クラミジアの薬クラビットのジェネリックは通販で購入することができます。効果、副作用、飲み方を紹介

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. クラミジアの薬クラビット

クラミジアの薬クラビットとは?

クラビットとは抗菌薬の一種であり、日本の企業によって開発されました。クラビットはさまざまな病気に効果がある薬であり、クラミジアの他にも肺炎、尿路感染症、結核、髄膜炎などの感染症にも効果があります。病院でも使用されている薬であり、処方される場合は「クラビット錠」や「レボフロキサシン」という名前で処方されることが多いです。

クラビットを使用している治療薬は数多くあり、錠剤タイプのみならず、点眼薬や顆粒などもあります。使用できる年齢層は子供~お年寄りまで幅広く使用することができます。他の治療薬同様に妊娠中、授乳期間中の人は注意が必要です。では、クラビットがどんな薬なのか効果、副作用、飲み方など詳細を見ていきましょう。

クラミジアの薬クラビットの効果とは?

クラビットは菌が繁殖するのに必要なたんぱく質を作りだす成分が作り出されるのを妨害し、それを長期間続けると菌の繁殖が止まり自然と消滅していきます。あくまでも菌の繁殖を抑制する効果のみで、殺菌効果はありません。

500mg錠のものであれば1日1回14日間服用すれば菌は完全に消滅します。ただ、ここで注意が必要です。薬を飲んでからすぐに症状が治まることがあります。しかし、治まったからといって自己判断で服用をやめるのは絶対にしないようにしましょう。症状はおさまっても菌はまだ体内に残っており、中途半端に服用をやめることによって薬に耐性をもった菌をつくりだしてしまいます。

耐性菌ができてしまうと似た系統の薬が使えなくなる可能性が高くなり、治療が困難になることがあります。そのうえ治癒までにも時間がかかります。早く、確実に治療したい人はきちんと処方された分は飲みきるようにしましょう。

クラビットの副作用

クラビットは医薬品であるため、当然副作用はつきものです。主な副作用は発疹、下痢、めまい、頭痛などです。ただ、ほとんどないといっていいくらい副作用を感じる人は少ないです。

ただ、通常よりも多く服用したり、併用禁忌薬を使用、服用に向いていない人である場合、副作用の重症化をまねくこともあります。重症化するのはごく稀ですが、アナフィラキシーショック、腎機能障害、肝機能障害、過敏性血管炎などがあらわれます。

なので、普段なにかしらの薬を飲んでいる人、腎機能・肝機能に問題がある人、アレルギーを過去に起こしたことがある人はきちんとかかりつけ医や医療系の相談窓口で飲んでも大丈夫かどうか相談することをおすすめします。

アルコールで副作用の重症化!?

クラビットを含む抗菌薬とアルコールの相性は悪いとされています。相性が悪い理由はアルコールも薬の成分も肝臓で取り込まれるからです。アルコールの分解によってクラビットの成分の吸収がさまたげられ、吸収できなかった成分が血液の中を彷徨いクラビットの血中濃度を高めてしまいます。

血中濃度がたかまると副作用が強くなり、重度のめまい、頭痛、低血圧、幻覚などがあらわれる恐れがあります。どうしても飲み会などで飲まなければいけない、飲みたいという人は、服用から8時間以上空けてからアルコールを摂取するようにしましょう。

クラビットの併用禁忌薬

クラビットと一緒に服用するとどちらかもしくは片方の副作用を強めてしまう薬があります。どんな薬があるのかみていきましょう。

【薬名】:フェニル酢酸系、プロピオン酸系、非ステロイド性消炎鎮痛薬(ロキソニンなど)
【適用症状】:あらゆる症状による痛みを緩和
【禁忌理由】:併用することによって重度の痙攣症状をおこすおそれがあるため。

【薬名】:アルミニウム、マグネシウムを含む制酸薬、鉄剤
【適用症状】:アルミニウム、マグネシウムを含む制酸薬…胃酸を中和する、鉄剤…貧血など
【禁忌理由】:吸収率が低下し、レボフロキサシンの効果を弱める可能性があるため。併用する場合はレボフロキサシンを服用して1~2時間後に服用する。

【薬名】:クマリン系抗凝固薬(ワルファリン)
【適用症状】:血栓予防
【禁忌理由】:併用することによって延長症候群(※)が起きる可能性があるため。
(※)延長症候群…心臓が伸縮したあとにおきる再分極に遅れが生じ、心臓に異常が出ること

クラビットの飲み方

クラビット系の薬は成人の場合1日1回500mg(500mgのタイプなら1錠分、250mgのタイプなら2錠分、10%の顆粒タイプであれば5g)を1日1回14日間飲み続けます。飲みはじめてすぐに不快な症状が治まることもありますが、完全に菌をなくすには14日間継続してのまないとなくすことはできません。

腎機能が低下している人は1度に500mgで服用すると副作用が強くなることがあるため、必要に応じて分割して飲むようにしましょう。腎機能に特に問題がない人は飲む際は分割してのまず、なるべく1度に1回分の量を飲むのがよいです。

また、胃腸にも影響がある薬であるため、薬のダメージを軽減するために食後の服用がおすすめだとされています。また、朝、昼、夜どのタイミングが服用に適しているかというと、血流が活発になる朝に服用するとより薬の成分が体中に行きわたり効果をたかめます。

クラビットの服用に向いていない人

持病や体の状態によってクラビットの服用に向いていない人がいます。クラビットの服用に向いていない人とはどんな人なのでしょうか、みていきましょう。

(1)クラビットの主成分であるオフロキサシンでアレルギー症状が出たことがある人
(2)妊娠中もしくは妊娠している可能性のある人
(3)子供(子供への安全性が保障されていないため)※ただし治療上、子供に対して有益性がある場合使用することもある。
(4)併用禁忌薬を使用している人(医師との相談の上での服用)
(5)腎臓機能、肝機能に問題がある人(医師との相談の上での服用)

(1)に関しては経度のアレルギー症状であったとしても、重症化する恐れがあるためアレルギー症状の発症以降は服用しないことをおすすめします。
(2)に関しては胎児に影響を与える恐れがあるため服用をおすすめできません。
(3)(4)自己判断での服用は体調不良を伴う危険性が高いため奨められませんが、医師との相談によっては服用できる可能性もあります。

クラビットの服用に向いている人

(1)成人
(2)妊娠中、妊娠している可能性のない女性
(3)併用禁忌薬を使用していない
(4)腎機能、肝機能に持病や問題がない
(5)副作用の弱い薬を使いたい

健康体の成人の人であれば問題なく使用することができます。基本的に子供の服用は推奨されていませんが、治療の時に有効であると判断された場合のみ使用されることがあります。
(3)、(4)に関しても軽度であれば、医師の判断のもと服用量やタイミングなどを工夫すれば服用できるため、きとんと相談してからしようするようにしましょう。また冒頭にも言ったとおりクラビットは非常に副作用が軽いクラミジア治療薬であるため、副作用の心配がある人でも安心して使用することができます。

クラミジアの薬クラビットの購入方法

クラビット錠は市販(OTC医薬品)や通販から購入することはできず、病院のみの購入になります。しかし、あくまでもクラビット錠のみが病院以外から購入できないのであって、同じ成分を使用したジェネリック医薬品であれば通販から購入することができます。

また、海外から直接輸入するため、病院でクラビットを入手するよりも安く購入できます。通販といってもamazonや楽天のような通販サイトでは購入することができずません。購入することができるのは個人輸入代行業者が運営する通販サイトのみからになります。

その上、通販サイトの使用方法は簡単であり、会員登録後、商品を選択すれば購入することができます。サイトによってはカード払いなら次回使えるポイントがつくためカード払いのほうがお得になることもあるのでおぼえておくとよいでしょう。

病院で購入できるクラビット

クラビットは国内の病院でもクラミジアなどの治療薬として処方してもらうことが多いです。また、クラビットにはジェネリック医薬品があり、レボフロキサシンといいます。

ジェネリックだとより安く入手することができるため、治療費を抑えたい人はあらかじめジェネリックの希望を受け付けなどに言っておきましょう。通販で購入できるレボフロキサシンの特徴は以下の通りになります。病院を受診する際は参考にしてみてください。

レボフロキサシン

【形状】:錠剤、細粒、内服液
【価格】:
錠剤(1錠)…250mg→60~94円,500mg→169~209円
細粒(1包)…10%→60~94円
内服液(1包)…10ml→183円
【製造メーカー】:二プロをはじめ複数製薬会社で類似医薬品が製造されています。
【効果】細菌のDNAに直接働きかけることによって細菌が複製されるのを阻止し、殺菌していきます。そのことによって細菌によって生じる炎症や痛みなどを和らげてくれます。
【副作用】:発疹、吐き気、発熱、かゆみなど。特定の細菌のみにしか作用しないため副作用はほとんどないといわれています。
レボフロキサシン自体、クラビットのジェネリックとなるため病院で購入する場合であっても比較的に値段は安いです。

通販で購入できるクラビット

通販では病院で使用されているクラビットのほかにもクラビットのジェネリックが数多く取り扱われています。購入方法は通常の通販と同じで会員登録後、商品を選択すれば購入することができます。

価格は一番安いもので1錠31円と病院で扱われてるレボフロキサシンよりも半額で購入することができます。また、クラミジアの検査キットも通販から購入できるため、バレずに安く治療したい人は通販がおすすめです。

クラビットの使用上の注意

クラビットはとても優れた薬ですが、使用方法を間違えると症状を悪化させてしまったり、副作用の重症化をまねいてしまうことがあります。そうならないためにもきちんとした服用方法を理解しておきましょう。

過剰摂取は厳禁

これはどんな薬でも言えますが、決められた量以上服用するのは危険なのでやめましょう。薬は一定の血中濃度以上になると、効果を発揮する領域から重い副作用を起こす領域に入ります。

それによってアナフィラキシーショックや意識障害、急性の重い腎臓病、肝臓病などを発症してしまいます。最悪の場合入院までいくこともあるためきちんと守るようにしましょう。

途中で服用をやめない

クラビットは服用してすぐに不快な症状が治まることがあります。ただ、それはあくまでも症状が落ち着いただけで完治しているわけではありません。油断して薬を服用しないと、菌が薬に対して耐性をもってしまい効果がなくなってしまうので注意するようにしましょう。病院で処方された場合は処方された分、通販で購入した場合は14日間は服用するようにしましょう。

併用していい薬かどうか確認する

クラビットは一部薬と併用してはいけないことになっています。もし、自身で常用している薬があれば、クラビットを服用するまえにきちんと併用してもいい薬かどうか成分を確認してから服用するようにしましょう。

服用後はアルコールを控える

アルコールは薬の成分の吸収を妨げてしまうため併用しないようにしましょう。アルコールを控えたほうがいい理由は2つあります。1つ目は耐性菌を作り出す可能性があります。

アルコールによってクラビットの成分の吸収がさまたげられ本来よりも効果が弱くなってしまいます。それによって菌が耐性をつけて逆に薬が効きにくくなってしまいます。2つ目は肝臓へ過度な負担がかかるからです。アルコールも薬の成分も肝臓を通して分解されていくため、両方の成分が一斉にくることによって肝臓に大きな負担を与えます。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペス対策や特徴、通販を紹介
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用期間
バルトレックスはとても優れたヘルペス治療薬ですが、きちんと服用期間を守らないと…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスとは
ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスのQ&A
ヘルペスQ&A
ヘルペスに関する疑問をQ&A形式で説明していきます。…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…
性病の種類
性病の種類
性病の種類は厳密に言うと把握されているだけでも100種類以上ありま…
ヘルペス体験談
クラミジアの治療薬は市販で購入できる?
クラミジアの治療薬は市販でも購入できるのでしょうか?実は…
クラミジアの薬レボフロキサシン
クラミジアの薬クラビット
クラビットとは抗菌薬の一種であり、日本の企業によって開発…

バルトレックスの通販はこちら