バルトレックスの症状別の服用間隔を紹介。服用間隔は簡単です。

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. バルトレックスの服用間隔

バルトレックスの服用間隔の紹介

バルトレックスはヘルペス治療で使われる主な薬の一つです。しかし、バルトレックスの服用方法は難しく、症状によって服用間隔が異なります。バルトレックスは病院で処方される以外にも通販から入手することができる薬です。時間も気にせずに購入できる通販は便利ですが、医師からの指導がないため「本当に飲み方があっているのか?」と不安に思うかもしれません。

バルトレックス自体、性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹などヘルペス菌によって発症する様々な病気を治療する際に効果を発揮する薬です。それゆえに症状ごとに服用回数や服用量がことなるため、一見取扱いの難しい薬のように思われますが、一度覚えてしまえばとても簡単に使用することができます。ただ、どの症状でも共通して守らなければいけないことは、症状が現れたらはやく服用することです。バルトレックスは菌の増殖を抑える薬であるため、早ければ早いほどヘルペスの影響を受けずに済むことができます。では、それぞれの服用方法を見ていきましょう。

バルトレックスの服用間隔~性器ヘルペス編~

性器ヘルペスの場合、初発時、再発時、再発予防時と場面によって服用方法がことなります。初発の場合、500mgを1日2回(1回を1錠とする)服用し、服用期間は症状によっても前後しますが、5日~10日の間とされています。再発の場合、初発の時よりもヘルペスウイルスに薬剤に対する耐性が付いているため症状が強くあらわれることもありますが、服用量・服用期間は初発時と同じです。

ヘルペスの再発を防ぐ方法の一つとして、再発する前に予防としてバルトレックスを服用する方法があります。その場合は、服用量は1日1回1錠で服用期間は1年間と長期間になります。この方法で100%再発を防止できるとは限りませんが、再発した際に症状を抑えることができます。また再発を繰り返しやすい病気であるため、飲み方にもコツがあります。それは、食後に服用することです。基本的にバルトレックスは食前後の影響はない薬ですが、食後の方が吸収率が高まるため、食後に服用することをオススメします。

バルトレックスの服用間隔~口唇ヘルペス編~

口唇ヘルペスの場合も性器ヘルペスと同様の服用量です。服用期間に関しては性器ヘルペスよりも短く5日前後としています。口唇ヘルペスの場合、性器ヘルペスと比較すると、再発率は低いです。しかし、一度ヘルペスウイルスに感染してしまうと、ウイルス自体は半永久的に潜伏しているため、油断は禁物です。口唇ヘルペスの再発の兆候として口のまわりにかゆみやむずむずとした違和感を感じるようになります。すこしでも違和感を感じるようでしたらすぐにバルトレックスを服用しましょう。

バルトレックスの服用間隔~角膜ヘルペス編~

主に角膜移植が原因で発症するタイプのヘルペスです。角膜ヘルペスの場合、角膜ヘルペスは症状が進行しなければ診断されない事が多いため、初期段階ではバルトレックスは処方されない場合があります。服用量は、口唇ヘルペスや性器ヘルペスと変わりません。ただ、角膜ヘルペスでバルトレックスが処方される場合はかなり症状が進行している状態でもあります。そのため、薬の服用をやめてしまうと、100%の確率で再発してしまうこともあるため、予防として半永久的にバルトレックスを服用しなければなりません。角膜ヘルペスは進行も早く、最悪の場合失明にいたる場合もあるため、医師から言われた量はきちんと飲み切りましょう。

バルトレックスの服用間隔~帯状疱疹編~

帯状疱疹もおなじヘルペスウイルスによって発症するため、治療の際にバルトレックスが使われます。帯状疱疹の場合、他の症状よりも服用量がおおくなります。1日3回(1回2錠)として服用します。服用期間は約10日程度です。また、子供が発症した場合は、体重が40kg以上であれば成人と同じ服用量で問題ありません。しかし、それ以下の場合は体重1kg×25mgを3回に分けて服用します。ただ、あくまでもおおよその目安であるため、子供にバルトレックスを服用させる場合は必ず、医師へ相談しましょう。

バルトレックスは服用間隔を守らないと完治しない

ヘルペスを治療する上で重要となってくるのが、薬の服用間隔です。薬の効果が感じられないからといって、服用量を勝手に増やしたり、逆に症状が治まってきたからといって、勝手に服用をやめたりする事は絶対にしないようにしましょう。とくに、バルトレックスはきちんと処方された分を服用せずに中途半端にしておくと、ヘルペスウイルスに薬剤耐性ができてしまいます。

バルトレックス自体が効かなくなってしまうことがあります。耐性を持った菌ができてからヘルペスを再発すると、初発よりも深刻な症状となり、なかなか症状が治まらないために、ヘルペスによる水ぶくれの跡が残ってしまう人もいます。もし、バルトレックスを服用している際に違和感を感じたり、効果を感じられないと思った人は、自己判断せずにかかりつけの病院に相談にいきましょう。症状や医院の治療方針によって違うため、自身は薬の服用をやめていいのか、減らしたりしてもいいのかなどの判断をしてもらいましょう。自己判断よりは確実に自分の体にあった治療を進めることができます。

バルトレックスの情報

男性医師

バルトレックスとは世界で6位の規模と売上を持つ、イギリスに本社があるグラクソ・スミスクライン社が製造・販売しているヘルペス治療薬です。その他有名な製品には同じヘルペス治療薬であるゾビラックスもそうですし、前立腺肥大症の治療に使うアボルブや同じ成分であるAGAの治療に使うザガーロも主力です。

OTC医薬品(処方箋のいらない市販されている薬)ではコンタック(風邪薬)やポリデント(入れ歯用洗浄剤)など有名な商品の販売も行っている会社であり、信頼も実績もある会社です。日本でも広く名の知られている製薬メーカーと言って良いでしょう。

口唇ヘルペス・性器ヘルペス・帯状疱疹とどのヘルペスにも効果があり、特に帯状疱疹の治療は従来までの長い治療期間が短くなり負担をかなり減らす事が出来ます。ゾビラックスで治療を行う場合、服用回数は1日5回も必要で、単純に計算すれば4時間おきに薬を飲まなければ、きちんとした効果を得る事が出来ませんでした。

しかしバルトレックスの服用間隔は回数が減ったため負担の軽減が可能となったのです。単純ヘルペスであれば1日2回。帯状疱疹であれば1日3回です。発症から5日以内に服用すればウイルス増殖を最小限に抑える事ができ、早期回復を見込めます。今ではヘルペス治療の第一選択薬となっていますが、ネックなのが値段の高さ。そのためゾビラックスを選ぶ方も中にはいらっしゃいます。

バルトレックスで起きる副作用

鼻水に悩む女性

主成分のバラシクロビルは体内での吸収率が高くなっているので服用回数が少なくなったとても使いやすいヘルペス治療薬です。また副作用も少ないと言われています。そのためあまり異常が起きないとは思いますが、もしも副作用が起きてしまうとどのような症状が起きてしまうのか?この点についてご説明を致します。

一般的な薬と同じように吐き気・腹痛・下痢などの胃腸症状が報告されています。また皮膚に湿疹が出来たりする皮膚疾患なども起きるようです。例を挙げたようにさほど重篤な症状は現れません。ただ非常に稀ですが重い副作用が起きてしまう事もあるようですので十分注意をする必要があります。

例えば肝機能の異常。バルトレックスの主成分バラシクロビルは肝臓で代謝されるため比較すると起きやすくなるそうです。そのため肝機能が弱い方の使用は控えるように言われています。またバルトレックスのよるアレルギー反応がひどい時に起こるアナフィラキシーショックや皮膚症状の皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)などが発症してしまうようです。息苦しくなってきたなど、いつもとは違う様子が見られた場合はすぐに医療機関へ行き診断をしてもらいましょう。

バルトレックスの購入方法

ゾビラックスより服用間隔が少なくなったバルトレックスは医療機関で処方されなければ手にする事は出来ません。処方箋医薬品のためです。ドラッグストアなどでは販売されていません。また先程少し説明をしましたが薬価がとても高く、1錠あたりの金額が405.6円で、1日2回使うと単純計算で1日に800円程度かかります(保険適用されない場合)。薬の中ではかなり高額の部類なので保険を使わない場合かなりの費用を負担せねばなりません。

その場合ジェネリックを処方してもらうのが一番良いでしょう。現に多くの医療機関ではバルトレックスの処方に関してはジェネリックが選択されています。およそ半額程度で済むからです。利用者にとっても非常に助かります。しかし、なかなか医療機関へ行けない方、性器ヘルペスを発症しており行くのが恥ずかしいと思われる方。本来ならば恥すかしくても治療は必ず行わなければなりません。そんな悠長な事を言っている場合では無いのですがどうしても嫌だ!という頑固な方もいらっしゃるのです。

鼻水に悩む女性

そういう時におすすめなのが海外医薬品の通販。個人輸入として扱われるため、処方箋医薬品を手に入れる際に必要である処方箋を持っていなくても購入が可能で、インターネットが可能な環境であり、20才以上であれば誰でも入手することが出来るという方法です。海外のバルトレックスを購入するという形になり、500mg1錠の値段は150円前後!医療機関と比べるとかなりリーズナブルです。通販サイトにより選べる錠数が違い1錠×その錠数の値段が総額となります。

すると一見高く見えますが医療機関で処方されるよりも安いので購入する価値は大いにあります。海外のバルトレックスというだけで、処方されるものとまったく変わりません。ご安心下さい。処方されるよりも錠数が多いので常備薬としても重宝します。ヘルペスを再発されやすい方はわざわざ医療機関へ行くより時間の節約も出来るので通販の利用はかなりおすすめ出来ます。一度検討してみても損はありません。

通販なら安価なジェネリックも購入出来る

通販のメリットは時間の節約や常備しやすくなるというだけではありません。国内の医療機関でもジェネリックは処方されていますが海外製のジェネリックも購入出来るため、通販を利用されている方はこちらを選ぶ方も多いようです。1錠あたり150~190円で、多くの錠数を購入する事で単価が下がっていきます。再発されやすい方は最も多い錠数を購入されるとお得になるでしょう。

もちろん海外製バルトレックスのジェネリックの服用間隔も、国内の製品と同じように全く変わりません。効果や副作用もほぼ同じものなので、ゾビラックスよりも簡単に使えます。通販を利用されるのであればジェネリックの選択も費用の節約をする上で大きな役に立つと思います。

バルトレックスのジェネリック


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら