感染した人と食べ物や道具などを共有したさいに感染します
そしてそのウイルスは長い間神経の奥深くに潜み、ストレス風邪日光などが原因で本格的に発症します。ヘルペスウイルスは完全に体から消えることはないので、風邪や栄養不足などで免疫力が下がるとすぐに再発します。
また、ヘルペスに感染した人とキスをしたり、フェラチオクンニなどオーラルセックスでも感染します。


口唇ヘルペスの治療方法

口唇ヘルペスの治療方法はヘルペス治療薬を服用することです。主にバルトレックスゾビラックスなどが医療機関ではよく使われています。別の名前であっても成分がほとんど同じであることが多いです。
治療の際には飲み薬を服用したり、患部に軟膏をぬったりします。約5~10日ていど薬を服用し症状を抑えます。残念ながら現時点では完全にヘルペスウイルスを除去することができないため、一度発症した人は再発しないように予防していくことが重要になります。
ヘルペスは再発を繰り返しやすいのであらかじめ薬を購入して常備薬としておいておくのも良いかもしれません。

性器ヘルペスの特徴

性器ヘルペスの特徴 おなじように性器にできる病気ではカンジダ症淋病などがあります。性器ヘルペスを発症すると性器や肛門の周りに水ぶくれができたり、あかいぽつぽつとした発疹、かゆみなどが生じます。たしかにほかの性病もかゆみは生じますが水ぶくれや赤い発疹は出てきません。これらの特徴がでてきたら性器ヘルペスだと疑いましょう。性器ヘルペスはほかのヘルペスと比較すると長引きやすいのも特徴です。なので、きちんと性器ヘルペスの特徴を発見したらすぐさまにヘルペス治療を開始しましょう。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状 性器ヘルペスを発症すると性器や肛門のまわりに、かゆみを伴った発疹が生じ、水ぶくれができます。性器ヘルペスの場合、歩いたりした際に患部がこすれやすいため、口唇ヘルペスなどと比較すると痛みを伴いやすいです。人によっては発熱もあるため、性器ヘルペスを発症した際はきちん栄養をとり免疫力を高めることが大切です。また、性器ヘルペスには男女の違いや、発症時期によって症状がちがいます。

女性の性器ヘルペスの特徴

女性の性器ヘルペスの特徴 女性の場合、男性よりも重症化しやすい傾向があります。感染経路はヘルペス感染者と性行為が原因で発症することがほとんどです。症状は女性の外陰部いがいにも、肛門の周辺、太ももなどでも発症します。また、男性とはちがい外側の症状のみに収まらず、子宮頸部、膀胱などにも症状がひろがることもあります。体の中まで症状が進行しやすいため、早めの治療が重要になります。また、いくつか発症のパターンがあり、症状のでかたもかわります。

急性型

性行為などによってヘルペスウイルスに感染後、すぐに症状があらわれる性器ヘルペスです。早い人であれば、性行為から約2日前後で症状があらわれます。症状の進行がはやいパターンであるため、重症化しやすい傾向があります

また、進行が速い故に発熱をおこしやすく38度以上の高熱がでることもあります。入院治療になることもめずらしくないため、「性器ヘルペスかも…」と少しでも感じたらはやめに病院へいきましょう。もし、すぐに病院へ行くことができない人は、通販でも病院で扱っている薬を処方箋なしで購入できるので、病院へ行けないヘルペス治療薬を服用して応急処置をしておきましょう。

誘発型

このタイプは感染してしばらく体内で潜伏期間を経てから発症する性器ヘルペスです。ながいあいだ潜伏し、ストレスがたまったり、不規則な生活が続くなど免疫力が低下した際に発症します。その他にも暑さや日光を長時間浴び続けるとあらわれることもあります。急性型と比較すると症状は軽く治癒もはやいです。範囲もせまく子宮内部まで進行することもすくないです。

再発

再発は薬によって一度ヘルペスウイルスのはたらきを抑えたのちにまたウイルスが増加し、症状が現れるばあいです。初発時と同様の症状があらわれ、発熱などは起こりにくいとされています。また、薬を服用すれば数日程度で症状がおさまるため、初発時よりもはやく治癒しやすいです。

性器ヘルペスはには再発のよちょうがあります。症状が表面に出る前に皮膚下でヘルペス特有のむずむず、チクチクといった違和感を感じます。その違和感を感じたら症状が本格的にならないように強い日差し、熱い場所をさけたり、きちんとした睡眠をとるなどの対処をしましょう。

男性の性器ヘルペスの特徴

男性の性器ヘルペスの特徴 男性の場合、男性器や肛門周辺にピリピリとした痛かゆい感じが続き、その後に水ぶくれや発疹などの症状があらわれます。尿管などなかまでヘルペスウイルスがはいりこむことはほとんどなく、主に亀頭陰茎肛門周辺など表面のみで症状が進行します。
感染経路は性器ヘルペスに限らず口唇ヘルペスなどヘルペスウイルスに感染している人とオーラルセックスや性行為をした際に感染します。女性よりも重症化を招くケースは少ないですが。同様に早めの治療が重要になる病気です。では、発症パターンはどのようなものがあるのでしょうか。

急性型

こちらも感染後すぐに症状があらわれる性器ヘルペスです。性行為後数時間~数日程度で発症します。すぐに発症するため進行も早く、すぐに対処しなければ治療期間が大幅にのびてしまうことがあります。症状も急性型の場合重くなりやすく、症状があらわれてから約一週間程度は痛みに悩まされます。

発熱などがおきたり、皮膚のただれが進行しすぎると薬を服用するだけでは治癒できないため、入院となることもあります。はやめの対処が一番大事ですが、できない場合はやはり通販などを活用し、バルトレックスゾビラックスのような薬を服用しましょう。

誘発型

このタイプは感染してしばらく体内で潜伏期間を経てから発症する性器ヘルペスです。ながいあいだ潜伏し、ストレスがたまったり、不規則な生活が続くなど免疫力が低下した際に発症します。その他にも暑さや日光を長時間浴び続けるとあらわれることもあります。急性型と比較すると症状は軽く治癒もはやいです。範囲もせまいため、急性型と比較すると痛みに悩まされることは少ないでしょう。

再発

再発は薬によって一度ヘルペスウイルスのはたらきを抑えたのちにまたウイルスが増加し、症状が現れるばあいです。初発時と同様の症状があらわれ、発熱などは起こりにくいとされています。また、薬を服用すれば数日程度で症状がおさまるため、初発時よりもはやく治癒しやすいです。

性器ヘルペスはには再発のよちょうがあります。症状が表面に出る前に皮膚下でヘルペス特有のむずむず、チクチクといった違和感を感じます。その違和感を感じたら症状が本格的にならないように強い日差し、熱い場所をさけたり、きちんとした睡眠をとるなどの対処をしましょう

角膜ヘルペスとは

角膜ヘルペスとは 目の角膜にできるヘルペスです。あまり知られていない病気ですが、口唇ヘルペスや性器ヘルペスと同様に免疫力が低下した際に発症します。ヘルペスの患部をさわった手で目をこすったりしても感染します。口や性器同様に発症する可能性は十分にあるため、注意が必要です。 角膜ヘルペスには「上皮型」「実質型」2種類あります。それぞれどのような症状があらわれるのか特徴を紹介します。

上皮型の特徴

上皮型は別名 「樹枝状角膜炎」と呼ばれています。その名称の由来は上皮型 ヘルペスを発症すると木の葉形の腫瘍ができるためだとされています。名前の通り、目の上皮部分にできるヘルペスです。主な症状は 充血目がごろごろするなどの違和感視界がぼやけるなどです。視力の低下はあまりないとされています。両目に発症することはまれであり、片方の目に再発を繰り返します。再発する原因はストレスや風邪でよわっているときです。

実質型の特徴

目ぼ実質部分にできるヘルペスです。主な症状は視界がぼやける、充血と上皮型とおなじです。しかし、実質型のばあい、視力が大幅に低下することがあります。また、再発をくりかえしやすく、治癒するまでに数か月以上かかります。人によっては角膜に「はんこん」とよばれる傷跡のようなものがのこり、視力が回復しない人もいます。

角膜ヘルペスの治療

角膜ヘルペスとは 角膜ヘルペスの治療方法は主に投薬治療になります。上皮型、実質型で使用している薬はことなります。上皮型ではヘルペスウイルスの増殖を抑えるためにおもにゾビラックスを使用します。
ゾビラックスには軟膏、目薬とあるのでそのタイプがよく処方されます。実質型の場合、上皮型とはことなり免疫反応をおさえる薬を服用します。しかし、使用する薬がステロイド系の薬であるため、角膜病変がおきて投薬ではちりょうしきれないことがあります。
そんなときは、角膜移植をしなければなりません。ヘルペスウイルスを根本的になくすことはできませんが、再発しないように予防することも大切な治療の一つです。

角膜ヘルペスの予防

角膜ヘルペスとは 角膜ヘルペスの再発予防は性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどと共通するものがあります。免疫力の低下によって再発を繰り返すため、規則正しい生活、十分な睡眠はとても重要です。また、リジンアルギニンビタミンB群はヘルペスにとても効果的な成分であるため、積極的に摂取するようにしましょう。
また、角膜ヘルペスもバルトレックスやゾビラックスのような抗ウイルス剤を服用することによって再発予防をすることができるので、表面に症状がでてきていないときでも、すこしでもむずかゆかったり違和感を感じたら本格的に症状がでるまえに薬を服用して再発予防をしましょう。

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは ヘルペスウイルスによって発症する病気の一つです。季節のかわりめや、カゼなどの体調不良によって免疫が低下した際に発症します。大人よりも子供が発症することがおおく、「水ぼうそう」「水痘(すいとう)」とよばれます。水ぼうそうとして発症し、他のヘルペスのように限定的な部分に症状があらわれるのではなく、身体全体に水ぶくれや発疹ができます。ヘルペスウイルスは神経の奥まで感染するため、かゆみとともに痛みもともないます。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因 帯状疱疹の原因は子供のころの発症はほかのヘルペスと同様、感染者との接触や食べ回しによって感染します。大人の場合、主に免疫力の低下です。免疫力が低下する理由はストレス、生活習慣の乱れ、加齢、抗ガン剤などの抗生物質の使用などいくもあります。特に多いのが生活習慣の乱れによる発症です。また、他のヘルペス同様に強い日差しやによって発症することもあります。感染することを防ぐのは難しいですが、再発する原因をなくすことは努力次第できることもあるのでがんばってみましょう。

帯状疱疹の再発予防

帯状疱疹の原因 帯状疱疹は子供のころに発症した症状であっても、大人になってから再発することが多くあります。大人の場合、子供よりも重症化しやすいケースが多く、できるだけ再発は予防したいものです。では、帯状疱疹を再発させないためにはどのような予防をしたらいいのでしょうか?そこで大切なのは免疫力を低下させないことです。免疫力を低下させないようにするには次の方法があります。

バランスの良い食事をとる

一人暮らしであったり、仕事がいそがしかったりすると外食がおおく栄養がかたよりがちになったりしてしまいます。そんなみだれた食生活はヘルペスウイルスにとって格好の餌です。外食やインスタント食品は食べるなとはいいませんが、きちんと食事のバランスを考えて摂取するようにしましょう。野菜が足りなければ野菜を足すなどちょっとした工夫でヘルペスを難なく予防することができます。

質の良い睡眠をとる

睡眠に関しては1日6時間以上はとるようにしましょう。睡眠は体の修復をおこなう大事な時間です。いくら栄養バランスをきにした食事をとってもきちんと睡眠をとらなければ栄養はいかされません。なので、充分に睡眠をとるようにしましょう。もし、仕事の関係でとることができないという人は、一日リラックスする日を作るなど体の調整日をつくりましょう。眠りの浅い人は枕にリラックス効果のあるアロマをつけてみるなどもしてみると睡眠の質が上がります。

ヘルペス治療薬を通販で購入

ヘルペス治療薬を通販で購入 ヘルペス治療薬は通販でも購入することができます。通販にも2種類あり、amazonや楽天のような一般的な通販サイト海外輸入代行業者の通販サイトがあります。一見おなじように見えますが内容は全く異なります。どのように違うがみていきましょう。

ヘルペス治療薬をamazonや楽天で購入

ヘルペス治療薬をamazonや楽天で購入するメリットはなんといっても価格です。市販であつかっている薬を安く購入することができます。また、性器ヘルペスなどデリケートな薬を市販で購入するのにていこうがある人でも顔が見えないため安心して購入することができます。ただ、扱っている製品は市販の治療薬とほとんどおなじであるため、病院の薬のように激的な効果がほしいという人には少々ものたりないかもしれません。

海外輸入代行業者を利用する

この方法は別に「代行」という言葉のとおり日本では入手することができない薬を代わりにやりとりをすることによって購入できます。海外から薬を購入するメリットはたくさんあります。大きく分けてメリットは価格薬の質ポイントがつくというめんです。

病院の治療薬を処方箋なしで購入できる。

病院で使っている薬を処方箋なしで購入できます。きちんと法にのっとったやり方であるため心配する必要はありません。日本で承認されていないくすりであっても、薬の成分に問題があるのではなく製造特許が国内できれていないなどそういう問題で使用できないケースが多くあります。効果があるのに使用できないなんてもったいないですよね。 処方箋なしでなぜ購入できるのか詳細を知りたい人はこちらへ→「海外輸入はなぜ処方箋がいらない?」

ヘルペス治療薬の価格が安い

価格が安く購入できることです。もちろん病院で実際につかわれているものも安く入手できますが、海外輸入代行の場合日本では取り扱っていないジェネリック医薬品もあつかっているため、それを利用すればさらに安く購入することができます。たとえばバルトレックスのジェネリックにはセントレックスがありますが、その場合価格は1,000円以上も安くなります。購入量が増えればますます安くなります。

通販ならポイントがつく

これはamazonや楽天もおなじですが、海外輸入通販も同様にポイントがつきます。クレジットカードを使用した際に、そのサイト内でつかえるポイントがつくのです。また、ポイントが倍になるイベントがあるのでそういうときをねらって購入するとますますお得に購入することができます。

人に知られずに購入できる

ヘルペス治療薬。人によってはは「ヘルペスって性病でしょ~」とヘルペス=性病という誤ったイメージが強い人がいます。そんな人にヘルペスの治療薬を購入しているところをみられたらどうでしょう?すこし恥ずかしかったりしますよね。通販であれば、そんなはずかしい思いをする心配もなく、なんとなくヘルペスの治療薬を購入していることを気づかれたくない人にとって安心して購入できる方法です。

ヘルペスの症状とは

ヘルペスの症状とは ヘルペスはとても厄介であり、自然治癒をすることはできません。 主な症状として、水ぶくれ、痒み、があります。水ぶくれなどの表面的な症状が 現れる前兆として、皮膚の下で、ムズムズ、ピリピリとしたかゆみが現れます。 ヘルペスウイルスに感染すると、感染箇所を触った手であちこち触ると 他の場所に感染を広げてしまう恐れもあります。症状は処置が早ければ早 いほど軽度で済みますが、放置してしまうと重症化を招いてしまいます。 重症化してしまうと、水ぶくれの跡が残ったり、再発しやすい体になってしまうので気をつけましょう。

ヘルペスの特徴

ヘルペスの特徴 性器ヘルペスや口唇ヘルペス、水ぼうそうであっても最初は痒みやピリピリと した痛みを感じます。よく再発される方は「またか」と嫌な気持ちになるでしょう。 なぜなら、この痛みはヘルペスによるものだというのが分かってしまうためです。 そして1日、2日経過すると赤みを帯びた小さな発疹が現れます。 時間が経つとともにいくつもの赤い発疹ができ、水ぶくれになり痛みが生じるのです。

注意としてはこの水ぶくれは無理やり潰さないようにして下さい。 浸出液はいわばヘルペスウイルスの宝庫。例えば口唇ヘルペスを発症していたとします。 排尿する際、そのまま性器に触れた場合ウイルスがその部位に映る事もありえます。 そのため性器ヘルペスも発症してしまうかもしれないのです。それだけならまだし も周りの人にも感染してしまう可能性もあり非常に危険という事を認識して下さい。 気になるのは分かりますが、なるべく触れないようにしましょう。

口唇ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス1型」が原因で発症します。 主に唇や舌、口腔内などに症状が現れるのが特徴です。症状は主に水ぶくれや、 むずむずとした痒みが現れます。それらの治療方法は主にバルトレックスや ゾビラックスのような抗ウイルス剤を服用する方法になります。 また、自然治癒で治すことも難しく逆に他人に感染を広げてしまうため、 早めの治療が必要となります。服薬による治療期間は約5日~10日とされています。

口唇ヘルペスの感染経路

口唇ヘルペスの多くは子供の頃に感染しています。感染経路は親や子供からです。 ヘルペスに感染したことがある親がキスをしたり、口移しで食べ物を与えたりすることによって感染します。 また、ヘルペスウイルスは感染してすぐに症状が出るものではないので、 感染に気付いていない子供との食べモノや飲み物の共有によって感染することもあります。 これら以外にもウイルスの付着した物をさわった手から感染することもあります。

角膜ヘルペスの特徴

ヘルペスは目の中にもできることがあります。眼にできた場合、 目のまわりに水ぶくれが生じたり、目ヤニの増加、充血、異物感、 最悪の場合、視力の低下などの症状がおきます。特徴の一つとして、 他のヘルペスと比較すると圧倒的に再発率が高いです。角膜ヘルペ スは上皮型と、実質型の2種類にわかれます。上皮型はヘルペス菌が 角膜の外側の上皮部で増殖し、上皮の細胞を傷つけます。

主な症状は目が充血し始める、目に痛みを感じるようになる、 光に敏感になったり眩しさが増すなどです。上皮型は別名 「樹枝状角膜炎」と呼ばれています。その名称の由来は上皮型 ヘルペスを発症すると木の葉形の腫瘍ができるためだとされています。 一方の実質型(実質型角膜ヘルペス)は、角膜の中心部分にある実質 層でヘルペス菌にたいして免疫反応がしょうじ、炎症を引き起こします。

主な症状は角膜が丸く白く濁ったり、腫れたりします。実質型は上皮型よりも 治癒しにくい型であり、発症したら高確率で移植になります。また、症状が進 行している場合や角膜ヘルペスを何度も繰り返している場合は角膜移植を行う 場合があります。他にも角膜に穴があいたり、角膜がにごり始めた場合も薬剤 治療のみでは対応しきれないため、角膜移植を行わなければなりません。

角膜ヘルペスの感染経路

角膜ヘルペスの感染経路は不明です。しかし、多くの角膜ヘルペスは幼少期 にヘルペスウイルスに感染したことによることが原因であるとされています。 幼少期にヘルペスウイルスに感染し、その菌がついた手で目をこすることに よって角膜にヘルペスウイルスが感染します。

角膜ヘルペスは感染後すぐには発症しません。何十年と長い間目の奥にある、 視神経に潜伏し続けます。そして、発熱、ストレスなどによる免疫力の低下 によってヘルペスウイルスが活性化され、角膜ヘルペスを発症します。 ちなみに、ヘルペスウイルスには単純ヘルペスと帯状ヘルペスがありますが、 どちらでも角膜ヘルペスを発症します。

性器ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスの特徴 性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス2型」により発症し、 性器やお尻、太ももの周辺に赤い発疹や水ぶくれ、潰瘍が症状として現れます。 原因のほとんどが性行為によるものなので、 性病としても非常に有名です。感染しても自覚症状が無いことも多く、 知らず知らずのうちにパートナーや恋人に移しているかもしれません。 なぜならば感染してもすぐに症状が現れるとは限らないためです。 口唇ヘルペスと同じく、 風邪やストレスで体の免疫 力が低下した際に発症します。

また、口唇ヘルペスに感染している方が、オーラルセックス で性器に感染させてしてしまう事もあるので、特に不特定多数 の相手と関係を持つ方にとっては特にリスクが高くなる症状です。 男女間で現れる部位が少し異なり、男性に比べると女性が 重症化する場合が多くなっています。

女性の場合は子宮頚管や膀胱にただれや水ぶくれが出来てしまい、 患部に強い痛みが生じたり、排尿が困難になることさえあります。 男性は亀頭や陰茎に水ぶくれが出来る事が多いので、女性に比べ るとそこまで辛くはないでしょう。しかし痛みやかゆみは生じる ようなのでいち早く治療を行うことが大切です。

性器ヘルペスはかなり再発しやすい

性器ヘルペスの特徴に再発率の高さが挙げられます。 およそ80%とかなり高く、理由としては神経節などにヘルペス ウイルスが潜むことで、薬を使っても完全に死滅させられないためです。 これも口唇ヘルペスの時と同じように体調管理に気を付ければ発症 を抑える事が出来るので、普段どのような生活を送っているか見直す事も大切でしょう。

通常は最初の感染時が比較的強い症状が現れるとされており、 痛みがあったり発熱することもありますが、 その後は最初ほど重たい症状にはならないとされています。 そのため予防にも気を使いましょう。感染はコンドームを着用することで出来るのですが、 性器以外の根本などからも感染する可能性があり、性行為をする以上は完璧な予防は不可能です。

よりそのリスクを減らすのであれば 症状が現れているときに性行為をしないこと。 特定の人以外との性行為をしない事で防ぐしかありません。 また、性器に異常を感じた際はすぐに性行為を中止しましょう。 やはり性器ヘルペスの症状も早期に薬を使う事で早く抑えられ軽度で済みますので、 バルトレックスなどをすぐ使って治療して下さい。

性器ヘルペスで入院

性器ヘルペスも重症化すると入院しなければならない事態になることがあります。 ヘルペスの再発は男性も気をつけなければなりませんが、それよりも女性は特に 気をつけなければなりません。女性の場合性器の形状菌の繁殖しやすい環境で あるため、重症化するケースが多々あります。

性器ヘルペスが重症化した場合、外陰部の癒着、ポリープ、水疱の巨大化など の症状がでてきます。実際にメスを入れて行う手術もしなければならなくなるので、 術後のトイレは傷口が痛み大変だそうです。高がヘルペスだと思って甘く見てはいけません。 包茎の男性、女性は入院にまでならないよう十分に気をつけましょう。

妊娠中の性器ヘルペス治療

性器ヘルペスは出産の際に産道をとおって新生児に感染する病気でもあります。 妊娠中にヘルペスを発症してしまった際の治療方法を 紹介します。性器ヘルペスが発見された場合、 産婦人科で軟膏か飲み薬が処方されてます。 ただ、内服薬は薬の成分が胎児に悪影響を与えてしまうため、 ほとんど処方されることはないと考えてよいでしょう。

ただ、症状が重い場合は内服薬を処方されることがあるため、 その時はリスクを踏まえて慎重に考えて服用を選択するのがよいでしょう。 妊娠中期の場合は内服薬の影響はほとんどないとされていますが、 妊娠初期は確実な研究結果が少ないため服用には気をつけた方が良いとされています。

軟膏の場合、初期段階のヘルペスなど比較的に症状の 軽い性器ヘルペスに適用されます。外部からの治療となるので 胎児への影響はほとんどありません。しかし、初感染から1か月 以内であったり、再発から1週間以内である場合は出産時に赤ちゃん に感染していしまう可能性があるため、帝王切開による出産 を薦められるケースがあります。

一番良いのは発症しないこと、再発させないことです。 そのためには免疫力を低下させないことが大切です。 また、再発させないためには食生活を気をつけたり、 規則正しい生活を送るように心がけましょう。

帯状疱疹の特徴

帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」により発症するヘルペスの一種です。 小さい頃、多くの方が発症した水ぼうそうの原因にもなるウイルスです。 つまり、水ぼうそうになった事があれば帯状疱疹を発症する可能性があります。 ただその発症率はとても低く、ならない方の方が多いようです。もし発症した場合でも一生に1回だけ。 しかし非常に稀ですが2回以上発症してしまう方もいらっしゃいます。

その特徴ですが痛みと部位。なり始めは口唇ヘルペス、性器ヘルペスと同じよう にピリピリとした痛みです。しかし日が経つとその痛みは段々と激しくなり 鋭い痛みに変わっていきます。 衣類のこすれでも痛むため、帯状疱疹が治るまでの間はかなり辛いようです。 皮膚症状が出る部位は体の片側で、 右半身か左半身のどちらかにしか現れません。 神経は左右に分かれており、どちらかにしか現れないため両側にはまず起こりえません。 しかし上半身だけではなく顔や脚にも広がる事があります。

その場合は重度の症状になったと言え、目や耳に障害が残る可能性があるので、 医療機関でさらに診察をしてもらわなければなりません。 また顔面麻痺を起こす可能性もあり、回復は一年程度かかるそうです。 さらに帯状疱疹で最も厄介な痛みが数ヶ月以上続いてしまう 「帯状疱疹後神経痛」についても知っておいた方が良いでしょう。 若い方よりも高齢者に起こりやすいようです。

なぜ帯状疱疹後神経痛が起きてしまうのかというと、 帯状疱疹によって神経が傷ついてしまうためです。 若い方は損傷の回復が早いのであまり心配する必要はありませんが、 高齢者の場合回復が追いつかないため起こりやすくなるのだとか。 対処法は痛み止めを使ったり、 ペインクリニック へ通うといった方法があります。予防のためには早期治療をし、ダメージを少なくする事がとても重要です。

なぜ水ぼうそうから帯状疱疹が?

帯状疱疹は水ぼうそうになった事がある場合に起きる症状と説明をしました。 水ぼうそうにもバルトレックスなどを使うのですが、増殖を抑えることしか出来ず、 ウイルスを完全に死滅させる事が出来ません。その結果、 体内に残ったウイルスは神経節の奥深くに潜り込んでしまいます。 そして非常に長い期間待機するのです。それは何十年に及ぶ場合もあり、 いざ免疫力が落ちる事でウイルスが再び目覚め、帯状疱疹となって現れます。 こうしてみるとヘルペスの症状として共通している事がお分かりだと思います。

なりやすい方は抵抗力が若い頃よりも落ちてしまう高齢者が多いようですが、 近年では過労やストレスがかかりやすくなっている若い方もなってしまう 場合があるので油断は禁物です。もし発症した場合はバルトレックスやゾ ビラックスを早めに使って治療を行いましょう。ただ薬の使い方は単純ヘ ルペス(口唇ヘルペスや性器ヘルペスのこと)よりも量が多 くなっていますので気を付けて下さい。

ヘルペスに似ている病気

かゆみや炎症、水ぶくれなどヘルペスで見られる症状はほか の病気でもあらわれることがあります。どれも身近な病気で あり、発症当初は間違えてしまうこともありうる病気です。

ヘルペスは早い段階での処置が必要となるので最初の判断ミス はヘルペスの治療期間を長引かせる原因となります。 では、ヘルペスに似ている病気はどのような病気があるのでしょうか。 ヘルペスに似ている病気をそれぞれ紹介していきたいとおもいます。

口角炎

よく口元にできものができたり、炎症が起きると口唇ヘルペスだとおもわれがちですが、 意外と口角炎であることもあります。この病気の特徴は口の端にひび割れや、 ただれなどの炎症が起き、まれに口角がきれて出血してしまうことがあります。 主に、唇を舐める癖がある人が発症しやすい病気です。 なので、唇を舐める癖がある人は口角炎である可能性が高いので疑ってみましょう。

カンジダ

性器カンジダのもヘルペスと同様に性器にかゆみがでます。 また、免疫が低下すると発症するところも似ている点です。 しかし性器の場合、ヘルペスと違い、性器からチーズのようなにおいがしたり、 白いぽろぽろしたおりものがでてきます。 においやおりものに異常がある場合は性器カンジダを疑った方が良いでしょう。

梅毒

皮膚や粘膜に梅毒トレポネーマという菌が付着し、発症する病気です。 主な感染源は性行為からとされています。梅毒もヘルペスと同じよ うに発疹がでたりします。違いは初期段階に痛みを伴わない皮膚のただれが、 口や性器にあるかないかです。そのようなただれがある場合 は梅毒を疑った方が良いでしょう。

このほかにも手足口病などヘルペスに似た症状を発症する病気が多くあります。 ただ、これらの病気を素人判断で対処するのはかなり難しいので、 症状を発見したら即座におちかくの医療機関へ行きましょう。

ヘルペスウイルスの検査方法

人口の半分以上がヘルペスウイルスに感染しているとされています。 感染経路や時期は人それぞれに異なるため、 物心がつかない頃に感染した人だと自分がヘ ルペスのキャリアを持っているのか知ることができません。

そんな人が自覚症状のない段階でヘルペスウイルスの有無を調べる 方法は抗体検査という血液検査のみとなります。血液の中にヘルペ スウイルスがいるかいないかを調べることができます。この場合、 症状が現れていなくてもヘルペスウイルスの有無を調べることができます。

ヘルペスウイルスの有無を知ることができれば、ヘルペスを発症しない ように日頃から生活習慣を意識したりすることができます。抗体検査 は基本的に病院のみで行います。費用は保険適用外となるので 2,500円~5,000円程度になります。

死を招くヘルペス脳炎

わずか20%の確率ですが、ヘルペスは悪化すると死にいたる恐れがあります。 ヘルペスは脳にも感染する場合があり、脳に感染することによってヘルペス 脳炎を発症します。ヘルペスによる死亡はこのヘルペス脳炎によるものがほとんどです。

ヘルペス脳炎の初期症状は発熱、頭痛、嘔吐、痙攣などです。 この症状があらわれたのちに除々に幻覚などの意識障害を起こします。 治療方法は意識障害が重症である場合は一時的な絶食をしなければなりません。

そして、点滴でアシクロビル等の抗ウイルス薬を2~3週間かけて投薬していきます。 また、厄介なことにヘルペス脳炎は症状が普通の頭痛と症状が変わらないため、 初期段階で気づくことが難しい病気でもあります。 その上、進行が速い病気でもあるため、気づいた頃にはもう 重症化してるなんてケースは少なくありません。

ヘルペス脳炎に感染しやすい人はヘルペスの再発を繰り返している人です。 また、感染すると記憶間違いや言い間違いが多くなるなどの症状も見られるため、 そのような症状を自覚したらすぐに病院へ行きましょう。 ヘルペスはよくありがちで、繰り返しているゆえに軽く見がちです が命にかかわる病気であるため充分にきをつけましょう。

患部に触れた手から他の部位に感染する可能性

しかし注意点として水ぶくれが破裂した際に、患部や出てしまった 体液に接触してしまうとウイルスが付着するので、粘 膜(主に性器)や傷のある部位に触れると感染してしまいます。 性器ヘルペスとなって現れたりするので、触れてしまった場合は 必ず手を洗って下さい。また他の方にも移し てしまう可能性があるので、この点にも注意をしなければなりません。

発症した際は出来るだけ早く治療をすることで症状も軽く すむので早期回復が可能です。発症した場合は前兆があるのでそれを知っ ていればすぐに対処出来るでしょう。普段は感じないピリピリした痛みが 続くようであれば、口唇ヘルペスを発症している可能性が高いので バルトレックス ゾビラックスなどを使って治療を行って下さい。

しかし治療出来ても ヘルペスウイルスは体の中からはいなくなりません。 バルトレックスやゾビラックスはあくまでもウイルスの増殖を抑えるという作用なので、 消滅はさせられないのです。そのためヘルペスという症状は 1度感染してしまうと一生付き合う必要があります。

普段は症状が出ないので気にもなりませんが風邪で熱を出したとき、 疲労が溜まっているとき、ストレスを感じているときなどは抵抗力 が落ちてしまうので症状が現れやすくなるので要注意です。 普段から体調管理に気を使い、出来る限りリスクを抑えた生活を心がけましょう。

ヘルペスに感染したら一生性行為ができない

ヘルペスは一度感染したら一生治りません。そのうえ感染力も高いため、 体の接触の他にも物からの感染もおこります。では、そんなヘルペスに 感染してしまったら一生性行為はできないのでしょうか。答はノーです。 ただ、感染者はきちんと性行為をする上できをつけなければならないことがあります。

まず、ヘルペスに感染している場合必ず相手に感染している旨を伝えましょう。 そして、相手に対してもヘルペスに感染していないかどうかをきちんときいて みましょう。確かにカップル同士でもデリケートな問題ですが、お互いに情報 交換をすることによって様々な対策をとれるため、感染率や再発率を ぐんとさげることができます。

たとえば、ヘルペスは免疫力が下がっているときに発症しやすい性質があるため、 オール明けであったり、寝不足が続いているときは発症率があがるため、 そういう時に性行為を避けることができます。 また、自覚症状がなくても感染していることがあるため、 お互いに血液検査などもしてみるのもよいかもしれません。



コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら