ゾビラックスの副作用を紹介。ゾビラックスは副作用が少ない安全な薬であり、ヘルペスを発症した際に使います。

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. ゾビラックスの副作用

ゾビラックスの副作用とは?

ゾビラックスの副作用とは

口唇ヘルペス性器ヘルペスを発症した際に使う治療薬のゾビラックス。副作用は少なく比較的安全といわれています。しかし薬でありますから体質によっては起きてしまう事もあるので、特に持病やアレルギーをお持ちの方は必ず医師等に相談してから服用をしてください。

多くは下痢・腹痛・めまい・吐き気などが報告されています。このように起きたとしても軽度の症状ですからしばらく時間が経過すればおさまるので問題はありません。ただ中には重い症状が出てしまうこともあり、気を付ける必要があります。仮に起きた場合は使用を中止して医療機関で診察を受けましょう。その重い副作用はどのようなものがあるかを一部列挙してみました。起きることは稀ですが、よくヘルペスが再発しゾビラックスを使う機会が多い方は覚えていて損はないかと思います。

  • ・アナフィラキシーショックにより呼吸困難・皮膚疾患(かゆみや蕁麻疹の発生)・動悸・意識の混濁などが起きることも。
  • ・急性腎不全によりむくみや血尿などが現れる事があります。
  • ・肝機能障害が起き、黄疸・皮膚のかゆみ・肝炎が起きることも。

ゾビラックスの副作用で意識不明!?

ゾビラックス自体は副作用が少なく、使用しやすい薬でありますが、稀に意識障害がおきることがあります。 意識障害の副作用が強くでやすい人は腎臓が弱かったり、高齢であったり、用法用量を守らずに服用しているひとが多いとされています。 もし、用法用量をきちんと守り、服用した際のにも関わらず、記憶が飛ぶ、 話している内容のつじつまがあわない、ごはんを上手く食べることができないのであれば、 ゾビラックスの副作用を疑いましょう。持病のため、独断で服用をやめることができない場合、 かかりつけの医療機関へご相談することをおすすめします。

また、特に副作用が強くでやすいのがゾビラックス200㎎配合の製品です。もし200㎎のものを服用する場合、通常よりも多く水分を取ることをおすすめします。 ただ、持病などの関係で水分量の制限などされている場合は必ず担当医へ相談してください。 また、錠剤が体にあわないと感じた人はゾビラックスの軟膏もあるので、軟膏の場合、体の中に入れないぶん副作用がよわいため、そちらを試してみるのもいいかもしれません。

ゾビラックスの副作用~比較表~

ゾビラックスには200mg、400mg、800mgがあります。それぞれ、副作用はどのようにあらわれるのでしょうか。簡単にまとめた表があるので、ゾビラックスを購入する際は参考にしてみてください。

ゾビラックス 200mg 400mg 800mg
メリット 200mg、800mgと比較すると副作用がほとんど出ない 副作用は多少あるが、高い効果を実感することができる 服用回数が200mgよりも少ない。効果は抜群に高い
効果 初期段階のヘルペスに効果あり 症状が初期よりも進行しているものに効果あり 主に帯状疱疹や進行したヘルペスに効果あり
副作用の発生率 低い 中程度 かなり高め
値段 25錠入りで2,250円
50錠入りで4,050円
50錠入りで6,300円
100錠入りで11,340円
25錠入りで6,300円
50錠入りで11,340円

※値段はおくすりナビを参考にしました。

ゾビラックスの副作用で腎機能障害

ゾビラックスの副作用の一つとして腎機能障害があります。ゾビラックスによる腎機能障害に関する論文は数多く発表されており、発症する人の多くが高齢者です。その原因は加齢による腎機能の低下によってひきおこされているとされています。このような副作用が起きてしまうメカニズムは、まず、ゾビラックスを服用することによって血中のアシクロビルの濃度が上昇し、なんらかの原因で脱水など、尿量の減少によってアシクロビルが結晶化を起こします。そして、その結晶化したアシクロビルが尿際血管を防ぐことによって腎機能障害をひきおこすのです。脱水症状以外でも、静脈注射によって結晶化が引き起こされることもあるそうです。

ゾビラックスの副作用で腎機能障害

ゾビラックスの副作用の一つとして腎機能障害があります。ゾビラックスによる腎機能障害に関する論文は数多く発表されており、発症する人の多くが高齢者です。その原因は加齢による腎機能の低下によってひきおこされているとされています。このような副作用が起きてしまうメカニズムは、まず、ゾビラックスを服用することによって血中のアシクロビルの濃度が上昇し、なんらかの原因で脱水など、尿量の減少によってアシクロビルが結晶化を起こします。そして、その結晶化したアシクロビルが尿際血管を防ぐことによって腎機能障害をひきおこすのです。脱水症状以外でも、静脈注射によって結晶化が引き起こされることもあるそうです。

ゾビラックスの耐性化

副作用といえるものではないですがヘルペスウイルスはゾビラックスに対し耐性を持つことが確認されています。抗生物質ではそういった話は聞きますが、抗ウイルス薬でもそのような事が?とびっくりしてしまいますね。ゾビラックスの作用というのはウイルスがDNA合成を行う事を阻害するというものです。しかし耐性を持ったウイルスはDNA合成をするための酵素が変化しているため、ゾビラックスで阻害出来なくなってしまいます。きっちりと型が合わなくなる、ということですね。

そのため長期間ゾビラックスを使うことは控えた方が良いと思います。ある時からあまり効き目が無くなってきたなと思ったのであればそれはヘルペスウイルスがゾビラックス耐性を持ってしまった可能性が考えられます。なんらかの副作用ということでは無いのでそういった場合は一度医療機関へ相談をした方が賢明です。

ゾビラックスの耐性化への対処法

では、万が一ゾビラックスに耐性ができてしまったらどう対応すればよいのでしょうか。まず、最初にすることは、みずからの生活習慣の見直しや、体質を改善させ、ヘルペス菌が繁殖しにくい環境づくりをします。そして、別の成分が配合されている、ヘルペスウィルスに効果のある薬を服用するすることになります。そこで気をつけなければならないことは、必ず独断で服用を中断せずにきちんとまもられた期間に服用することです。

ヘルペスは再発しやすい病気の一つでもあります。ヘルペス菌は一度感染すると、症状はおさまっても体のどこかにひっそりと残っているので、一時的に症状がおさまり、治ったと思い薬を中断するとますますヘルペスが悪化してしまうので絶対に医師の判断なしで中断することはしないようにしましょう。

どんなに薬を決められた期間にのみきっても、ヘルペスは再発を繰り返しやす病気です。なので、完治できない分、再発しないように気をつけることが大切です。

なぜ副作用が起きるのか。

副作用のない薬はこの世にないといっても過言ではないくらい、薬を服用するときに、副作用はきっても切れない存在でもあります。副作用はいわば、薬の効果の裏返しです。副作用が起こる要因には次のようなものがあります。

・薬に対する過剰反応
・服用量を超えて薬を使用している場合
・治療箇所以外で薬が作用した場合
・食べ物や飲み物と薬との食べ合わせ

では、それぞれ、どのように体に作用しているのか紹介します。
1つ目は薬に対する過剰反応について。いくら服用量を守っていても、人によってはその薬自体が体質に合わず、健康上のトラブルを招くことがあります。よくある症状として、アナフィラキシーショックがあります。アナフィラキシーショックは人によっては死にいたる重大な副作用の一つです。もし、すこしでもチアノーゼがでたり、意識朦朧などの症状を感じた場合、アナフィラキシーショックの可能性が高いため、十分に気をつけましょう。

2つ目、服用量を超えて薬を服用してしまう場合。薬にはきちんと1日の服用量が決められています(ゾビラックスの場合1日5回)。服用量はその人の年齢や、体系、健康状態によって決められているため、同じ人物に対して、同じ薬を処方する際にも、処方される量が異なるときがあります。その適切な服用量を超えた時に副作用が生じます。

薬には「効果が良い影響として出る領域」と「効果が悪い影響として出る領域」、「全く効果を感じない領域」があります。薬の血中濃度が低すぎてしまうと「全く効果を感じない領域」のままでとどまってしまうため、効果は全く現れません。しかし、逆に血中濃度が高すぎてしまうと悪影響として体に現れてしまいます。このように、薬の量は効果が出て、かつ無害な領域の量でとどめないと薬として意味がないのです。

3つ目、本来とは異なる場所に作用した場合。血液の循環によって薬の成分は体中に運ばれるため、治療する部位以外にも、さまざまな場所に薬の影響を与えます。よって目的としている場所いがいに薬の効果が作用します。ゾビラックスに関しては、腎臓に影響を与えるとされています。

4つ目、食べ物や飲み物と薬との食べ合わせによる場合。食べ物に含まれている栄養素が薬の成分と結びつき、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。ゾビラックスの場合、食べ合わせの悪いものはとくにないとされていますが、物によっては影響のあるものもあります。

ゾビラックスの副作用を発症したときの対処法

ゾビラックスを服用していて、いつもと比べると体に違和感を感じた場合はどのように対処したらよいのでしょうか。自己判断で服用をやめてもいいのか、それとも、そのまま飲み続けた方がいいのでしょうか。突然の副作用にどう対処したらよいのか戸惑う人も多いかと思います。ここでは、実際にゾビラックスの副作用を発症した際の対処法を紹介したいと思います。

まず、医師に相談しましょう。一番危険なのが、自己判断で服用をやめてしまったり、飲み続けてしまうことです。違和感を感じた際に服用をやめる人はいるかと思いますが、ゾビラックスの場合、勝手に服用をやめてしまうと、ヘルペスウイルスに薬剤耐性ができてしまいます。なので、ゾビラックスを服用して、違和感を感じた場合は、医師からの判断なしに服用をやめることはしないようにしましょう。自身の病状や担当医の治療の方針によって、服用をやめずに量を減らしたり、似たような効果のある薬に変えたりするなど人によって対応が異なります。

なので、いくら知り合いでヘルペスにかかったことがある人がいても、その人の治療方法と自身の治療方法が当てはまるとはかぎりません。また、人によってゾビラックス自体が体質に合わず、副作用を引き起こす人もいます。そのため、服用をやめてもデメリットがあったり、服用し続けても体質に合わなければ強く出てしまうことがあるため、自己判断せずに必ず医師にそうだんしましょう。また、相談する際は、なるべくかかりつけの医療機関に行くことをおすすめします。かかりつけの医療機関であれば過去の病歴などに基づいて、的確に対処してくれます。

では、日祝日など病院が休みの日に副作用による不調を感じたら、どのように対処したらよいでしょう。あくまでも症状が軽い場合にのみに限りますが、インターネットで調べてみるという方法があります。ただ、真偽のはっきりしない情報が多いため、必ず医師の監修のある記事や、情報元がはっきりしているものを参考にしましょう。もっとも確実な方法は専用の相談窓口へ相談することです。

主な相談機関として、医薬品医療機器総合機関、日本薬剤師会、日本製薬工業協会があります。医薬品医療機器総合機関は月~金曜日の9時~17時(祝日、年末年始は休業)までくすりに関する相談を受け付けています。日本製薬工業協会では、同協会に登録されている各製薬会社の薬に関する相談窓口の連絡先の一覧が掲載されているので、自分の使用している薬のメーカーがわかる場合、直接メーカーに問い合わせることができます。受付時間は各社よって異なります。

ゾビラックスの効果について

ゾビラックスの効果について

世界初の抗ウイルス薬」としても有名なゾビラックス。これまで細菌に対しては抗生物質を使い撃退出来ていました。しかしウイルス性の疾患には対抗手段が無く、もう出来ないのではないかとさえも言われていたのです。しかしグラクソ・スミスクライン社の前身であるバローズウェルカム社の研究所にて、念願の抗ウイルス薬であるアシクロビル(ゾビラックスの有効成分)が開発されたのです。

開発者のガートルード・エリオン博士はゾビラックス以外にも新薬を開発し、合計で8種類にも及びます。ほとんどの学者・研究者は新薬を1種類開発出来るか出来ないかというレベルの話なので、いかにすごい事であるかがお分かりでしょう。その後ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。薬には色々な背景があり、情報を探してみると面白いエピソードが色々とあります。

少々逸れてしまったので話を本題に戻し、ゾビラックスはどのような効果をもたらしてくれるのかを改めてご説明していきます。ウイルスが原因であるヘルペスの症状に効果を発揮。口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純ヘルペスウイルス」、水ぼうそうと帯状疱疹の原因になる「水痘・帯状疱疹ウイルス」に効果があり症状を鎮めます。

あらゆるヘルペスに効果的なため、ヘルペスといえばゾビラックスといわれ多くのヘルペス患者に使用されていましたが、現在はバルトレックスの処方が主流になったためあまり選択される事は無くなりました。しかしバルトレックスは値段が高いので、比較的安いゾビラックスを選ばれる方も未だに多くいらっしゃいます。

ゾビラックスは服用回数が多い

ゾビラックスは確かにヘルペスの症状をおさえるとてもいい薬なのですが、服用回数が多いという点が多少ネックです。1日に5回(1回1錠)も服用しなければならず、しっかりと時間を決めていなければ飲み忘れてしまう事もあるようです。なぜ1日に5回も飲まなければならないかもちろん理由があります。

有効成分であるアシクロビルは水に溶けやすく分解されやすいためおよそ5時間しか効果が継続しません。そのためヘルペスウイルスの増殖を止めるにはアシクロビルの濃度を減らさないよう回数を多くする必要があるのです。だいたいの薬は多くても3回、少ないものだと1日に1回というものもあるので、少し面倒に感じてしまうかしれません。ゾビラックスを使う際は回数をしっかり意識するのが重要です。

飲むタイミングとしては出来るだけウイルスの少ない段階で服用することで症状の悪化を防げます。ウイルスの増殖がピークを迎えてしまうと完治まで時間が掛かるためです。特に再発された方は独特の痛みがサインなので、確認次第すぐに飲むと軽度で済むでしょう。発症から3日がヘルペスウイルスの増殖がピークであると言われていますので小さな水ぶくれが出来て痛い、というのであればゾビラックスを使っておいて損はないです。

ただしゾビラックスを服用してもウイルスを完全に死滅させることは出来ません。これはウイルスが体内に潜伏してしまうためです。増殖を抑えるという作用のためウイルスを殺す事が出来ないというのも理由の1つになります。口唇・性器ヘルペスであろうとも、高い確率で1度は再発するとされています。

ゾビラックスの購入方法

ゾビラックスの購入方法

ゾビラックスは医療機関を受診した際に処方してもらうことが出来ます。処方箋医薬品のため薬局では販売されていません。必ず医療機関へ行きましょう。ゾビラックス自体の値段は安いのですが、受診料や処方料が追加でかかりますし、近所に医療機関が無い場合の交通費や待ち時間も考えなければなりません。

医療機関は薬の使い方や副作用、症状がどのくらい進行しているかを教えてくれるため、とても参考になるというメリットがあります。しかし費用面を見ると結構かかってしまいますよね?もっと安く済ませる方法は無いのか?というとそんなことはありません。海外からゾビラックスを購入すればいいのです。個人輸入を自身でやるのもいいですがちょっと面倒なので、ネットショッピング的な方法で購入してみましょう。海外医薬品の通販がそれにあたります。

通販を利用する事も個人輸入として扱われますので処方箋は必要ありません。またインターネットが可能な環境が整っている、20才以上であれば誰でも利用することが可能です。送料がかかったり購入から到着まで10日前後かかってしまう場合がありますが、医療費に比べると安いですし何より手間がかかりません。

ヘルペスはいつ再発するか分からないので、常備する事は難しいですゾビラックスを常備しておきたいところですが、それは難しいです。なぜなら医療機関では治療分のみしか処方されないため。しかし通販で処方箋医薬品を購入する場合、1ヶ月分の量を注文出来ます。ただゾビラックスは医療機関で処方されるものとなんら変わりがありません。医師から処方されるわけではなく、自己責任になるので効果と副作用はしっかり理解してから購入をしましょう。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら