ゾビラックスの副作用や効果、服用方法、購入方法、ジェネリックを紹介。ゾビラックスでヘルペスを治療。

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. ゾビラックスの副作用

ゾビラックスとは

ゾビラックスでヘルペス治療

ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治療薬のなかでも古い歴史のあるヘルペス治療薬です。長年ヘルペス治療で絶大な信頼のもと処方され続けてきました。ゾビラックスの作用はおもに体内のヘルペスウイルスの増殖おさえ、水ぶくれやかゆみ、腫れなどの症状を抑えます。ゾビラックスはあくまでも菌を抑える薬であるため、発症してから治療がはやければはやいほど高い効果を発揮します


ゾビラックスのジェネリックの紹介

ゾビラックスのジェネリックの紹介

ゾビラックスのジェネリック医薬品でアシビルDTとアシビルクリームがあります。主成分はアシクロビルな…

詳細はこちら>>


ゾビラックスは「性器ヘルペス」、「口唇ヘルペス」、「帯状疱疹」すべてに効果があります。また、他の治療薬とちがって錠剤のほかにも顆粒軟膏ドライシロップ点滴など幅広くそろっているため、錠剤タイプが合わない人は軟膏にきりかえるなど柔軟に対応することができます

また、ゾビラックスの良い点はその安い価格です。1錠数十円とヘルペス治療薬のなかでも破格の値段で購入することができます。では、そんなゾビラックスにはどんな効果、副作用があるのでしょうか、ゾビラックスに関して詳しく紹介していきます。



ゾビラックスの効果(効能)

ゾビラックスの効果はウイルスの増殖をおさえ、ヘルペス特有の症状を抑える効果があります。ヘルペスウイルスの増殖を抑えることによって治まる症状はかゆみ、、ヒリヒリとした痛み、ほてり、水ぶくれ、発疹、皮膚のただれなどです。

完全に殺菌する効果はなく、あくまでも増殖を防ぐことしかできません。(※ゾビラックスにかぎらず全文のヘルペス治療薬にあてはまります。)一度治癒すればいったん症状を抑えることはできます。

当然、ゾビラックスを服用していなければウイルスを抑える効果がなくなります。一度治癒すれば再発しない人もいますが、性器ヘルペスは8割、口唇ヘルペスは2割程度1年以内に再発します。

ゾビラックスはただ治療するだけでなく再発予防にも効果があります。ヘルペスの前兆を感じたら表面に症状が出る前にゾビラックスを服用すれば本格的な発症を防ぐことができます。安く効果的にヘルペスを治療したい人や再発予防をしたい人はゾビラックスを常備薬として自宅に置いておくことをおすすめします。

ゾビラックスの効果的な服用方法

ゾビラックスの効果的な服用方法は食後に服用することです。実際、食前食後どちらかきめられていないのになぜ食後がいいとされているのでしょうか。その理由はゾビラックスの成分の吸収方法にあります。

ゾビラックスは体内にとりこまれると、胃腸からも成分をとりこみます。その際に胃腸の働きが鈍いと成分が吸収されにくいです。しかし、あらかじめ食事をとっておけば胃腸が食物を消化しようと動きが活発になるため、より効果的に成分を吸収しやすくなるのです。

そのうえ、効果的に吸収できるという事以外にもメリットがあります。もう一つのメリットはゾビラックスの副作用を緩和してくれることです。副作用の一つで胃痛があります。薬の成分によって胃が荒れて胃痛がおこります。その際、食物をお中にいれておけば胃痛になることをふせぐことができるのです。

【関連記事→ゾビラックスで治療してみた:体験談


ゾビラックスの副作用

ゾビラックスの副作用はとても軽く、ほとんどの人が自覚症状がありません。あったとしても「何となく頭痛がするな…」とか軽度なものしかありません。なぜ、副作用がこんなに弱いのかというと、ゾビラックスの作用時間が短いため副作用も強くあらわれないのです。
確かにゾビラックスはほかのヘルペス治療薬と比較すると1日5回と服用回数は多いですが、副作用が心配な人副作用が強く出やすい高齢者や子供にとって安心して使用できる治療薬です。その上、ゾビラックスにはクリーム、顆粒、点滴と多くの種類があります。

ゾビラックスクリームは錠剤と比較すると全く副作用がないうえに1日2~3回塗るだけで効果を発揮するのでとても便利で使い勝手が良いです。では、もし仮に副作用があらわれるとしたらどのような副作用が起きるのでしょうか。軽度の副作用、重度の副作用両方紹介します。

【軽度の副作用】
・めまい
・頭痛
・消化不良
・かゆみ
【重度の副作用】
・アナフィラキシーショック
・急性腎不全
・肝機能障害
・呼吸障害
・黄胆

ゾビラックスは副作用がほとんどない薬ですが、では、逆に副作用が重症化するのはどのような人なのでしょうか。副作用が重症化しやすい人、併用禁忌薬を紹介します。

ゾビラックスの服用に向いていない人

ゾビラックスは病院や通販で購入できる効果の高い治療薬ですが、副作用が強く出てしまうなど不具合がでやすい人がいます。そういった人はゾビラックスの服用を薦めることができません。ではどういった人がゾビラックスの服用に向いていないのでしょうか。服用に向いていない人となぜ服用に向いていないのか理由を説明します。

【ゾビラックスの服用に向いていない人】
・腎障害のある人
【理由】:精神神経症状などがあらわれる可能性が高いため。

・肝障害のある人
【理由】:肝障害の急激な悪化をまねくおそれがあるため。

・高齢者(65歳以上)
高齢者の場合、腎機能、肝機能などの生理機能が低下している場合が多く、副作用の重症化をまねくおそれがあるため。

こういった人達はあくまでも服用に向いていない人たちであって服用できない人ではありません。ゾビラックスには点滴もあるので、腎機能、肝機能に問題がある人は点滴からの投与になります。

また、腎機能、肝機能に問題があるからといっても症状の度合いによってはゾビラックスの軟膏(ゾビラックスクリーム)なら使用でき可能性もたかいので必ず担当医の指導のもとゾビラックスを使用してください。

もし、医師からゾビラックスを使用しても問題ない人は正規品は通販からでも購入できるので通販なら簡単に安く購入することができるのでおすすめです。また、同じ成分、効果のゾビラックスジェネリックのアシビルDT錠とアシビルクリームがあるのでそちらならもっと安く購入することができるます。

【関連記事→ゾビラックスジェネリックの紹介



ゾビラックスの服用方法

ゾビラックスの服用方法は単純ヘルペス(性器・口唇ヘルペス)、帯状疱疹、子供か大人かによってもちがうのでぞれぞれの服用方法を紹介します。

ゾビラックスの服用方法

◆大人の服用方法
単純ヘルペス…1回200mgを1日5回、水やぬるま湯などで服用。
帯状疱疹…1回800mgを1日5期、水やぬるま湯などで服用。
※年齢や症状によって多少の誤差はあり。

◆子供の服用方法
単純ヘルペス…体重1kgあたり1回20mgを1日4回水やぬるま湯などで服用。※ただし1日の最高服用量は200mgまで。
帯状疱疹…体重1kgあたり1回20mgを1日4回水やぬるま湯などで服用。※ただし1日の最高服用量は800mgまで。
※年齢や症状によって多少の誤差はあり。

このようにゾビラックスはバルトレックスなどと比較すると服用回数がおおいヘルペス治療薬です。なぜ、こんなに回数が多いのかというと、主成分であるアシクロビルの効果の持続時間が短いからです。なので、ゾビラックスの効果を保つために1日5回も服用しなければならないのです。では、服用を忘れないためにはどのような点を注意すればいいのでしょうか。

忘れないための対処法

◆ピルケースを活用する
よく、薬局や100円ショップなどで小分けに仕切られたケースが販売されています。なるべく1週間ごとにしきられているものがおすすめです。その日服用する薬をあらかじめ入れておけば、ひと目でその日に何回服用したかを把握することができます。少し面倒ですが一番確実な方法です。

◆タイマーをセットする
携帯などのタイマーであらかじめ1日の服用時間をきめ、設定しておくのも一つの方法です。1日5回セットしておけば1回1回タイマーでしらせてくれるため、服用を忘れることがありません。どうしてもいつも決めている時間に服用できない場合はあらかじめ別にタイマーをセットするとより確実です。

ゾビラックスジェネリックの紹介

ゾビラックスの効果を上げる方法 ゾビラックスジェネリックにはアシビルDTとそのクリームタイプがあります。両方とも実際に病院で使用されている治療薬です。病院よりも通販のほうが安く購入できるのでおとくです。では、それぞれどんな薬か使用方法や値段など薬の詳細を紹介します。
【関連記事→ゾビラックスジェネリックと似ている薬

◆アシビル◆
【副作用】:ほとんどなし。主に頭痛、めまい、消化不良
【飲み方】:単純ヘルペスの場合1日の上限800mgを4~5回わけて服用。それを5~10日間続ける
【適応症状】:口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水痘、水疱瘡(みずぼうそう)
【成分量の種類】:200mg、400mg、800mg
【値段】:200mg→56円、400mg→120円、800mg→192円(※通販サイト「お薬なび」参照)
【併用禁忌薬】:プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン
【服用に向いていない人】:腎機能、肝機能に問題がある人、高齢者、妊婦、アシクロビルでアレルギー症状が出た人
【アシビルDTの形状】:錠剤、白い、丸い
【アシビルDTの味】:無味無臭、コーティングがはがれると中は苦い

アシビルDTはインドの製薬会社で製造されているゾビラックスのジェネリックです。価格はゾビラックスの約半額程度なので、最安値でヘルペスを治療することができます。値段は安いうえに、服用回数や服用期間はゾビラックスと同じであるため、ゾビラックスを使いなれている人は使用方法を間違う危険性はありません。

そのうえアシビルはゼリータイプが病院で使用されています。なので効果や安全性は保障されています。病院で入手できるのはゼリータイプのみです。その上、ゼリータイプだと同じ800mgの用量で1包513円(※ミナカラ参照)と1錠192円の錠剤タイプよりも割高です。錠剤タイプは個人輸入(通販)のみからとなるので、アシビルDTを購入したい人はぜひ通販を活用してみてください。

ゾビラックスでヘルペスを治療してみた

アシビルDTの口コミ・体験談(※工事中)

実際によせられてきたアシビルDTの口コミをご紹介しています。アシビルDTにく…

詳細はこちら>>





◆アシビルクリーム◆
【副作用】:ほとんどなし。主にかゆみ、ヒリヒリとした痛みなど。
【飲み方】:単純ヘルペスの場合1日の上限800mgを4~5回わけて服用。それを5~10日間続ける
【適応症状】:口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水痘、水疱瘡(みずぼうそう)
【成分量の種類】:5g
【値段】:1本584~650円、1本、3本、5本と多くまとめ買いするほど一本の値段がやすくなります。(※通販サイト「お薬なび」参照)
【併用禁忌薬】:プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン※ただし、クリームタイプの場合内服薬よりは影響は少ないです。
【服用に向いていない人】:特になし。ただし、アシクロビルでアレルギー症状が出た人、高齢者、併用禁忌薬をつかっている人は担当医へ要相談。
【アシビルクリームの形状】:クリーム状、白い
【アシビルクリームの使用感】:少し薬剤くさい。少しべたつく。口の中に入ると苦い。

アシビルDTのクリームタイプです。内服薬と比較すると含まれている成分量がすくないため、ゾビラックスやアシビルDTなどの内服薬が合わない人や、併用禁忌薬をつかっていて内服薬を使用できない人でも使うことができます。口や性器どこでも使えます。

ただ、やはり内服薬と比較すると少々治るまで時間がかかるため、初発時の症状が重い時などはあまり使用にむいていません。再発時や症状が軽い人にはアシビルクリームが最適です。
【関連記事→ゾビラックス軟膏は万能

ゾビラックスでヘルペスを治療してみた

アシビルクリームの口コミ(※工事中)

実際によせられてきたアシビルクリームの口コミ・体験談をご紹介しています。アシビル…

詳細はこちら>>



バルトレックスジェネリックの紹介

バルトレックスジェネリックの紹介(※工事中)

実際によせられてきたアシビルクリームの口コミ・体験談をご紹介しています。アシビル…

詳細はこちら>>


バルトレックスジェネリックの紹介

ゾビラックスの成分を吸収しやすく改良し、服用回数をわずか2回に減らしたとても使い勝手がいい薬です。確かにゾビラックスジェネリックと比較すると少々値段は高めですが、効果はバルトレックスと匹敵するぐらいあります。治療期間もゾビラックスジェネリックと比較すると短いとも言われているため、安く確実に早く治療したい人にはおすすめです。通販でも病院で使用されているものと同様のものが購入できるので大量に購入したい人は通販がおすすめです。



ファムビルジェネリックの紹介

帯状疱疹、水痘、水疱瘡(みずぼうそう)を患っている人で安く治療したい人はファムビルジェネリックがおすすめです。ジェネリックであるため価格はファムビルよりも約半額ととても安くなっています。もちろん主成分は同じであるため、効果もほとんど同じです。世界70カ国以上の地域で使用されている薬なうえに、病院でもしようされているためとても信頼度が高いです。大人に限らず、子供にも使用することができます。



ゾビラックスとバルトレックスを比較

ゾビラックスの効果を上げる方法

ゾビラックスのアシクロビルを改良し吸収率を高くしたのがバルトレックスです。バルトレックスのほうが吸収率が高いため、すぐれているように見えますがそうとは限りません。ゾビラックス、バルトレックス両方優れた点があります。自身の症状や生活スタイルによってどちらのほうが良いか変わるため、両方を比較して自分にあったヘルペス治療薬を使用しましょう。

ゾビラックスとバルトレックスの比較まとめ
◆服用回数を比較
バルトレックスは1日2回、ゾビラックスは1日5回。薬の服用を忘れやすい人や、こまめに薬をのむ時間がとれない人には回数の少ないバルトレックスが向いています。

◆価格を比較
バルトレックスの価格は1錠500mgで142~158円、1000mgで217~271円。
ゾビラックスの価格は1錠200mgで81~90円、400mgで113~126円、800mgで226~252円 ※仕入れ数が多ければ価格が安くなります。
見比べてみるとゾビラックスの方が安いようにもみえますが、服用回数も考慮すると両方ともあまりかわらないでしょう。

◆種類を比較
バルトレックスの種類は錠剤のみです。一方のゾビラックスは錠剤以外にも軟膏、注射、顆粒などのタイプがあり、幅広い病状に対応することができます。まれに錠剤だと副作用が強く表れてしまう人がいます。そういう人にはゾビラックスの軟膏タイプがおすすめです。



ゾビラックスの服用回数が多い理由

ゾビラックスの効果を上げる方法

ゾビラックスの服用回収が多い理由はゾビラックスの主成分であるアシクロビルの効果の持続時間が短いからです。ゾビラックスの効果持続時間は約3~4時間とされています。「効果の持続時間が短い」ときくと効果が弱いようにかんじます。

たしかにバルトレックスと比較すると効果は弱いです。しかし、その代り副作用が弱いというメリットがあります。なので、虚弱体質の人や、体質上バラシクロビル(バルトレックスの主成分)で副作用が起きやすい人はゾビラックスの服用がおすすめです。ゾビラックスの副作用の弱さから高齢者や子供も服用することができます。



ゾビラックスの耐性化

副作用といえるものではないですがヘルペスウイルスはゾビラックスに対し耐性を持つことが確認されています。抗生物質ではそういった話は聞きますが、抗ウイルス薬でもそのような事が?とびっくりしてしまいますね。ゾビラックスの作用というのはウイルスがDNA合成を行う事を阻害するというものです。しかし耐性を持ったウイルスはDNA合成をするための酵素が変化しているため、ゾビラックスで阻害出来なくなってしまいます。きっちりと型が合わなくなる、ということですね。

そのため長期間ゾビラックスを使うことは控えた方が良いと思います。ある時からあまり効き目が無くなってきたなと思ったのであればそれはヘルペスウイルスがゾビラックス耐性を持ってしまった可能性が考えられます。なんらかの副作用ということでは無いのでそういった場合は一度医療機関へ相談をした方が賢明です。

ゾビラックスの耐性化への対処法

では、万が一ゾビラックスに耐性ができてしまったらどう対応すればよいのでしょうか。まず、最初にすることは、みずからの生活習慣の見直しや、体質を改善させ、ヘルペス菌が繁殖しにくい環境づくりをします。そして、別の成分が配合されている、ヘルペスウィルスに効果のある薬を服用するすることになります。そこで気をつけなければならないことは、必ず独断で服用を中断せずにきちんとまもられた期間に服用することです。

ヘルペスは再発しやすい病気の一つでもあります。ヘルペス菌は一度感染すると、症状はおさまっても体のどこかにひっそりと残っているので、一時的に症状がおさまり、治ったと思い薬を中断するとますますヘルペスが悪化してしまうので絶対に医師の判断なしで中断することはしないようにしましょう。

どんなに薬を決められた期間にのみきっても、ヘルペスは再発を繰り返しやす病気です。なので、完治できない分、再発しないように気をつけることが大切です。


ゾビラックスの副作用への対処法

ゾビラックスの効果を上げる方法

ゾビラックスはほとんど副作用のでない薬ではありますが、薬として効果がある限り全くないとは言い切れません。では、副作用があらわれたらどのように対処したらいいのでしょう。副作用があらわれたときの対処法を紹介します。


ゾビラックスの副作用への対処法
・服用をやめる
・服用した薬をもって病院に行く
・自力で行けない場合は救急車を呼ぶ
・インターネットや薬の相談窓口を利用する

以上の対処法がありますが、やはり一番いいのは病院に行くことです。最初は寝ていればなおる程度の副作用が時間がたつにつれて重くなることもあります。なので体が動けるうちにきちんと病院へ行きましょう。「大袈裟かな…?」と思うかもしれません。けど、自身の体を守るためには大げさなぐらいがちょうどよい時もあります

ゾビラックスの体験談

ゾビラックスの口コミ・体験談(※工事中)

実際に当サイトに寄せられてきたた口コミ・体験談をご紹介しま…

詳細はこちら>>



ゾビラックスの副作用の強さ

ゾビラックスの副作用への対処法

ゾビラックスの副作用つよさは実際のところどのくらいなのでしょうか。成人、妊婦、子供、高齢者とわけてそれぞれの副作用のでかたを紹介します。

タイプ別ゾビラックスの副作用の強さ
◆成人(健康体)
腎臓、肝臓に関して問題がなければほとんど副作用はありません。ただ、性器ヘルペスの場合重症化しているものだと、服用した際にかゆみが強く出ることがまれにあります。その場合は電話でもいいので医師に相談しましょう。クリームタイプもほとんどありません。

◆妊婦
母体自体の影響は成人の基準とほぼ変わりませんが、胎児に対する影響が出るときがあります。クリームタイプであれば性器ヘルペスで使用してもほとんど副作用の心配はないので、治療の際はゾビラックスクリームをおすすめします。

◆高齢者
副作用が強く出る可能性あり。腎機能が低下している人は特にゾビラックスの成分がからだにのこってしまうため強く出てしまうおそれがあります。錠剤を使用する際は必ず医師と相談しましょう。クリームは錠剤と比較すると副作用はないので安心して使用することができます。

◆子供
副作用はほとんどなし。ただ、服用量が大人とことなるため、大人の基準で服用させてしまうと重度の副作用がでるおそれがるので服用量には注意しましょう。



ゾビラックスの効果を上げる方法

ゾビラックスの効果を上げる方法 再発を繰り返すヘルペスをより早く、確実に治療したいと考える人もいるのではないでしょうか。通常の服用方法にくわえ、服用のタイミング、私生活できをつけるとよい点などをご紹介します。それをまもればゾビラックスの効果的に服用することができます。

ゾビラックスは食後に服用

ゾビラックスの服用は食前食後きめられていません。しかし、ゾビラックスの副作用の一つとして胃痛があります。ほとんど副作用はない薬ですが、胃痛が心配な人は食後に服用することをおすすめします。また、食べ物を消化しているときは薬の成分も体内に吸収されやすいのでより効果が発揮されます。なので、ただ薬を服用するだけでなく、しっかりバランスの良い食事をとることも重要です。

睡眠をきちんととろう

ゾビラックスは薬事態の効果はとてもたかいです。ただ、規則正しい生活習慣をおこなっていなければゾビラックスの効果をさまたげてしまいます。さきほど紹介した食事とともに大切なのが睡眠です。

睡眠はいわば体のメンテナンス時間です。寝ている間に体の悪い部分を修復していきます。なので、一日最低でも6時間以上の睡眠をとることをおすすめします。しっかり睡眠をとればよりゾビラックスの成分を体に効率よく取り込むことができます


ゾビラックスクリームの詳細

ゾビラックスクリームの詳細(※工事中)

実際に当サイトに寄せられてきたた口コミ・体験談をご紹介しま…

詳細はこちら>>


ゾビラックスクリームを通販で購入する>>
※ゾビラックスクリームのジェネリックになります



高齢者はゾビラックスを使用できる?

ゾビラックスは副作用が少ない薬なので高齢者でも服用することができます。ただ、高齢者の場合腎機能が低下しているため、服用する際は慎重に行わなければなりません。なぜ、高齢者は慎重にならないといけないのかというと、「腎機能の低下」にあります。

老化によって腎機能が低下し、ゾビラックスの成分が適度に排出されず副作用として作用が残ってしまうからです。なので、高齢者にかぎらず腎機能に問題がある人は医師に相談して服用するようにしましょう。副作用が重症化した場合はすぐにお近くの病院へいきましょう。



ゾビラックスの副作用で意識不明!?

ゾビラックス自体は副作用が少なく、使用しやすい薬でありますが、稀に意識障害がおきることがあります。 意識障害の副作用が強くでやすい人は腎臓が弱かったり、高齢であったり、用法用量を守らずに服用しているひとが多いとされています。 もし、用法用量をきちんと守り、服用した際のにも関わらず、記憶が飛ぶ、 話している内容のつじつまがあわない、ごはんを上手く食べることができないのであれば、 ゾビラックスの副作用を疑いましょう。持病のため、独断で服用をやめることができない場合、 かかりつけの医療機関へご相談することをおすすめします。

また、特に副作用が強くでやすいのがゾビラックス200㎎配合の製品です。もし200㎎のものを服用する場合、通常よりも多く水分を取ることをおすすめします。 ただ、持病などの関係で水分量の制限などされている場合は必ず担当医へ相談してください。 また、錠剤が体にあわないと感じた人はゾビラックスの軟膏もあるので、軟膏の場合、体の中に入れないぶん副作用がよわいため、そちらを試してみるのもいいかもしれません。

ゾビラックスの副作用で腎機能障害

ゾビラックスの副作用の一つとして腎機能障害があります。ゾビラックスによる腎機能障害に関する論文は数多く発表されており、発症する人の多くが高齢者です。その原因は加齢による腎機能の低下によってひきおこされているとされています。このような副作用が起きてしまうメカニズムは、まず、ゾビラックスを服用することによって血中のアシクロビルの濃度が上昇し、なんらかの原因で脱水など、尿量の減少によってアシクロビルが結晶化を起こします。そして、その結晶化したアシクロビルが尿際血管を防ぐことによって腎機能障害をひきおこすのです。脱水症状以外でも、静脈注射によって結晶化が引き起こされることもあるそうです。

ゾビラックスの副作用~比較表~

ゾビラックスには200mg、400mg、800mgがあります。それぞれ、副作用はどのようにあらわれるのでしょうか。簡単にまとめた表があるので、ゾビラックスを購入する際は参考にしてみてください。

ゾビラックス 200mg 400mg 800mg
メリット 200mg、800mgと比較すると副作用がほとんど出ない 副作用は多少あるが、高い効果を実感することができる 服用回数が200mgよりも少ない。効果は抜群に高い
効果 初期段階のヘルペスに効果あり 症状が初期よりも進行しているものに効果あり 主に帯状疱疹や進行したヘルペスに効果あり
副作用の発生率 低い 中程度 かなり高め
値段 25錠入りで2,250円
50錠入りで4,050円
50錠入りで6,300円
100錠入りで11,340円
25錠入りで6,300円
50錠入りで11,340円

※値段はおくすりナビを参考にしました。

なぜ副作用が起きるのか。

副作用のない薬はこの世にないといっても過言ではないくらい、薬を服用するときに、副作用はきっても切れない存在でもあります。副作用はいわば、薬の効果の裏返しです。副作用が起こる要因には次のようなものがあります。

・薬に対する過剰反応
・服用量を超えて薬を使用している場合
・治療箇所以外で薬が作用した場合
・食べ物や飲み物と薬との食べ合わせ

では、それぞれ、どのように体に作用しているのか紹介します。

副作用の作用その1~薬に対する過剰反応~

いくら服用量を守っていても、人によってはその薬自体が体質に合わず健康上のトラブルを招くことがあります。 よくある症状として、アナフィラキシーショックがあります。 アナフィラキシーショックは人によっては死にいたる重大な副作用の一つです。 もし、すこしでもチアノーゼがでたり、意識朦朧などの症状を感じた場合、 アナフィラキシーショックの可能性が高いため、十分に気をつけましょう。

副作用の作用その2~服用量を超えて薬を服用~

薬にはきちんと1日の服用量が決められています(ゾビラックスの場合1日5回)。 服用量はその人の年齢や、体系、健康状態によって決められているため、 同じ人物に対して、同じ薬を処方する際にも、処方される量が異なると きがあります。その適切な服用量を超えた時に副作用が生じます。

薬には「効果が良い影響として出る領域」と「効果が悪い影響として出る領域」、 「全く効果を感じない領域」があります。薬の血中濃度が低すぎてしまうと 「全く効果を感じない領域」のままでとどまってしまうため、効果は全く現 れません。しかし、逆に血中濃度が高すぎてしまうと悪影響として体に現れ てしまいます。このように、薬の量は効果が出て、かつ無害な領域の量 でとどめないと薬として意味がないのです。

副作用の作用その3~効果が異なる場所に作用~

本来とは異なる場所に作用した場合。血液の循環によって薬の成分は体中に運ばれるため、 治療する部位以外にも、さまざまな場所に薬の影響を与えます。よって目的としている場 所いがいに薬の効果が作用します。ゾビラックスに関しては、 腎臓に影響を与えるとされています。

副作用の作用その4~相性の悪い飲みあわによる場合~

食べ物に含まれている栄養素が薬の成分と結びつき、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。ゾビラックスの場合、食べ合わせの悪いものはとくにないとされていますが、物によっては影響のあるものもあります。

ゾビラックスの副作用で錠剤が使えない人

体質の問題上、ゾビラックスを服用すると副作用が出てしまう人がいます。みんなに適応される薬が合わないからといって決して異常体質ということではありません。生まれ持った体の機能は人それぞれであるためたまたま自分がそういう体質であったというだけのことなのです。

そんなゾビラックスの服用ができない人には二つ方法があります。一つはゾビラックスの軟膏を活用することです。体のなかに入れない分副作用を感じることはほとんどありません。ほとんどの人は軟膏による処置でなんとか治療することができています。二つ目の方法はゾビラックス以外の薬を使用することです。

例えばバルトレックスやファムビルです。それらの薬はゾビラックスに近い成分ですが主成分は異なります。また、もともと使用していたにも関わらず、稀になんらかの原因による体質の変化からゾビラックスが使用できなくなってしまうことがあります。その時も同様に軟膏タイプに変えるか、別の薬にするなど適切な対処をとりましょう。

ゾビラックスの副作用を強くする薬(併用禁忌薬)

ゾビラックス自体はきちんと服用方法を守って服用して入ればこれといった副作用に悩まされることはありませんが、飲み合わせの悪い薬と一緒に服用することによって副作用が強く出てしまうことがあります。そのような一緒に服用すると副作用を強くしてしまったり、悪い影響をおよぼしてしまう薬を併用禁忌薬と言います。

では、ゾビラックスの併用禁忌薬とはどのような薬があるのでしょうか。薬の紹介と、どのような症状で使われるのか紹介したいと思います。

◆ゾビラックスの併用禁忌薬◆

【薬名】プロベネシド
【適応症状】痛風、高尿酸血症など
【理由】ゾビラックスと併用することによってプロベネシドの排泄を妨げてしまい、同剤の血中濃度が高くなり副作用を強めてしまうため。

【薬名】シメチジン
【適応症状】胃潰瘍、十二指腸炎、急性ストレス潰瘍など
【理由】シメチジンを併用することによってゾビラックスの排泄を妨げてしまい、同剤の血中濃度が高くなり副作用をつよめてしまうため。

【薬名】ミコフェノール酸モフェチル
【適応症状】腎移植、肝移植、などの移植の際の拒否反応の治療など
【理由】併用することによってゾビラックスの代謝物とミコフェノール酸モフェチルの代謝物の排泄を妨げてしまい両成分の血中濃度が高くなり副作用を強めてしまうため。

【薬名】テオフィリン
【適応症状】気管支喘息、気管支炎、肺気腫など
【理由】併用することによってテオフィリンの中毒症状があらわれることがあるため。

【関連記事→ゾビラックス軟膏は万能

これいがいにも禁忌薬と同じような成分を配合している薬は副作用を強めてしまう恐れがあるので、併用を控えた方が良いでしょう。もし、自分がいま服用している薬が併用できる薬なのか分からない場合はインターネットで薬の成分をしらべてみたり、薬の相談窓口などで相談してみましょう。

ゾビラックス軟膏は万能

ゾビラックス軟膏はゾビラックスの錠剤で副作用が強く出てしまう人にとてもおすすめの治療薬です。おなじ成分でも直接体内へ入れないため副作用はあらわれても重症化することはないに等しいです。

仮に副作用がでるとしても軽度のかゆみやヒリヒリとした痛みが気にならない程度にあらわれるぐらいです。実際の医療機関でもゾビラックスの錠剤タイプが合わない場合軟膏タイプへ変更して治療する例が多くあります。変更後に異変を訴える人はほとんどいません。

再発の場合は症状も軽度なのでゾビラックスの軟膏を1日2~3回塗るのを3日間続ければ症状は完全におさまります。初発時は症状が重症化しやすいため、治療開始から最初の方は効果が弱いかもしれません。

ただ、症状がいったんおさまればそれ以降は軟膏タイプで充分治療できます。また、ゾビラックス軟膏にはジェネリックのアシビルクリームがあります。アシビルクリームは成分も効果もほとんど同じなうえに価格が安いので安く、確実に治療したい人にはとくにおすすめです。

病院で使用されている成分の薬を購入できるのは海外輸入の通販のみです。もし病院へ行く時間がない人は通販を活用して自宅で治療しましょう。

アシビルクリームを通販で購入する>>
※ゾビラックスクリームのジェネリックです。


妊婦中のゾビラックスの副作用

妊娠中は風邪薬でさえも使用してはいけないといわれています。ゾビラックスも例外ではなく妊娠中の服用は良くないとされています。アメリカのFDA薬剤胎児危険度分類基準(A,B,C,D,Xの五段階。Aが一番安全でそれから順々に危険度が高くなる)の五段階の中でゾビラックスはB判定を受けています。

B判定は胎児への危険性は否定されているが、人間での臨床実験で安全性が実証されていないため安全であるとは言い切れないというレベルです。胎児に対するゾビラックスの影響は主に胎児奇形とされています。胎児奇形とは性器や臓器など体のどこかが突然変異を起こしてしまうことです。

ただ、ある疫学調査によると約800人近くいる妊娠初期の妊婦にアシクロビル(ゾビラックスの主成分)を使用した実験をしたところ胎児奇形などの副作用はみられなかったとう良い結果もあります。

ただ、100%安全性があるとは言い切れないため、ゾビラックスを使用する場合は軟膏をおすすます。軟膏であれば体にとりいれないため、胎児に対する影響はほとんどありません。といっても、妊娠に気がつかずにゾビラックスを服用しても過剰に副作用を気にする必要もないとも言えます。

ゾビラックスとアルコールの関係

ゾビラックスを処方されたとき「お酒をひかえるようにしてください。」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。「お酒を控える」といわれたら「お酒は飲まない方がいいのかな」とか「控えるってことは量が少なければ飲んでいいの?」と思う人がいると思います。

実際ゾビラックスを服用しているときアルコールは飲んでも問題ないとされています。なので、適度な量であればお酒は飲んでも大丈夫でしょう。しかし、あくまでも「適度な量」です。ゾビラックスは吐き気、下痢、消化不良など消化器官に関する副作用がでやすい薬です。

なので、過剰にアルコールを摂取してしまうと吐き気が強くなったり、お腹をよりくだしやすくなってしまいます。ゾビラックスの説明書によるとアルコールは問題ないとされてはいるものの、アルコール自体の性質上、消化器官に影響を及ぼしやすいためお酒はなるべく飲まない事をおすすめします。

ゾビラックスと似ている薬

治療薬はゾビラックスのほかにもバルトレックスやファムビルがあります。バルトレックスはゾビラックスの成分を吸収しやすくしたものであり、服用回数も単純ヘルペス(性器、口唇ヘルペス)であれば1日2回程度ととてもお手軽です。

副作用もあまりでない薬なので多くの病院で使用されています。ただ、ゾビラックスよりは使いやすいものの値段がゾビラックスの2倍程度あるためすこし値段が高めです。ただ、回数が少ないのでまめに薬を飲む時間が確保できない、めんどくさがり屋な人はバルトレックスはとても使いやすい治療薬です。

そしてもう一つファムビルも病院で使用されている治療薬です。ゾビラックスやバルトレックスと比較すると2008年に日本で認可された比較的新しい薬です。ただ、ファムビルに関しては単純ヘルペスには効果がなく、帯状疱疹、水痘、水疱瘡に対してとても効果が高いとされています。

2008年時点ではすでに英国や米国などをはじめ約70カ国で使用されている世界的にも信頼度の高い薬です。治療薬の種類は豊富ですが、それぞれの特性があります。それぞれの特性を生かして自分の生活や症状に合った薬を選んで使用しましょう。

ゾビラックスの形状

ゾビラックスの特徴の一つとしてゾビラックスには様々な形状があります。錠剤の他にも軟膏、顆粒、ドライシロップ、点滴があります。それぞれどのような見た目でどのように使い分けているのか説明します。

ゾビラックス:錠剤
(画像)
丸い形状をしています。錠剤は小粒なので比較的服用しやすいタイプです。無味無臭ですが、表面のコーティングがはがれると中の錠剤は苦いため、長時間口の中で服用しないようにするとより苦味を感じず飲みやすいです。子供など錠剤の服用をいやがる子はヨーグルトやプリン、ゼリーなどと一緒に服用させると飲ませやすいです。

ゾビラックスの錠剤は成人、子供、高齢者誰にでも使用することができます。直接体に入れるため、他のものと比べると副作用が強めにあらわれることがあります。 ただ、もともと副作用がほとんどない薬なので心配する必要はほとんどありません。種類は200mg、400mg、800mgがあります。通販でも購入できます。

ゾビラックス:軟膏
(画像)
錠剤タイプで副作用が強く出る人に代わりに処方されるタイプの薬です。他の形状の中では一番副作用がない薬となっています。併用禁忌薬を一緒に使用していてもあまり影響がありません。使用できる部位は性器、口、以外にも角膜ヘルペスにも使用できるためかなり万能です。初発時は症状が重いため軟膏だと効き目が弱い可能性がありますが、再発時であれば症状が軽いため充分対応できます。アシビルクリームというジェネリックもあります。こちらも通販で購入できます。

ゾビラックス:顆粒
(画像)
主に子供の治療の際に使用されるタイプであり、病院でしか購入することができません。無味無臭ですがこちらも口のなかで溶けだすと苦みが増すため素早く服用することをおすすめします。また、水に溶かして飲ませるなどもありますが、この方法も苦味成分が溶け出して逆に飲みづらくなるのでおすすめできません。錠剤同様にゼリーなどと一緒に服用させるのがおすすめです。顆粒タイプは病院でしか入手できません。

ゾビラックス:ドライシロップ
(画像)
顆粒と混合されがちですが、ドライシロップは水でとかしてシロップとしても使用できる薬のことです。なので、顆粒だとむせてしまったり上手に飲むことができない子供やお年寄りに使用されることが多いタイプです。

これは顆粒タイプとは異なり、わずかに甘さがあります。ゾビラックスのドライシロップは製造会社がいくつかあるためそれぞれ味が異なることがあります。ストロベリー風味もあるのでストロベリーが苦手な子供の場合、処方される前に確認し、別の味に変えられるようなら変えてもらいましょう。ドライシロップも病院でしか入手できません。

ゾビラックス:点滴
このタイプは免疫力の低下した高齢者や新生児に使用されるタイプです。単純ヘルペスや帯状疱疹なども適応症状ですが、それ以外にもヘルペスウイルスによる脳症、髄膜炎などにも使用されます。一般的には入院しない限り使用することはありません。腎機能、肝機能に問題がある人は要注意です。 ※病院で処方される場合「ゾビラックス」の名称以外にも「アシクロビル」「アストリック」などの名前で処方されることがあります。

ゾビラックスジェネリックと似ている薬

ゾビラックスジェネリックの他にもヘルペス治療薬にはジェネリックがあります。代表的なものがバルトレックスジェネリックとファムビルジェネリックです。それぞれどんな薬なのでしょうか。簡単に説明します。詳しく知りたい人は詳細ページもあるのでそちらをご覧ください。

・バルトレックスジェネリック
ゾビラックスジェネリックの成分を改良し、服用回数を1日2回(単純ヘルペス)に減らした治療薬です。副作用もほとんどありません。病院で処方されるバルトレックスジェネリックはバラシクロビル錠のみとなっており、値段は190~210円です。通販で購入できるバルトレックスジェネリックにはセントレックスやバルシビルがあります。その中でもセントレックスは1錠122円とバルトレックスジェネリックの中でも最安値なのでおすすめです。

バルトレックスジェネリックの詳細
セントレックスを通販で購入する

・ファムビルジェネリック
ファムビルジェネリックは今まで紹介してきたヘルペス治療薬と違って、性器ヘルペスや口唇ヘルペスなどの単純ヘルペスによる症状には効果がありません。ファムビルの効果が最大限に発揮されるのが帯状疱疹、水痘、水疱瘡などに効果を発揮します。価格はファムビルよりも半額近く値段が安いです。

ファムビルジェネリックの詳細
ファムビルジェネリックを通販で購入する

病院で入手することができるゾビラックスジェネリック

ゾビラックスジェネリックは病院でも入手できることができます。病院で処方されているゾビラックスジェネリックはアシクロビル、ビクロックス、アストリック、アシビルなどの名称で処方されています。

形状はシロップ、顆粒、ドライシロップ、ゼリー、錠剤と幅広くあります。形状別でゾビラックスジェネリックの最安値をまとめると以下の通りになります。病院で処方してもらう際はより安いものに変えてもらうこともできるので参考にしてみてください。

◆錠剤の最安値:58.6円
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「日本ジェネリック」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「東和」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「武田」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「日医工」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「マイラン」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「沢井」
アシクロビル錠400mg:製造販売企業「辰巳」
ビルヘキサル錠400mg:製造販売企業「サンド」
アシクロビン錠400:製造販売企業「日医工」
ビクロックス錠400:製造販売企業「小林化工」

◆顆粒の最安値:71.7円
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「東和」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「日医工」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「沢井」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「日本ジェネリック」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「武田」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「CHO」
アシクロビル顆粒40%:製造販売企業「高田」
ビクロックス顆粒40%:製造販売企業「小林化工」

◆ドライシロップの最安値:217.3円
アストリックドライシロップ80%:製造販売企業「小林化工」

◆ゼリーの最安値:173.4円
アシビル内服ゼリー200mg:製造販売企業「日医工」
アシクロビル内服ゼリー200mg:製造販売企業「日医工」

◆シロップの最安値:31.4円
ビクロックスシロップ8%:製造販売企業「小林化工」
アシクロビルシロップ8%:製造販売企業「高田」

同じ成分量であっても価格が2倍も違うこともあるので、受診される際に薬代が気になる人は処方される前にどんな薬が処方されるかかくにんしましょう。

ゾビラックスで治療してみた:体験談

ゾビラックスを使用して治療した人に実際にお話を聞きました。どんな症状で使用し、効果、副作用はどのようにあらわれたのでしょうか。服用回数が多いゾビラックスはどんなタイミングで服用しているのか。ゾビラックスに関する疑問を実際に使用した人に聞いた内容をまとめてみました。
【関連記事→ヘルペスの体験談

【目次】
ゾビラックスの体験談その1:T,Kさん25歳男性(症状:性器ヘルペス)
ゾビラックスの体験談その2:H,Yさん30歳女性(症状:口唇ヘルペス)
ゾビラックスの体験談その3:D,Eさん29歳男性(症状:帯状疱疹)
ゾビラックスの体験談その4:M,Rさん40歳女性(症状:角膜ヘルペス)


ゾビラックスの体験談その1:T,Kさん25歳男性

Q:どのような症状で使用したのですか?
A:性器ヘルペスです。初めて発症しました。彼女がヘルペス持ちだったみたいで、性行為後2、3日程度でむずむずしたいたがゆさがあらわれて、水ぶくれがあらわれて本格的にこれはやばいなとおもったので病院へ行きました。

Q:ゾビラックスを使用したきっかけは?
A:病院で処方されたのがきっかけです。1週間分程度処方されましたね。

Q:他のヘルペス治療薬は試したことがありますか?
A:はい。バルトレックスを使用していました。確かに効果はあるのですが、値段が高いのでゾビラックスを使っています。

Q:ゾビラックスの副作用はどうでしたか?
A:医者からはなるべく食後に服用するようにいわれてたのですが、忙しくて昼ごはんを食べれなかったときがあるんですよね。けど、薬は服用しないといけないので仕方なく飲んだんですよ。その時は少し胃が痛いと感じることがありましたね。あと、若干軟便気味になります。

Q:ゾビラックスを使ってみて効果はありましたか?
A:ありましたね。1週間程度でかゆみや痛みの症状はなくなりましたね。私の場合服用してから1時間もたたないうちにかゆみがおさまって、3日程度したら水ぶくれの症状がだんだんおさまって患部がズボンに擦れて痛くなることもなくなりましたね。処方された分飲みきったころには水ぶくれの部分もかさぶたになって痛みも痒みも全く感じなくなりました。

Q:ゾビラックスを服用するタイミングは?
A:朝食後、昼食後、夕方、夕食後、寝る前に服用していました。お茶とかで飲んでも問題ありませんでした。

Q:ゾビラックスでの治療後、再発しましたか?
A:治癒してから1年程度経過していますが、再発していません。むずかゆい感じのヘルペスの前兆とかあるんですけど、そういうのを感じたらすぐにゾビラックスを服用して再発しないように予防しています。病院だと処方してもらえる量が限られるので通販で購入しています。

【関連記事→バルトレックスで治療してみた:体験談
【関連記事→バルトレックスジェネリックで治療してみた:体験談

ゾビラックスの体験談その2:H,Yさん30歳女性

Q:どのような症状で使用したのですか?
A:口唇ヘルペスです。体質上口唇ヘルペスを再発しやすいため再発防止で服用しています。

Q:ゾビラックスを使用したきっかけは?
A:病院で処方されました。体質上再発しやすいので、病院の処方がたりないときは通販で購入しています。

Q:他のヘルペス治療薬は試したことがありますか?
A:ありません。ゾビラックスが体質に合っているのでわざわざ他を使う必要性がないとおもうので。

Q:ゾビラックスの副作用はどうでしたか?
A:ほとんどないと思います。時々ちょっと頭が痛いなーと思うぐらいです。

Q:ゾビラックスを使ってみて効果はありましたか?
A:あります。初発のときは5日程度服用してたらなおりましたね。それ以降は再発したりもあったんですけど、不規則な生活をしている私の自業自得というところもあるので薬自体には問題はないです。ただ、ヘルペスが再発しないように予防としてむずむずした違和感がでたら服用するようにしてます。

Q:ゾビラックスを服用するタイミングは?
A:朝食後、昼食後、夕方、夕食後、寝る前。2~3時間程度間隔をあけて飲んでました。

Q:ゾビラックスでの治療後、再発しましたか?
A:再発しますねーけど、お医者さんからも体質だから仕方ないっていわれました。

【関連記事→バルトレックスで治療してみた:体験談
【関連記事→バルトレックスジェネリックで治療してみた:体験談

ゾビラックスの体験談その3:D,Eさん29歳男性

Q:どのような症状で使用したのですか?
A:帯状疱疹です。子供のがうつって発症しました。

Q:ゾビラックスを使用したきっかけは?
A:病院で処方されました。ただ、錠剤があわなかったので、途中からはクリームタイプのゾビラックスを使用していました。

Q:他のヘルペス治療薬は試したことがありますか?
A:ファムビルを使用していました。けど、家の経済的状況を考え薬価の安いゾビラックスに変えてもらいました。

Q:ゾビラックスの副作用はどうでしたか?
A:錠剤は結構しんどかったですね。症状はよくなっていったんですけど、めまいとか頭痛がひどくて…。クリームタイプに変えてからは全く副作用は感じません。

Q:ゾビラックスを使ってみて効果はありましたか?
A:あります。びっくりしたのがクリームタイプが想像以上に治癒力があった事ですね。クリームの方が安いし、副作用もないし自分としてはとてもおすすめです。

Q:ゾビラックスを服用するタイミングは?
A:錠剤のときは3時間程度あけて飲んでいました。クリームタイプになってからは1日2、3回程度ぬるようにしてましたね。

Q:ゾビラックスでの治療後、再発しましたか?
A:再発してないです。もしかたら口唇ヘルペスとかそういうのがあらわれるかもといわれましたが2年程度経過している今でも再発する感じはないですね。私自身も再発しないように意識してストレスためないようにしたり、食事にもきをつかっているので。

【関連記事→バルトレックスで治療してみた:体験談
【関連記事→バルトレックスジェネリックで治療してみた:体験談

ゾビラックスの体験談その4:M,Rさん40歳女性

Q:どのような症状で使用したのですか?
A:角膜ヘルペスです。初めての感染です。

Q:ゾビラックスを使用したきっかけは?
A:病院で処方されました。錠剤とクリーム両方使用して治療しました。

Q:他のヘルペス治療薬は試したことがありますか?
A:ないです。デリケートな病気なので下手に別の薬を使いたいとはおもいませんでした。

Q:ゾビラックスの副作用はどうでしたか?
A:錠剤に関してとくにありませんが、クリームに関しては直接目につけるので、つけた際に激痛がはしって最初のころはつらかったですね。ただ、それも治癒していくうちにだんだんと無くなりました。

Q:ゾビラックスを使ってみて効果はありましたか?
A:あります。おかげで失明までは防ぐことができました。2週間程度で治癒しました。

Q:ゾビラックスを服用するタイミングは?
A:錠剤は朝食後、昼食後、夕方、夕食後、寝る前に服用していました。クリームは1日2回朝と寝る前にぬっていました。

Q:ゾビラックスでの治療後、再発しましたか?
A:再発してないです。再発が怖いので継続してゾビラックスは服用するようにしています。

【関連記事→バルトレックスで治療してみた:体験談
【関連記事→バルトレックスジェネリックで治療してみた:体験談

ゾビラックスと副作用が似ている薬

ゾビラックスの主成分であるアシクロビルが使用されている薬は数多くあります。そして、それらの薬はゾビラックスと似たような副作用が現れます。また、併用禁忌薬や副作用を重症化させてしまう行為も同様であるため、以下に紹介する薬を使用する際はゾビラックスと同様に気をつけましょう。

・アイラックス
・ビクロックス
・ビルヘキサル
・ビルレクス

これらに共通しているのはすべてヘルペスウイルスに関連する病気で使用される薬であるところです。なので、ヘルペス治療をする際はゾビラックス同様の副作用にきをつけなければなりません。ゾビラックスの副作用と同じような症状が現れたら、はやめに対処しましょう。

ゾビラックス200を病院で処方してもらう

まずヘルペスを発症したら皮膚科もしくは性病科へ行きます。そこで問診票を記入し、診察をうけます。性器ヘルペスの場合はもちろん医師に局部を診せる形になります。そして、そこでヘルペスと診断されたらゾビラックスの処方箋をもらうことができます。

その処方箋を薬局などへ持っていきゾビラックスを購入します。ゾビラックスには錠剤いがいにも顆粒、軟膏タイプもあるので、症状や大人や小児かによって処方されるものが変わります。価格は保険がきいて診察料もふくめて、

1週間分で7,500円~8,000円程度になります。服用量が多い分金額も高額です。ただ、重篤な副作用を起こした際に病院であればすぐに対処してもらえるのでゾビラックスを使用したことがない人は病院で入手することをおすすめします。

ゾビラックス200は通販で安く購入

ゾビラックス200を通常病院で処方してもらうとなると、純粋に薬代だけでも、1錠221円もかかります。一方通販なら1錠81円で購入することができます。1日5錠も服用するとなると1日で約700円程度損をしていることになります。

平均的に性器ヘルペスや口唇ヘルペスは最低でも治癒までに7日間かかりますその治療期間だけで4,900円も差があります。ヘルペスは年に何回か再発する病気なので、これが年に何回も続くと思うとかなり大きな損失ですよね。

その上、通販サイトではゾビラックスのジェネリック、アシビルDTとアシビルクリームを扱っています。アシビルDTは1錠56円とさらに安く購入できます。アシビルクリームはゾビラックスやバルトレックスなどの錠剤タイプが身体に合わない人や、併用禁忌薬を使っている人でも使える治療薬なのでそういった人達にとてもおすすめです。また、使用方法や副作用など詳しく知りたい場合は相談窓口もあるので、そちらに問い合わせてみる事もできます。

ゾビラックスの副作用の対処法

ゾビラックスの用法用量を間違えてしまったり、身体の不調でゾビラックスの副作用が強く出てしまうときがあります。早めに重い副作用を対処しなければ最悪、入院することになってしまうのできちんと対処しましょう。では、ゾビラックスの副作用の対処法はどんなものがあるか見ていきましょう。

副作用は医療機関へ相談する

まず、医師に相談しましょう。一番危険なのが、自己判断で服用をやめてしまったり、飲み続けてしまうことです。違和感を感じた際に服用をやめる人はいるかと思いますが、ゾビラックスの場合、勝手に服用をやめてしまうと、ヘルペスウイルスに薬剤耐性ができてしまいます。

なので、ゾビラックスを服用して、違和感を感じた場合は、医師からの判断なしに服用をやめることはしないようにしましょう。自身の病状や担当医の治療の方針によって、服用をやめずに量を減らしたり、似たような効果のある薬に変えたりするなど人によって対応が異なります。

いくら知り合いでヘルペスにかかったことがある人がいても、その人の治療方法と自身の治療方法が当てはまるとはかぎりません。また、人によってゾビラックス自体が体質に合わず、副作用を引き起こす人もいます。そのため、服用をやめてもデメリットがあったり、

服用し続けても体質に合わなければ強く出てしまうことがあるため、自己判断せずに必ず医師にそうだんしましょう。また、相談する際は、なるべくかかりつけの医療機関に行くことをおすすめします。かかりつけの医療機関であれば過去の病歴などに基づいて、的確に対処してくれます。

お薬の相談機関を利用する

では、日祝日など病院が休みの日に副作用による不調を感じたら、どのように対処したらよいでしょう。あくまでも症状が軽い場合にのみに限りますが、インターネットで調べてみるという方法があります。ただ、真偽のはっきりしない情報が多いため、

必ず医師の監修のある記事や、情報元がはっきりしているものを参考にしましょう。もっとも確実な方法は専用の相談窓口へ相談することです。主な相談機関として、医薬品医療機器総合機関、日本薬剤師会、日本製薬工業協会があります。

医薬品医療機器総合機関は月~金曜日の9時~17時(祝日、年末年始は休業)までくすりに関する相談を受け付けています。日本製薬工業協会では、同協会に登録されている各製薬会社の薬に関する相談窓口の連絡先の一覧が掲載されているので、

自分の使用している薬のメーカーがわかる場合、直接メーカーに問い合わせることができます。受付時間は各社よって異なります。

ゾビラックスまとめ

いままで紹介してきたゾビラックスの事をまとめると以下の通りになります。
◆ゾビラックスのまとめ
・ゾビラックスの薬価は治療薬の中で最安値
・ゾビラックスは通販で購入するのがお得→【関連記事→ゾビラックスを通販で安く購入
・ゾビラックスジェネリックはもっと安い→【関連記事→ゾビラックスジェネリックの紹介
・ゾビラックスは副作用がほとんどない→【関連記事→ゾビラックスの副作用
・服用方法は1日5回【関連記事→ゾビラックスの服用方法
・ゾビラックスクリームは万能(効果抜群!副作用ほとんどなし!)【関連記事→ゾビラックス軟膏は万能

ゾビラックスは服用回数が多いのがデメリットですが、副作用もほとんど感じずに確実に治療することができます。体質によっても異なりますが、ゾビラックスを使った方が再発しにくくなったという声も多くききます。

再発する回数が減るといちいち治療薬を購入しないですむため、長い目で見るとかなりお得です。ヘルペスを絶対再発させたくないと思う人はゾビラックスを強くおすすめします。また、体質上ゾビラックスが体に合わない人や併用禁忌薬を使用している人でもゾビラックスクリームであれば身体にいれないため副作用をほとんど感じずに使用することができます。

錠剤よりは治癒するまで時間はかかりますが、確実に治癒することができます。バルトレックスにはクリームタイプがないのでバルトレックスが合わない人もゾビラックスクリームであれば使用することができます。

ゾビラックスクリームにはジェネリックのアシビルクリームがあるので、それも効果がほとんど同じなのでより安さを追求したい人はアシビルクリームを購入するとお得です。


ゾビラックスの関連記事まとめ

ゾビラックスの基本情報以外のゾビラックスの関連記事をまとめてあります。

ゾビラックスのジェネリックの紹介

ゾビラックスのジェネリックの紹介

ゾビラックスのジェネリック医薬品でアシビルDTとアシビルクリームがあります。主成分はアシクロビルな…

詳細はこちら>>


ゾビラックスとバルトレックスの違い

ゾビラックスとバルトレックスの違い

ゾビラックスのアシクロビルを改良し吸収率を高くしたのがバルトレックスです。バル…

詳細はこちら>>


ゾビラックスの服用回数が多い理由

ゾビラックスの服用回数が多い理由

ゾビラックスの服用回収が多い理由はゾビラックスの主成分であるアシクロビルの効果の持続時間が短いから…

詳細はこちら>>


ゾビラックスの耐性化とは?

ゾビラックスの耐性化とは?

ゾビラックスの副作用の一つで「耐性化」があります。耐性化とはヘルペスウイルスがゾビラックスに対して耐性を持ち…

詳細はこちら>>


ゾビラックスの副作用への対処法

ゾビラックスの副作用への対処法

ゾビラックスはほとんど副作用のでない薬ではありますが、薬として効果がある限り全くないとは…

詳細はこちら>>


ゾビラックスの副作用の強さは?

ゾビラックスの副作用の強さは?

ゾビラックスの副作用つよさは実際のところどのくらいなのでしょうか。成人、妊婦、子供、高齢者、成分量別でそれ…

詳細はこちら>>


ゾビラックスの効果をあげる方法

ゾビラックスの効果をあげる方法

再発を繰り返すヘルペスをより早く、確実に治療したいと考える人もいるのではないでしょうか。通常の…

詳細はこちら>>


妊婦はゾビラックスは使用できる?

妊婦はゾビラックスは使用できる?

妊娠中は風邪薬でさえも使用してはいけないといわれています。ゾビラックスも例外ではなく…

詳細はこちら>>


お年寄りはゾビラックスを使用できる?

お年寄りはゾビラックスを使用できる?

ゾビラックスは副作用が少ない薬なので高齢者でも服用することができます。ただ、高齢者の場合…

詳細はこちら>>



コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペス対策や特徴、通販を紹介
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用期間
バルトレックスはとても優れたヘルペス治療薬ですが、きちんと服用期間を守らないと…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスとは
ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスのQ&A
ヘルペスQ&A
ヘルペスに関する疑問をQ&A形式で説明していきます。…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…
性病の種類
性病の種類
性病の種類は厳密に言うと把握されているだけでも100種類以上ありま…

バルトレックスの通販はこちら