ヘルペスの対策で大切なのはこの3つ!ヘルペスを感染させない・しないための対策、ヘルペス再発防止の為の対策、ヘルペス発症時の対策

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. ヘルペスの予防や対策

ヘルペスの対策

ヘルペスの対策は大切です。ヘルペスは一度患ってしまうと、神経の奥まで感染してしまうため、今の医学では完治は難しい病気とされています。一番は感染しないように対策をとることが大切です。しかし、どんなに感染しないように対策をとっても感染してしまうことがあります。感染してしまった場合とらなければいけない対策は、他人に感染させないこと、症状が治まった際に再発しないようにすることです。今回は症状別に、感染しないようにどう対策したら良いのか、また、感染後の対策はどのようにしたら良いのか症状別に紹介していきます。

ヘルペスの対策~口唇ヘルペスの対策~

口唇ヘルペスの主な感染経路はヘルペス患者が患部に触れた手で触ったものから感染したり、ヘルペス患者とのキス、ヘルペス患者が使った食器などの共有によって感染します。なので対策としては、家族など身近な人がヘルペスに感染していたら、その人の使っている物をさわったらきちんと手洗いをしてから、物を食べたり、粘膜部分を触ったりしましょう。

また、本人自体に自覚はないが、ヘルペスと似たような症状をみかけたら、すぐに病院へ受診するように奨めましょう。 自身がヘルペス患者である場合の対策は、きちんと周囲にヘルペスであることを伝え、他の人に感染させないようにしましょう。症状がおさまって一時的に完治した状態になっても、免疫が落ちると再発しやすくなるので、日々の適度な運動や規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。また、ヘルペスに一度感染してしまっても、その後もきちんとバルトレックスなどの抗菌剤を服用していれば、十分ヘルペス対策となるので、恋人とキスなどをしても感染する確率はぐんと低くなります。

ヘルペスの対策~性器ヘルペスの対策~

性器ヘルペスの場合、主な感染経路はセックスとなっています。セックスの際に、相手の粘膜部分にヘルペスウイルスが何らかの原因によって付着することによって発症します。また、自身が口唇ヘルペスなど他の部位に感染している場合、その患部を触った手で性器に触れたりすると性器ヘルペスになります。なので、自身が性器ヘルペスに感染している時は、対策として、セックスの際にパートナーにコンドームを着用して行為に挑んでもらったり、オーラルセックスなどをさせないようにしましょう。

また、洋式のトイレの場合、便座から感染する場合もあるので、トイレに座る前にトイレットペーパーを便座に敷いたり、使用後に抗菌ティッシュなどで便座を拭くようにしましょう。面倒にも思えますが、他人に感染させない対策もエチケットとして大切なことです。再発の対策は口唇ヘルペスと同様、免疫力を高めることです。

ヘルペスの対策~角膜ヘルペスの対策~

角膜ヘルペスは主に、角膜移植や、免疫力の低下によって引き起こすとされています。角膜で発症するため、比較的に他のヘルペスと比べたら他人に感染しにくい対イプです。ただ、角膜ヘルペスの人は目薬などを常用している人は、その目薬にもヘルペスウイルスが付着している可能性もあるため、使いまわさないようにしましょう。また、角膜ヘルペスの場合、他のヘルペスと比較すると、失明の恐れも出てくるため、一度発症したらずっと薬を服用し続けなければなりません。なので、再発しないように対策するために必ず、処方された薬はきちんと飲み切りましょう。

ヘルペスの対策を立てて再発予防

ヘルペスへの対策を立てて再発予防

ヘルペスは1度発症してしまうと、改善されてもウイルスが神経の奥に潜伏するため、体調を崩し抵抗力が弱まると、再発する可能性が非常に高い病気です。そのためヘルペスに対しては「感染させない・しないための対策」「再発を防止するための対策」「発症した時の対策」をすることが求められます。

この3つの対策を行うことでヘルペスの症状が再発する可能性はかなり軽減出来ます。人によってはしやすい方もいらっしゃいますし、またアトピー性皮膚炎の方は再発した場合症状が重くなりやすいので特に気を付けなければなりません。これより順を追ってご説明をしていきますので、他人事ではなく自身でもしっかりと実践し、もしも発症した場合は他人に感染させないようにしましょう。

ヘルペスに感染させない・しないための対策

まずはヘルペスに「感染させない・しないための対策」ですが、口唇ヘルペスの場合、その多くは幼少期に感染します。どういう事かと言いますと、それはヘルペスウイルスを持つ親などから直接頬ずりやキス、食器等によって感染するためです。そのため自身の子供が生まれた場合はウイルスを感染させないよう、注意を払う必要があります。特にヘルペスの症状が出ている場合は、感染力も強くなりますのでいつも以上に注意をして下さい。

とはいえスキンシップはとても大事です。我が子は可愛いですから小さい頃は特にしてしまいがち。ただ自身も幼少期の頃、恐らくなってしまった水ぼうそうにもなりやすい時期ですからその点は把握しておきましょう。ある意味では子供の頃になっていた方が良い症状ではあります(大人になってから発症すると重症化しやすいため)。

一方、性器ヘルペスは自身で発症する事はそんなにはありませんが、口唇ヘルペスを発症している場合、患部に触れた手を洗わずに性器に触れると性器ヘルペスとして発症する可能性はあります。ただそれは稀であり、大半の理由は性行為によって感染する場合がほとんどです。

性器ヘルペスに感染している相手と性行為を行った場合、約20%の確率のようですが楽観視するといつの間にかヘルペスの症状特有の痛みと痒みが襲ってきた、という状況に陥ってしまいます。幸い性器ヘルペスを発症した場合は目視出来るので、確認でき次第性行為を中断し、念のため一緒に医療機関で調べてもらった方が良いでしょう。

そのため性行為の際は必ずコンドームを使用する、不特定多数の相手と関係を持たない事などが対策として挙げられます。ちょっと気を付ければ出来るので、確実に行って下さい。また感染が発覚した場合は、速やかにバルトレックスなどのヘルペス治療薬を使って治療を行い、同時に性行為による感染も防ぐようにしてください。

ヘルペスを再発を防止するための対策

再発を防止するための対策

再発を防止するための対策」としては、日頃から体調管理を意識すると良いでしょう。なぜならばヘルペスは風邪やストレスが溜まった時など体が弱っている時に再発しやすいのです。疲労やストレスを溜めないこと、睡眠をきちんと取ることが予防対策として有効なので、出来る限り行って下さい。特に再発しやすい方は気にかけてみましょう。

再発防止には食事にも気を使ってみると良いかもしれません。リジンとアルギニンはヘルペスの発症を抑制する働きがあるとされています。そのため、これらを食事やサプリメントによって日頃から補うことで、再発が少なくなるようです。リジンは必須アミノ酸(体内で合成しにくいアミノ酸)、アルギニンはアミノ酸の一種で、特にリジンはヘルペス予防には欠かせません

どの栄養素もそうですが食事から取ることが一番いいので、リジンを多く含む肉や魚を食べましょう。また乳製品(チーズなど)や豆類も豊富に含んでいます。ヘルペス対策にはこれらを意識的に食べることが重要です。しかし毎日食べるのはなかなかきついものがありますので、そういう時はサプリメントを利用しましょう。

もう1つ、アルギニンに関してですが実はヘルペスウイルスの栄養になる事が指摘されています。研究結果によると増殖が認められ、アルギニンの量が減ると、比例してヘルペスウイルスの増殖が減ったというものです。しかしその濃度が増える事で、今度は増殖が止まったとのこと。

つまり濃度が高ければアルギニンの摂取は問題無いということです。食物でアルギニンを多く含むのはリジンと同じく肉や魚。そして大豆にも多く含まれているそうです。しかしそんなにたくさん食べられるものでもありません。そういうときもまたサプリメントを活用して下さい。

その際はなるべくリジンを多めに取るとちょうどいいバランスになるそうなので覚えておきましょう。もし心配であればとりあえずリジンだけを飲めばヘルペスの予防対策にはなります。また再発しやすい方は「性器ヘルペス再発抑制療法」をお試し下さい。近年知られるようになった再発予防方法で、ゾビラックス(400mg錠)またはバルトレックス(500mg)を8週間から最大で1年間、毎日1錠飲む事で予防出来る方法です。

1年に6回以上性器ヘルペスを再発してしまう方には保険が適用されます。次第にヘルペスウイルスの活性が低くなるようなのでかなり再発予防として有効という話です。ただ、その際は保険が適用されるとはいえ、バルトレックスの場合だとだいたい月に6000円ほど必要となるので知っておいて下さい。

ヘルペスを発症した時の対策

発症した時の対策

どの病気でも同じことは言えますがもしもヘルペスを発症した場合、出来るだけ早く薬を服用することが最善の対策ではないでしょうか?特に再発の恐れがあると感じる方は、ヘルペス治療薬をストックしておくことも有効です。ヘルペスを発症した場合、早いうちに薬を飲むことで症状の進行と長引く事を防いでくれるため、すぐに準備出来るのと出来ないとでは全然違います。

ヘルペスの再発率は8割以上と非常に高いので、その前提で考えておくことが大事です。特に疲れやすいと自覚している方は要注意!疲労の蓄積によって抵抗力が弱くなってしまうからです。また、一度も感染したことがない人でも、不特定多数の人と関係をもつ機会が多い人や、オーラルセックスをする人は、いつ感染するかも分からないので予め常備しておくことを忘れないようにしましょう。

ストックしておきたい場合、ヘルペスを発症していない状態で医療機関へ行くと保険が効かないので全額負担をしなければなりません。先程ご説明した性器ヘルペスを1年に6回以上再発される方には、抑制療法として保険が適用されますが月に6000円はちょっと高いと思われる方も多いでしょう。バルトレックスはかなり薬価が高いのですが、再発予防には非常に有効なので背に腹は変えられません。

そういう時は通販を利用することで経済的な負担を軽減する事が出来ます。個人輸入として取り扱われるので、海外のバルトレックスやゾビラックス、バルトレックスのジェネリックが購入出来るのでとても便利です。いずれも処方箋が必要無く、医療機関で処方されるよりも安い値段で販売されています。特にバルトレックスの場合は1000mg錠があるので、これを半分にカットして使えばコストカットができかなりお得!

バルトレックスのジェネリックを購入する場合その値段は半額以下ですから、より費用の負担が減ります。このようにヘルペス治療にあたっての選択肢が多くなるので、利用してみる価値はあるでしょう。対策としても非常に有効です。もちろん保険は適用されませんが、お好きなタイミングで注文が出来るのでストックするには最適!再発によるストレスもかなり減らせると思うので、ぜひおすすめしたい方法と言えます。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら