ヘルペスの対策で大切なのはこの3つ!ヘルペスを感染させない・しないための対策、ヘルペス再発防止の為の対策、ヘルペス発症時の対策

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. ヘルペスの対策

ヘルペスの対策

ヘルペスの対策は大切です。ヘルペスは一度患ってしまうと、神経の奥まで感染してしまうため、 今の医学ではヘルペスの完治は難しいとされています。一番は感染しないように対策をとることが大切です。 しかし、どんなに感染しないように対策をとっても感染してしまうことがあります。

感染してしまった場合とらなければいけない対策は、他人に感染させないこと、症状が治まった際に再発しないようにすることです。今回は症状別に、 感染しないようにどう対策したら良いのか、また、感染後の対策はどのようにしたら良いのか症状別に紹介していきます。


ヘルペスの対策~口唇ヘルペスの対策~

口唇ヘルペスの主な感染経路はヘルペス患者が患部に触れた手で触ったものから感染したり、 ヘルペス患者とのキス、ヘルペス患者が使った食器などの共有によって感染します。 なので対策としては、家族など身近な人がヘルペスに感染していたら、 感染者の使っている物をさわったらきちんと手洗いをしてから、物を食べたり、粘膜部分を触ったりしましょう

また、本人自体に自覚はないが、ヘルペスと似たような症状をみかけたら、すぐに病院へ受診するように奨めましょう。 自身がヘルペス患者である場合の対策は、きちんと周囲にヘルペスであることを伝え、他の人に感染させないようにしましょう。 症状がおさまって一時的に完治した状態になっても、免疫が落ちると再発しやすくなるので、 日々の適度な運動や規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

また、ヘルペスに一度感染してしまっても、その後もきちんとバルトレックスなどの抗菌剤を服用していれば、 十分ヘルペス対策となるので、恋人とキスなどをしても感染する確率はぐんと低くなります。


ヘルペスの対策~性器ヘルペスの対策~

性器ヘルペスの場合、主な感染経路はセックスとなっています。 セックスの際に、相手の粘膜部分にヘルペスウイルスが何らかの原因によって付着することによって発症します。 また、自身が口唇ヘルペスなど他の部位に感染している場合、 その患部を触った手で性器に触れたりすると性器ヘルペスになります。

なので、自身が性器ヘルペスに感染している時は、 対策として、セックスの際にパートナーにコンドームを着用して行為に挑んでもらったり、 オーラルセックスなどをさせないようにしましょう。

また、洋式のトイレの場合、便座から感染する場合もあるので、 トイレに座る前にトイレットペーパーを便座に敷いたり、使用後に抗菌ティッシュなどで便座を拭くようにしましょう。 面倒にも思えますが、他人に感染させない対策もエチケットとして大切なことです。 再発の対策は口唇ヘルペスと同様、免疫力を高めることです。

ヘルペスの対策~角膜ヘルペスの対策~

角膜ヘルペスは主に、角膜移植や、免疫力の低下によって引き起こすとされています。 角膜で発症するため、比較的に他のヘルペスと比べたら他人に感染しにくい対イプです。 ただ、角膜ヘルペスの人は目薬などを常用している人は、その目薬にもヘルペスウイルスが付着している可能性もあるため、 使いまわさないようにしましょう。

また、角膜ヘルペスの場合、他のヘルペスと比較すると、失明の恐れも出てくるため、 一度発症したらずっと薬を服用し続けなければなりません。 なので、再発しないように対策するために必ず、処方された薬はきちんと飲み切りましょう。


ヘルペスに感染しない対策

ヘルペスに感染しない対策

ヘルペス感染の多くは、性行為もしくは幼少期の接触によって感染するとさ れています。なので、この二つの感染経路の対策をきちんとすれば感染率が ぐんと下がります。まず、性行為からの感染ではきちんとコンドーム をつかうようにしましょう。

また、なるべくクンニやフェラチオなど性器に直接口をつける行為はしない ようにしましょう。どうしてもしたいという場合はヘルペスの特性上免疫が 落ちた時に発症するので、 疲れている時や体調がすぐれない時はしないようにしましょう

そして、幼少期の対策はこれは自分自身というよりも、親がする対策になります。 まず、ヘルペスに感染したことがある親は絶対にキスをしたり、 粘膜が触れるよなことはしないようにしましょう

赤ちゃんに口移しでご飯を食べさせるのも感染率を高めるので控えることをお勧めします。 また、もっと徹底的に対策したいのであれば、よその子供との食べモノ 飲みのの共有などはやめるようにしましょう。


ヘルペスに感染した後の対策

ヘルペス感染後にとる対策は感染させない対策と再発させない対策です。 それぞれの対策ではどんなことを行ったらよいかいくつか紹介します。 再発しないように気をつけることも大切ですが、人に感染させないようにするのも 一つのマナーです。きちんと対策をとり、ヘルペスと上手なお付き合いをしましょう。

ヘルペスを感染させない対策

まず、一番はなるべく回し飲みや食べ物の共有をしないことです。 これは感染しない対策でもでてきましたが、ヘルペスは唾液からの 感染も十分にあります。もし、食べ物を共有したい場合は、 お皿に自分の分だけ小分けにしするとか、

自分の口がふれた物に他人の口が触れないように工夫しましょう。 また、性行為に関してもコンドームを使用するのはもちろん、 相手にヘルペスのキャリアがあることはきちんと伝えましょう。 お互い認識があるかないかでも感染率をぐんと下げることができます。

ヘルペス対策には食事の管理が大切

再発を防止するための対策

どんなに効果のある薬を服用していてもなんども何度もヘルペスを繰り返してしまうのには、 食生活に原因があるのかもしれません。ヘルペスは免疫力の低下によって引き起こしてしまいますが、 それ以外にもとある成分を摂取しすぎてるゆえにヘルペスを発症しやすくなっていることがあります。

また、逆にヘルペスに対して有効な栄養素もあります。ここではヘルペス対策で重要な 栄養分やヘルペスを悪化させてしまう栄養など、食事を通してどのようにヘルペスを対策すればよいかを説明したいと思います。


ヘルペス対策にはリジンが大事

リジンは食物からでしか摂取することができない必須アミノ酸の一つです。 リジンは私たちの体内でタンパク質を形成する重要な役割を担っています。 そのリジンはヘルペスを再発を抑制する効果を持っています。リジンが多く含まれている食材は乳製品、大豆製品、肉、魚です。

特に肉の中では牛の赤身部分、魚では鰹節におおくふくまれています。 これらの食材を使って自炊をしてもいいですし、外食する場合はリジンの含まれているものが多く 入っていそうな料理をえらんだりすればヘルペスを再発しにくい体づくりをすることができます。

しかし、どうしても忙しくてきちんとご飯を食べる暇がない人は、 リジンのサプリメントをおすすめします。サプリメントであればいつでも気軽に 服用できるので簡単にヘルペス対策をすることができます。

一部では育毛作用のあ るものとして売られていますが、中身はリジンを凝縮したサプリメントとなっているものもあります。 なかなか忙しくてきちんとした食事を摂取できないという人は是非サプリメントをかつようしてみてください。

ヘルペス対策にはアルギニンが敵

リジンとは逆にヘルペスを悪化させてしまう厄介な栄養素があります。それはアルギニンです。 アルギニンはヘルペスウイルスの好物であって繁殖の能力を高めてしまう作用があります。 ただ、摂取しなさすぎても逆にヘルペスを悪化させてしまうという厄介な代物です。

そんな厄介なアルギニンの一日の摂取量は2000mg~4000mgとされています。 アルギニンを多く含むピーナッツに換算すると約100g程度です。100gといえば柿の種の子袋程度の量であり、 1日に摂取しようと思えば無理なく摂取できる量でもあります。

ちなみにアルギニンが多く含まれている食材は先程でてきたピーナッツの他にも、 肉、魚、とリジンが多く含まれている食材と同じです。なので、 重要なのはどちらも過剰に摂取しすぎずバランスよく栄養素を摂取することです。

ヘルペス対策にはビタミンB群が大事

実はリジンはそれ単体ではうまく体内に吸収されることはありません。 リジンをヘルペス対策として体に取り入れるにはビタミンB群が必要になります。 とくにその中でもビタミンB6が必須であり、重要です。ビタミンB6が多く含まれている食材はマグロ、 牛レバー、さんまなどとなっています。

ただ、ビタミンB群もバランスよく摂取しなければならないので他のB1やB3などもきちんと摂取しましょう。 サプリメントから摂取することも可能ですが、なるべく野菜などの食物から摂取ることが大切です。

野菜や食物にはビタミン以外にもビタミンの吸収に役立つ物質や、良い作用を及ぼす成分がたくさん含まれています。 なので、免疫を向上させさらにヘルペス対策に効果を発揮します。

ヘルペスの対策は早期発見が大事

ヘルペス対策の中で大切なことの一つが「早期発見(治療)」です。 ヘルペスは初期段階、再発、進行した段階のもので治療方法や期間が異なります。 確かに一度ヘルペスウイルスに感染してしまうと、永久的にヘルペスウイルスが体内からなくなる事はありません。 しかし、早期に治療していれば治療期間も短く済むのでヘルペス特有の症状に悩まされる期間を短くすることができます。

では、ヘルペスの症状を早期に発見するにはどのような方法があるのでしょうか。 ポイントは大きく分けて2つあります。

ヘルペスの認知が大事

一つ目は、自分の身近な人にヘルペスウイルス を持っている人はいないか知ることです。現時点で症状が出ていなくてもヘルペスウイルス は神経の奥に潜伏しているため、ヘルペスウイルスの感染者の食べ物を一緒に食べる などした場合感染する可能性があります。

なので過去にそのような経験があった人は、ヘルペスの症状があらわれている人は高確率で ヘルペスウイルスに感染している可能性があるため早い段階で皮膚科などへ受診しましょう。 症状が現れていない人も潜在的にヘルペスウイルスを所有している可能性があるため、免疫を下げないように十分に気をつけましょう。

チクチクとした痛みに注意

そして、2つ目は、表面には症状が出ていなくてもチクチクとした針に刺された ような痛みやかゆみがある場合は注意が必要です。ヘルペスウイルスは神経に潜伏するため、 神経を通ってヘルペス特有の症状を発症させます。

その時にヘルペスウイルスが神経を通ると神経がウイルスによって炎症を起こし、 チクチクとした痛みやかゆみがでてくるのです。初期段階の人には判断しづらい症状ですが、 これはヘルペスを過去に発症したことがある人に有効な発見方法です。 もしこのような症状を感じたら生活習慣や免疫に問題がある可能性があります。 なので、きちんと規則正しい睡眠時間、栄養バランスを考えた食生活を心がけましょう。そうすれば、再発する可能性も低くなります。

帯状疱疹を早期発見して対策

帯状疱疹も口唇ヘルペスなどと同様、早期発見が大切です。 初期の症状は赤くぽつぽつと発疹が現れます。その見た目から虫刺されと間違えられやすく、 虫刺されだと勘違いして放置していたらとんでもないことになってしまったなんてことは意外と多くあります。

とくに症状が表れやすい場所は、目の上や頭、そして背中から腹部にかけてです。 初期段階の症状の特徴の一つとして「痛み」があります。大体「チクチク」、 「ピリピリ」などそのような症状として現れます。もし、そのよう違和感を感じた場合、すぐに病院に行きましょう。

また、子供が発症しやすい病気であるため、症状の表現方法がわからない 子供は症状が表面にでるまで気づかない場合が多くあります。なので、日頃からよくお子さんの様子を観察し、 その中で頭や体を搔くしぐさが多いなと感じたら帯状疱疹を疑ってみてください。 また、なるべく子供同士でも口飲みや食べ物の回し食いなどはさせないようにしましょう。

ヘルペスを発症した時の対策

発症した時の対策

どの病気でも同じことは言えますがもしもヘルペスを発症した場合、 出来るだけ早く薬を服用することが 最善の対策ではないでしょうか?特に再発の恐れがあると感じる方は、 ヘルペス治療薬をストックしておくことも有効です。ヘルペスを発症した場合、 早いうちに薬を飲むことで症状の進行と長引く事を防いでくれるため、 すぐに準備出来るのと出来ないとでは全然違います。

ヘルペスの再発率は8割以上と非常に高いので、 その前提で考えておくことが大事です。特に疲れやすいと自覚している方は要注意! 疲労の蓄積によって抵抗力が弱くなってしまうからです。 また、一度も感染したことがない人でも、不特定多数の人と関係をもつ機会が多い人や、 オーラルセックスをする人は、いつ感染するかも分からないので予め常備しておくことを忘れないようにしましょう。

ストックしておきたい場合、ヘルペスを発症していない状態で医療機関 へ行くと保険が効かないので全額負担をしなければなりません。先程ご説明した性器ヘルペスを 1年に6回以上再発される方には、抑制療法として保険が適用されますが月に6000円はちょっと高い と思われる方も多いでしょう。バルトレックスはかなり薬価が高いのですが、 再発予防には非常に有効なので背に腹は変えられません。

そういう時は通販を利用することで経済的な負担を軽減する事が出来ます。 個人輸入として取り扱われるので、海外のバルトレックスやゾビラックス、 バルトレックスのジェネリックが 購入出来るのでとても便利です。 いずれも処方箋が必要無く、医療機関で処方されるよりも安い 値段で販売されています。特にバルトレックスの場合は1000mg錠があるので、 これを半分にカットして使えばコストカットができかなりお得!

バルトレックスのジェネリックを購入する場合その値段は半額以下ですから、 より費用の負担が減ります。このようにヘルペス治療にあたっての選択肢が多くなるので、 利用してみる価値はあるでしょう。対策としても非常に有効です。もちろん保険は適用されませんが、 お好きなタイミングで注文が出来るのでストックするには最適!再発によるストレスもかなり減らせると思うので、 ぜひおすすめしたい方法と言えます。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら