「感染させない・しないための対策」「再発を防止するための対策」「発症したときの対策」ヘルペスの対策で大切なのはこの3つ!

ヘルペス退治にバルトレックス

自分でできるヘルペスの対策

ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれができる病気で、日本人の多くの方がヘルペスに感染しているとされています。
1度発症してしまうと、症状が改善されてもウイルスが潜伏するため、再び発症する可能性が非常に高いものになります。
ヘルペスには「感染させない・しないための対策」「再発を防止するための対策」「発症したときの対策」をすることが求められます。

感染経路の遮断

感染経路の遮断 まずは「感染させない・しないための対策」ですが、口唇ヘルペスの場合、その多くは幼少期に感染します。
それはウイルスを持つ親などから直接頬ずりやキス、食器等によってうつってしまいます。その為、子供にウイルスを感染させないように、親が注意を払う必要があります。
特にヘルペスの症状が出ている場合は、感染力も強くなりますので、その時はいつも以上に注意が必要です。
性器にできる性器ヘルペスは性行為によって感染する場合がほとんどです。
その為、コンドームを使用する、不特定の人と同時に関係をもたないことなどができる対策としてあげられます。
また感染が発覚した場合は、速やかに薬で治療をし、性行為による感染も防ぐようにしてください。

再発率8割を絶対に軽視しない

「再発を防止するための対策」としては、日頃の体調管理があります。
ヘルペスは風邪や、ストレスが溜まった時など体が弱っている時に再発します。その為、疲労やストレスをためないことや、睡眠をきちんととることができる対策になります。
また、リジンとアルギニンと呼ばれる物質がヘルペスの発症を抑制する働きがあるとされています。
そのため、これらを食事やサプリによって日頃から補うことでヘルペスが再発しずらくすることは可能です。

発症時の対処

「発症したときの対策」としては、できるだけ早く薬を服用することです。
特に以前発症し、再発の恐れがあると感じる方は、ヘルペスの治療薬をストックしておくこともできる対策ではないでしょうか。
ヘルペスは早いうちに薬を飲むことで、その症状が長引くのを防いでくれるからです。
一度ヘルペスが発症したことがある人であれば、自宅に常備しておくことをおすすめします。
先述でも記載しましたが、ヘルペスの再発率は8割以上と非常に高いので、再発する前提で考えておくことが大事です。
また、一度も感染したことがない人でも、不特定多数の人と関係をもつ機会が多い人や、オーラルセックスをする人は、いつ感染するかも分からないので予め、常備しておくことを忘れないようにしましょう。
その場合は発症してない状態で病院などで処方してもらうのは難しいので、海外通販による個人輸入などを利用するととても便利です。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの効果効能と副作用
ゾビラックスの効果効能と副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック医薬品
バルトレックスのジェネリック医薬品
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
再発するヘルペスに感染
再発するヘルペスに感染
人に感染するヘルペスは全部で8種類あります。その中でも…
薬価を抑える個人輸入
薬価を抑える個人輸入
口の周りや性器に赤いブツブツや水ぶくれができるヘルペ…
高い効果と高い価格
高い効果と高い価格
帯状疱疹、水疱瘡、性器・口唇ヘルペスなどあらゆるウ…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
風俗が大好きな中年のサラリーマンです。今日はある日風…