バルトレックスのジェネリックの値段や効果を紹介します。ジェネリックの効果は本家バルトレックスと全く変わりはありません。

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. バルトレックスのジェネリック

バルトレックスのジェネリックの値段は安い

バルトレックスのジェネリックの値段は安い

バルトレックスはよく値段が高いといわれますが、実際のところ 完治するまでいくらぐらいかかるのでしょうか。また、バルトレ ックスのジェネリックだとバルトレックスと比較して値段はどの くらいやすくなるのか紹介します。
バルトレックスには錠 剤のほかにも、顆粒、軟膏のタイプがありますが、今回は多くの ヘルペス治療で使用されている錠剤タイプで 比較します。再発を繰り返す人はどのくらい薬代がかかっている か把握し、よりお得にヘルペス治療をしましょう。



バルトレックスの値段

バルトレックスの値段

バルトレックスの場合、入手方法が病院からか通販からとなっています。 通販の場合500mgと1000㎎があり、500mgは1錠142円~158円、1000mgは2 17円~271円程度になります(おくすりナビのバルトレックスの項目参照)。 病院から処方してもらう場合、500mgの場合405円、1000mgの場合、 約470円程度とされています。



バルトレックスのジェネリックの値段~バルシビル~

バルトレックスのジェネリックの値段 バルシビル

バルシビルの購入方法は通販のみです。主成分はバルトレックスと同 じであるため効果はほとんど変わらないとされています。バルシビル は500㎎と1000mgを取り扱っています。500㎎は152円~190円、1000mg の場合、228円~285円となっています(おくすりナビのバルシビルの 項目参照)。先発薬のバルトレックスと比較すると病院で処方される よりはいくらか値段は安くなりますが、通販の場合ほとんど値段は変 わらないといってよいでしょう。



バルトレックスのジェネリックの値段~セントレックス~

バルトレックスのジェネリックの値段 セントレックス

単純ヘルペス、帯状疱疹・水痘ウイルスなどヘルペスウイルスによる症状全般に効果のあるバルトレックスジェネリックです。成分量は500mgのみです。1錠122円で病院で処方されるバルトレックスと比較すると5分の1程度の値段ですませることができます。

成分、効果はおなじで値段もやすく通販で購入できます。なので、わざわざ病院へ治療薬をもらいに行く手間も省けるため、病院まで行く時間や待ち時間など面倒な時間をすごさないでよくなります。

1ヵ月分で1錠122円で購入量が少なくなると1錠の値段も割高となってしまうので、再発を繰り返しやすく、頻繁にヘルペス治療薬を使う人や常備薬として置いておきたい人に向いている薬です。




バルトレックスジェネリックの値段~バラシクロビル錠500mg~

唯一、病院のみで購入できるバルトレックスジェネリックです。バラシクロビル錠は様々なメーカーから販売されており、価格もかなりの差があります。一番高いバラシクロビル錠500mgで240.6円です。一番安い値段で188.4円です。ただ、通販で購入できるセントレックスやバルシビルと比較すると割高です。

【関連記事→病院で購入できるバルトレックスジェネリック

バルトレックスの値段はなぜ高いのか?

バルトレックスと検索すると必ずと言っていいほど、 予測で「値段が高い」というキーワードが入ってきます。 確かにバルトレックスは病院での入手、通販での入手ど ちらの場合でもアシビルDTなどのバルトレックスのジェ ネリックと比較すると3倍近く値段が高くなります。 なぜバルトレックスはこんなにも高いのでしょうか。 それにはいくつかの理由があります。

使い勝手が良いから値段が高い

バルトレックスは値段は少々はるもののその効果の高さから根強い人気があります。 そのため、需要が減ることがないので値段もなかなか下がらないのです。 また、バルトレックスよりも先にヘルペスの治療で使用されて いた一日5回も服用しなければならないゾビラックスと比較する と服用回数も3回と少なく、難なく治療することができます。

先発薬だから値段が高い

薬には比較的に新しく製造された先発薬と、 特許の切れた先発薬を真似て作った後発薬(ジェネリック) があります。バルトレックスが高額になってしまう原因の一つ が先発薬であるからとされています。

ジェネリックはあくまで も先発薬の製造方法や成分をがどのように作れば、どのように 効果を表すのか知っているうえで製造しているため、その分の 研究費用がかかりません。

逆に先発薬は何もわからない状態か ら研究開発を初めてやっと薬を製造するため、ジェネリックよ りも莫大な研究開発費用がかかります。なので、 バルトレックスは必然的にジェネリックよりも高くなってしまうのです。



薬局によってバルトレックスの値段が違う理由

錠数十円ですが、処方箋を持っていく場所によってバルトレックス の値段が異なる事があります。場所によって値段が異なるのは、 薬を処方する際に薬その物の代金以外にも、調剤報酬がかかるから です。調剤報酬とはいわば、薬局での手間賃です。その内訳は、 調剤技術料薬学管理料薬剤料特定保健医療材料料 となっています。それぞれどのような費用か説明すると以下の通りになります。

調剤技術料

薬を処方する際にどの組み合わせで薬を処方するのかを決められるの は薬剤師の人のみです。その薬剤師の人が薬を処方する際にかかる基 本料金のようなものです。 さらに細かく分けるとこの項目の中には調剤基本料という項目もあり、 薬局によってこの値段が高かったり安かったりします。

薬学管理料

これは薬剤師の人が「薬歴」という患者一人一人にある薬の服用歴や どのような副作用を出したことがあるのかなどを記録したものを使い 薬の説明をすることに対する値段です。 これがあるからこそ、過去に問題のあった薬と似たような薬の服用を 防いだりすることができます。

薬剤料

これは薬本体の値段です。この値段はどこの薬局でも統一 しているためとくに差はありません。

特定保健医療材料料

これはバルトレックスには直接関係ないですが、薬を使う 上で必要になる注射器などの備品費用になります。 バルトレックスは注射器のタイプはないのでこの代金はかかりません。 これらの項目によってバルトレックスの値段が薬局によって異なります。

バルトレックスの値段の安い薬局の特徴

では、より値段の安いバルトレックスを手に入れるにはどの部分 を見れば見分けることができるのでしょうか。ズバリ、見分ける 方法はありません。調剤報酬は非常に計算方法が複雑であり、内 部の人間しか把握することができないくらい項目が細かくわけられています。

わざわざ一件一件処方箋を持ち歩きながら薬局に訊きまわる方法 もありますが、店側の効率や、時間のロスを考えると物理的に難 しいといってもいいでしょう。 どうしてもバルトレックスを安く手に入れたい人は通販サイト を利用することをおすすめします。

バルトレックス自体も病院で入手するよりも値段は安くなっていますし、 もっと値段のやすいバルトレックスのジェネリックも購入することができます。 ジェネリックであれば服用方法もほとんど変わらない上に、日本語訳の説明書、 日本人オペレーターと充実しているため、使用方法に悩むことはありません。 長期間続く厄介なヘルペス治療を安く簡単にできるのは通販の良いところです。


バルトレックスのジェネリックで安く治療

バルトレックスのジェネリックで安く治療

ヘルペス治療薬にはジェネリックがあり、先発薬の バルトレックス などと同様、服用することでウイルスの増殖を抑え治療を早める働きがあります。 なるべく早めに飲むとヘルペスの症状 が悪化しにくくなるので、出来るだけすぐに使うようにしましょう。ジェネリックは医療 機関で処方してもらえますが仕事の関係でなかなか医療機関へ行けない方、特に性器ヘ ルペスに感染してしまい診察が恥ずかしいという方は何の対処もしないまま症状が進行してしまいます。

そうなってしまうと、自身のみならず他人までにも感染をひろめてしまうため、 費用や病院に行く時間を惜しんでいる場合ではありません。 しかし、どうしても費用や時間の問題は切っても切り離せない存在ですよね。 また、バルトレックスは有効性は高いものの、費用が高額であるため、 治療を続けるにも厳しいところがあります。

そこで、バルトレックスのジェネリック医薬品をつかってはどうでしょうか。 少なくとも、ジェネリック医薬品はバルトレックスとは効果はほぼ変わらな いものの、高額な治療費を抑えることは可能になります。 このページではバルトレックスのジェネリック医薬品とは一体どういうものなのか? そして価格や効果、服用方法についてバルトレックスのジェネリック医薬品のこと を徹底的に紹介します。

バルトレックスのジェネリック

バルトレックスにもジェネリックがあります。代表的なものとして、バルシビルとセントレックスがあります。この二つはバルトレックスよりも値段が安くいため、ヘルペスの再発を繰り返しやすい人は常備薬として買い置きするのにちょうどいい治療薬です。
また、性器ヘルペスのように再発予防のために長期間服用しなければならない人も、金銭的負担を減らせるためおすすめです。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか、服用間隔と共に紹介していきたいともいます。

バルトレックスのジェネリック:バルシビル

バルトレックスのジェネリック:バルシビル
【副作用】:ほとんどなし
【適応症状】:口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水痘、水疱瘡(みずぼうそう)
【成分量の種類】:500mg、1000mg
【値段】:500mg→152~190円、1000mg→228~285円
【併用禁忌薬】:プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン
【服用に向いていない人】:腎機能、肝機能に問題がある人、高齢者、妊婦
【バルシビルの形状】:青い、両端が丸く長細い、小粒の錠剤、青いコーティングの中は白い
【バルシビルの味】:無味無臭、コーティングがはがれると中は苦い

シプラ社という製薬メーカーが製造・販売しているバルト レックスのジェネリックです。私たちにはあまりなじみのないメーカーですが、世界的にジェネリック医薬品の分野では高い評価を受けている企業です。
インドに本社があり、エイズが蔓延する アフリカ諸国に低価格で進行を抑える薬を提供していることで知られています。バルトレックスと同様副作用が比較的に少ない薬であり、服用方法をきちんとまもって使用すれば体感として副作用を感じることはほとんどありません。
1000mg、500mgとありますが、1000mgは重症化した性器ヘルペスや帯状疱疹に使用され、500mgは症状に限らず初期段階の症状が軽度のものから中程度のもののときに使用されます。発症時期ごとの服用方法は以下の通りになります。

発症時期 服用量 服用期間 食前・食後
初発時 1日2回服用 5~10日 食後
再発時 1日2回服用 5日 食後
性器ヘルペス再発予防 1日1錠を1回で服用 約1年間 食後
(※)500mgの場合

バルトレックスのジェネリック:セントレックス

バルトレックスのジェネリック:セントレックス
【副作用】:ほとんどなし
【適応症状】:口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水痘、水疱瘡(みずぼうそう)
【成分量の種類】:500mg
【値段】:500mg→122~153円
【併用禁忌薬】:プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン
【服用に向いていない人】:腎機能、肝機能に問題がある人、高齢者、妊婦
【セントレックスの形状】:青い、両端が丸く長細い、小粒の錠剤、青いコーティングの中は白い
【セントレックスの味】:無味無臭、コーティングがはがれると中は苦い

こちらもまたインドの製薬メーカーによるバルトレックスのジェネリックです。 シプラ社より知名度は低いものの、質も良くなにより安い値段で製品の提供を行っている センチュリアンというメーカーから販売されています。1995年設立と比較的新しい企業ですが、 ヘルペス治療薬の他にも抗生物質やED治療薬なども販売しているので、通販サイト を利用される方であれば知っているかもしれません。

セントレックスも主成分はバラシクロビル。値段も半額以下で購入でき、 バルシビルよりも少し安いため、 より一層コストカットを図りたいのであれば選択してみる価値はあるでしょう。 ちなみに用量は500mg錠のみしかないようですのでご注意下さい。

発症時期 服用量 服用期間 食前・食後
初発時 1日2回服用 5~10日 食後
再発時 1日2回服用 5日 食後
性器ヘルペス再発予防 1日1錠を1回で服用 約1年間 食後
(※)500mgの場合

バルトレックスジェネリックの副作用の強さ

バルトレックスジェネリックはバルトレックスと同様に副作用の少ない薬です。主成分はおなじバラシクロビルであるため、ジェネリックであるからといって副作用が特別強くなることはありません。ただ、逆にバルトレックスと主成分が同じであるということは同様に副作用を強めないためにきをつけなければならないポイントがあります。それらは以下の通りになります。

・服用量を守る
・併用禁忌薬を使用しない
・医師の許可なしにゾビラックスクリームと併用しない
・腎機能、肝機能に問題がある人は使用しない

これらを気をつければバルトレックスジェネリックを安全に使用することができます。そのうえバルトレックスよりも値段が安いうえに通販でも購入することができるため、安く自宅で簡単に治療することができます。

ただ、注意していてもなかには体質上バルトレックス自体が合わない人がいます。そういう人はバルトレックスジェネリックも服用できません。使用できない人のために、ゾビラックスクリームがあります。

ゾビラックスクリームにはアシビルクリームというジェネリックがあります。錠剤と比較すると多少時間はかかりますが、副作用もほとんどないうえに効果は確実にあり、使用箇所はどこでも大丈夫です。 副作用の心配なしに安くヘルペス治療をしたい人はゾビラックスのジェネリックであるアシビルクリームの使用をお勧めします。

バルトレックスジェネリックが効かない理由

バルトレックスと同様に効果を発揮するはずなのになぜかバルトレックスジェネリックの効果を実感する事ができないという人はいませんか?薬が効かない理由は様々です。どんなことが原因でバルトレックスジェネリックの効果を妨げてしまうのでしょうか。その原因を紹介します。

用法用量は正しい?
バルトレックスを含む抗ウイルス剤は用法用量を守ることがとても大切です。治癒するまで毎日決まった錠数を服用しなければならないのに、服用回数をへらしたり、服用しなかったりしたりしていませんか?これは耐性菌を作りだす大きな原因となるので絶対にしないようにしましょう。耐性菌によって薬が全く使い物にならなくなります。

睡眠は6時間以上とっている?
ヘルペス治療は薬の服用だけではきちんと治療することができません。むしろ同じぐらい大切なのが睡眠をとることです。睡眠は起きている間に損傷した体の細胞を修復し、免疫力を高める効果があります。しかし、脳や心臓など重要な部分を優先的に修復していくため、口や性器などヘルペスの患部は後回しにされていきます。睡眠が足りないとヘルペスの患部まで治癒する事が困難になってしまうため、いくら薬を飲んでも治癒しにくくなってしまうのです。

リシンとビタミンB群は摂取できてる?
ヘルペス治療は栄養をバランスよく摂取することが大切です。そのなかでもリシンとビタミンB群はヘルペスウイルスの働きを食い止める上で重要な役割をもっています。それらが不足していると薬を飲んでも効果を発揮しません。そればかりを摂取すれば大丈夫というわけではありませんが、意識してリジンとビタミンB 群はとるようにしましょう。

ストレス解消できてる?
ストレスは免疫力を低下させる大きな原因です。免疫力の低下はヘルペスウイルスにとって暴れるには格好の状況です。バルトレックスジェネリックはあくまでもウイルスの増殖を抑える効果であって、体を元気にする力はありません。なのでより効果を発揮させたいのであれば、丸々一日リフレッシュする日を作るなどしてストレスをなるべくためない生活を心がけましょう。

バルトレックスジェネリック自体は安いうえに効果もきちんとある薬です。病院でしようされているものと変わらないため、病院でバルトレックスを使用していた人が、セントレックスやバルシビルといった安いバルトレックスジェネリックへ変えたりすることも多くあります。再発を繰り返しやすく、薬の値段を安く治療したいという人はバルトレックスジェネリックがおすすめです。



バルトレックスジェネリックに似ている薬

ヘルペス治療薬にはバルトレックスジェネリック以外にもゾビラックスジェネリック、ファムビルジェネリックがあります。それぞれどんな特徴があるか紹介します。

ゾビラックスジェネリック
ゾビラックスジェネリックにはアシビルがあります。アシビルには錠剤タイプのアシビルDTとクリームタイプのアシビルクリームがあり、両方とも主成分はアシクロビルなので効果はゾビラックスと同じです。1日5回と服用回数は多いですが、ヘルペス治療薬のなかでも副作用が断トツで少ない治療薬です。その上バルトレックスやゾビラックスの錠剤が体に合わない人や併用禁忌薬を使用している人でもアシビルクリームであれば体内にいれないため、副作用の心配はありません。クリームだと治癒まで多少時間がかかりますが、副作用を気にする人には一番おすすめのタイプです。



ファムビルジェネリック
ファムビルジェネリックはお年寄りから子供まで年代問わず使用することができます。ゾビラックスやバルトレックスとは異なり、性器、口唇ヘルペスなどの単純ヘルペスには効果がなく、帯状疱疹、水痘、水疱瘡に大きく効果を発揮します。価格もファムビルと比較すると半額ほどやすくなってるのでお得に治療することができます。帯状疱疹、水痘、水疱瘡を確実に治療したい人はファムビルジェネリックがおすすめです。



バルトレックスジェネリックは病院で購入できる?

現在セントレックスやバルシビルのようなバルトレックスジェネリックを病院から購入することはできません。病院で入手できるバルトレックスジェネリックはバラシクロビル錠のみです。バラシクロビル錠は一錠188円程度です。ジェネリックなので、病院でバルトレックスを購入するよりは安く入手することはできますが、セントレックスや、バルシビルよりは高額になります。 薬価をより抑えて治療したい場合、病院でジェネリック医薬品を処方してもらうよりも、個人輸入の通販で購入した方が安く購入できます。そのうえ、病院よりも一度に多く購入できるため常備薬として置いておきたい人にはおすすめです。



バルトレックスジェネリックの効果

バルトレックスジェネリックの効果は実際、バルトレックスとどう違うのでしょうか。実はバルトレックスジェネリックも同じバラシクロビルを主成分としているため、効果はほとんど同じです。バルトレックス(以下、先発薬)と同様に単純ヘルペスであれば1日2錠服用、5~7日間服用するだけでかゆみも痛みも治まり、水ぶくれや発疹の増加を食い止めます。

また、バルトレックスと同様に予防治療ができるため、ヘルペスの前兆を感じ表面にあらわれる前に服用すれば、水ぶくれや発疹などがでてくるのを防ぐことができます。
効果も同じ、服用回数や服用期間も同じであるため、もともと先発薬を使っていた人が、金銭的負担を減らすためにバルトレックスジェネリックを使用することも珍しいことではありません。

時々、ジェネリックだと効果が弱いという意見もありますが、それはその人の体質にあわなかったり、思いこみだったりするため、本当の効果を確認したい人は実際に使用してみることをおすすめします。もし、使用してみて先発薬のほうが体に合うなと感じた場合でも、主成分も服用回数も同じなので身体に負担をかけずに元々服用していた先発薬に戻すことができます。

先発薬であるバルトレックスは1錠142~158円に対し、ジェネリックであるセントレックスは1錠122~153円と約20円程度お得です。20円といってもピンとこないかもしれませんが、これが1カ月分となると1200円以上もの金額の差があります。そう考えると意外と大きな差がありますよね。

極端な話、毎月購入すると12,000円以上損していることになります。これだけあれば自分の好きなことや、美容、食事などにより多くお金をかけることができます。 もし、もっと薬代を節約してその分人生を充実させたいと考えてりいるとしたら、バルトレックスジェネリックを購入した方が絶対に得をします。


バルトレックスジェネリックの副作用

副作用もほとんどおなじです。主な症状として、頭痛、消化不良、胃痛、めまいなどがあります。ただ、健康体であり用法用量をまもって服用すればほとんど副作用を感じることはありません。

強く副作用を感じる場合、バルトレックス自体が体にあわないということをあらわすため、主成分バラシクロビルが配合されている薬は使うことができません。そういった場合ゾビラックスの使用をおすすめします。

ゾビラックスもゾビラックスジェネリックであるアシビルDTがあり1錠56円とバルトレックスジェネリックの半額以下で購入することができます。ゾビラックスの錠剤で以前副作用が出た人でもクリームタイプであれば使用できることが多々あります。
ゾビラックスジェネリックの錠剤もバルトレックスジェネリックが合わない人はゾビラックスクリームのジェネリックであるアシビルクリームをおすすめします。


病院で購入できるバルトレックスジェネリック

病院で購入できるバルトレックスジェネリックがあります。それはバラシクロビルです。バラシクロビルは唯一病院で入手することができるバルトレックスジェネリックです。バラシクロビルを販売しているメーカーは多くあり、主に以下の企業が製造販売しています。

◆バラシクロビル錠を取り扱っている製薬会社
・トーワ
・ファルマ
・第一三共
・ファイザー
・二プロ
・サワイ
・興和創薬
・日本ジェネリック
・共創未来ファーマ
など

多くの国内外の企業で製造されています。効果、副作用、服用方法それぞれバルトレックスと同様です。病院で処方された場合、薬の値段だけで1錠約190~200円程度します。その上診察代や交通費もかかり、病院に行ったり待ち時間などの時間のロスもあります。そう考えると1錠120円程度で購入することができるバルトレックスジェネリックはとても安く、自宅で待っているだけで届くため時間の節約にもなります。病院でバラシクロビル錠を処方してもらおうと考えている人は通販でバルトレックスジェネリックを購入するとより楽に安く購入できます。

セントレックスを購入>>
※バルトレックスジェネリックです。


バラシクロビル錠の詳細

バラシクロビル錠は病院で入手できる唯一のバルトレックスジェネリックです。形状は顆粒と錠剤の2種類で、成分量は顆粒50%と錠剤は500mgとなっています。同じ成分量で同じ製品名であっても国内外様々な製薬会社が製造しており、価格や主成分以外の製法や内容物が少々異なります。

一番安バラシクロビル錠は1錠188.8円であり、第一三共をはじめ、約21社の企業がこの価格で販売しています。一方、一番価格の高いバラシクロビル錠は1錠219.4円であり、セオリアをはじめ約11社がこの価格で販売しています。

もちろん価格が高いからといって効果や副作用がかわるわけでもなく、ほぼ同じといっても過言ではないでしょう。ただ、やはり通販で購入できるバルトレックスジェネリックのセントレックスは1錠122円で購入できるため、より安くヘルペス治療をしたい人は通販でバルトレックスジェネリックを購入することをおすすめします。

セントレックスを購入>>
※バルトレックスジェネリックです。


バルトレックスジェネリックのメリット・デメリット

バルトレックスではなくあえでジェネリックを使用するメリットは何があるのでしょうか。バルトレックスジェネリックを使用するメリットデメリットをしょうかいします。

使用するメリット
何といっても価格の安さです。同じように効果があるのにもかかわらず、セントレックスであれば1錠20円程度安くなります。これが1か月分と考えると1200円以上安く薬を購入することができます。

それが何年も続くと考えるとかなり膨大な金額が無駄になりますよね。そのうえ入手ルートも多様であり、病院のみならず通販でも購入することができます。平日会社員をしていたり、病院へ行く時間がない人にとってわざわざ病院へ行く手間がはぶけるのはとても大きなメリットがありますよね。

仮に通販で購入したとしてもきちんと相談窓口があるので、副作用や服用方法など薬の細かな疑問も聞くことができます。その上、先発薬よりも安全性を高めているものもあるので、バルトレックスよりも安全に使用できることもあります。時間もお金も節約したいという人にはバルトレックスジェネリックを使用する価値がとてもあります。

使用するデメリット
先発薬であるバルトレックスと比較すると、まだ新しく作られた薬であるため、実際つかってみないと本当の効果や副作用がわかりません。つまり先発薬と比較すると未知な部分がまだあるのです。

確かにジェネリックであってもきちんと成分の調査はしているため有効性や安全性は先発薬と同様に保障されています。しかし、ジェネリックというのはあくまでも主成分がおなじということであって、本来バルトレックスに含まれていない成分でアレルギー症状があらわれたりする可能性もあるのです。

なので、バルトレックスを使用してなにもないからといって、ジェネリックではアレルギー症状が起きないとは保障できないのです。ただ、もしAというジェネリックがだめでも主成分に対してのアレルギーでなければほかのジェネリックも使うことができるので他の種類を試せばそういったデメリットも解消されます。

セントレックスを購入>>
※バルトレックスジェネリックです。

バルトレックスジェネリックで治療してみた:体験談

バルトレックスジェネリックを使用して治療した人に実際にお話を聞きました。どんな症状で使用し、効果、副作用はどのようにあらわれたのでしょうか。服用回数が多いゾビラックスはどんなタイミングで服用しているのか。ゾビラックスに関する疑問を実際に使用した人に聞いた内容をまとめてみました。 【関連記事→ヘルペスの体験談

バルトレックスジェネリックの体験談その1:G,Rさん33歳男性

Q:どのような症状で使用したのですか?
A:性器ヘルペスです。再発です。

Q:バルトレックスジェネリックを使用したきっかけは?
A:価格が安く、通販で購入できる薬だったから。

Q:他のヘルペス治療薬は試したことがありますか?
A:バルトレックスを使用していました。なかなか治らずお金がかさむ一方で、医師に相談したところ同じ薬をしばらく飲み続けるとのことでした。病院のバルトレックスだと薬価が高く、頻繁に病院に行ける身ではなかったため、通販で購入することにしました。

Q:バルトレックスジェネリックの副作用はどうでしたか?
A:風邪ひいている時に服用したら少々めまいが起こりました。風邪をひいていない時に服用したらなんともなかったので、おそらく体が弱っていて薬の副作用が強く出たんだと思います。

Q:バルトレックスジェネリックを使ってみて効果はありましたか?
A:あります。ジェネリックなのであまり期待しておらず、一時的に治癒できたらいいかなとおもっていたのですが、治癒力も高く、服用から3、4日程度で症状はおさまりました。

Q:バルトレックスジェネリックを服用するタイミングは?
A:朝食の後と夕食の後に飲んでいました。

Q:バルトレックスジェネリックでの治療後、再発しましたか?
A:バルトレックスジェネリックで再発時に治療してから3ヶ月ほど経過していますが、まだしていません。再発する前に治療薬を飲んでいるからだと思います。

セントレックスを購入>>
※バルトレックスジェネリックです。
※最大1か月分まで購入することができます。


【関連記事→ゾビラックスで治療してみた:体験談
【関連記事→バルトレックスで治療してみた:体験談

バルトレックスジェネリックの実際の効果は?

バルトレックスにはジェネリックがあります。主成分は同じバラシクロビルであり、それ以外の構成されている成分が異なります。主成分以外が異なるからといっても効果や副作用がほとんどない面は変わりません。

バルトレックスジェネリックの大きな違いは価格です。病院で処方される場合、バルトレックス錠は1錠405円します。一方のバルトレックスのジェネリックであるバラシクロビル錠は188~240円と一番高いバラシクロビルと比較しても約半額安く購入することができます。

そのうえ、通販ならより安いジェネリックを購入することができます。セントレックスという薬であれば1錠122円で約3分の1程度で購入することができます。もし薬価を抑えてきちんとヘルペスを治療したい人はバルトレックスのジェネリックであるセントレックスの購入をおすすめします。

バルシビルはamazonや楽天で通販できる?

バルシビルは病院では入手できないバルトレックスのジェネリックです。病院で処方されるバルトレックス500mgと比較すると1錠152円と4分の1やすくなります。ジェネリックといっても有効成分はおなじバラシクロビルであり、効果、副作用はほとんどおなじです。価格がやすいのは開発費がかかっていないから、ただそれだけです。では、安くて効果抜群のバルシビルはamazonや楽天では購入することができるのでしょうか?

まずはamazonでバルシビルを検索してみました。そしたらこのような結果がでました。どうやらamazonではバルシビルは購入できないようですね。 次に楽天でバルシビルを検索してみました。そしたらこのような結果がでました。どうやら楽天でもバルシビルは購入できないようです。

バルシビルを購入するには個人輸入代行業者が運営する通販サイトのみになります。たとえばお薬なびのような通販サイトです。購入方法もまったく特殊なことはなく、amazonや楽天のように会員登録の後に、商品を選択し、購入ボタンをおすだけです。

海外からの輸入なので到着までに7~12日程度かかってしまいますが、薬代もやすく、病院で使用されているものと成分がおなじなので病院へ行く手間も省けます。さらに、大量購入もできるため再発を繰り返しやすい人、常備薬として置いておきたい人も薬の心配をせずに生活することができます。


セントレックス(治療薬)はamazonや楽天で購入できる?

セントレックスは通販で購入できるバルトレックスジェネリックです。しかし、通販といってもamazonや楽天のような一般的な通販サイトでは購入することができません。

では、どんな通販サイトなら購入できるのでしょうか。それは個人輸入(海外輸入)代行業者が運営する通販サイトです。輸入代行業者の通販サイトであれば処方箋なしでセントレックスを購入することができます。(処方箋なしで購入できる理由はこちら⇒「ヘルペス治療薬を通販で購入する」)

ヘルペス治療薬のセントレックスは主成分はバルトレックスと同じバラシクロビルです。なので病院で処方されているバルトレックスと効果も副作用もほとんど同じといっても過言ではありません。

価格は500mgのもので1錠122円病院で処方されるバルトレックスと比較すると約5分の1程度の値段で購入することができます。その上病院とは異なり、最大60錠まで1度に大量購入することができます。いざというときに、治療薬がないという事態も防ぐことができ、わざわざ病院に頻繁に通う必要もいりません。

ヘルペスの再発を繰り返しやすい人、薬をもらいに病院へ行くのが面倒な人は通販でセントレックスを購入することをおすすめします。


セントレックスとバルシビルの違い

バルトレックスのジェネリックの代表として、セントレックスとバルシビルがあります。その二つの違いとはなんでしょうか。効果、副作用、服用方法、成分量、価格、などで比較してみたいと思います。

・セントレックス
【効果】:ウイルスの増殖をおさえ、ウイルスによって出てくる水疱や発疹をおさえ、かゆみ、いたみをおさえてくれる。
【副作用】:吐き気、胃痛、下痢などの胃腸の不調、頭痛、めまい、体のだるさなど(※ほとんど副作用なし)
【服用方法】:単純ヘルペスは1回500mgを1日2回、帯状疱疹は1回1000mgを1日3回
【成分量】:500mg
【価格】:500mg×20錠→153円、500mg×40錠→137円、500mg×60錠→122円(※お薬なび参照)

・バルシビル
【効果】:ウイルスの増殖をおさえ、ウイルスによって出てくる水疱や発疹をおさえ、かゆみ、いたみをおさえてくれる。
【副作用】:吐き気、胃痛、下痢などの胃腸の不調、頭痛、めまい、体のだるさなど(※ほとんど副作用なし)
【服用方法】:単純ヘルペスは1回500mgを1日2回、帯状疱疹は1回1000mgを1日3回
【成分量】:500mg、1000mg
【価格】:500mg×6錠→190円、500mg×12錠→170円、500mg×24錠→152円
1000mg×6錠→285円、1000mg×12錠→256円、1000mg×24錠→228円(※お薬なび参照)

効果、副作用、服用方法に関しては同じです。成分量と価格が違います。成分量に関してはセントレックスが500mgだけなのに対し、バルシビルの方は500mgと1000mgがあります。価格は最安値でセントレックスが1錠122円なのに対し、バルシビルは1錠152円です。

一見バルシビルのほうが価格が高いように見えますが、バルシビルは1000mgがあるのでそれをピルカッターなどで半分にして服用すれば1錠114円程度とかなり安くなります。逆に帯状疱疹のときは1回1000mgの服用になるので薬代は2倍となり、割高になります。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスを治療したい人はセントレックスが安く簡単に服用できるのでおすすめです。帯状疱疹を治療するときはバルシビルの1000mgを使用するとより安く簡単に治療できます。



バルトレックスのジェネリック服用方法

同じバルトレックスのジェネリックであっても、服用方法がことなるものもあります。 なぜ同じジェネリックなのに違うのかというと、主成分以外の成分が違うからです。 他の構成されている成分が違うために、体の中に成分が取り込まれるスピードや、 効果の出る時間が異なります。では、それぞれどのようなタイミングで1日に何回服用すればよいのでしょうか。 バルトレックスのジェネリック医薬品であるセントレックス、アシビルDT、ゾビラックの服用方法を紹介します。

まず最初にセントレックスの服用方法について。服用回数は症状によって変わりますが、 一般的な500mg錠であれば1日2回服用します(成人)。服用期間は潜伏期間の長さによって変わりますが、 平均5日前後とされています。食事の影響を受けにくい薬であるため、 服用するタイミングは食事の前後どちらでも問題ありません。 ヘルペスの一種である帯状疱疹の治療で使用される1000mgの場合、 1日1回の服用になります。水痘の治療の場合、成人もしくは40kg以上の小児に対しては1000mgを3回にわけて服用します。 服用する際は、ぬるま湯や水などでふくようします。

次に、アシビルDTの服用方法です。服用回数は初期のヘルペス等の発症時は1日800mgを1回、 5~10日間程度服用します。ただし、再発の場合は、1日400mgを1日2回、 3日間の服用になるため注意が必要です。もし、再発してから初めてアシビル を服用する場合でなおかつ初めて発症したときに診てもらった病院とは別の病院で診てもらう場合 、きちんと再発であることを伝えましょう。ほとんどの病院では再発かどうか聞かれますが、 稀に悪質な病院だと、何も言わなければ、そのまま800mgを処方 してしまうところもあるので正確に伝えることが大切です。

最後にゾビラックスの服用方法です。ゾビラックスはジェネリックの中でも使い勝手がよい薬でもあります。 セントレックスやアシビルDTは錠剤しかありませんが、ゾビラックスの場合、 錠剤の他にも、軟膏、顆粒、注射など幅広い種類を取り揃えています。 200mg錠、800mg錠共に1日5回の服用になります。

ジェネリックの製造・販売について

ジェネリックの製造・販売について

薬は先発薬(または新薬)と呼ばれるものがほとんどで、 長い開発期間を経て販売されます。その間に、たくさんの治験などを通じて薬の効果 や副作用が確認され、厚生労働省から認可されることでようやく市場に出回り、 患者さんや必要としている人に服用されるのです。

製薬メーカーは長い期間、莫大な開発費用をかけて製造しているため、 販売からすぐに他社がその成分を使ってしまうと競争が起きてしまいこれまでの費用 が回収出来なくなる可能性があります。そこで新しく開発された薬には 「特許期間」というものが設けられます。 有効期限は20年、そこから延長も可能で最大で25年設定する事ができ、 続く限りは開発したメーカーのみが使用出来るという仕組みです。 それにより費用の回収をしたり、新しい薬の開発費を得る事になります。

その薬の特許期間が切れた後、共有できるものとしてみなされる ため他の製薬メーカーもその成分を使い、販売出来るようになるのです。それが いわゆるジェネリックで、実績のある成分を使うため一から研究していくわけではなく、 長い開発期間を必要としない分、価格が安くなります。

近年ではこのように多くのジェネリックが作られるようになり、 日本でも少しずつ知られるようになってきました。国も医療費のコスト削減など を考えジェネリックを推奨していますが、世界各国と比べるとまだまだ市場シェ アは低いのが現状です。日本には保険制度があるので、適用される薬はジェネ リックをわざわざ選ぶ必要が無いという理由から一向に進まないと言われています。

ジェネリックはほとんど先発薬と変わりない

ただジェネリックは厚生労働省の厳しい基準 をクリアしなければ販売出来ません。当然ですが元になる薬と同じ成分を使 わなければなりませんから効果は同等です。安い値段だから効果が低いのではない か?あまり質は良くないのではないか?というイメージを持たれている方もまだい らっしゃると思いますが決してそんなことは無く、 一度利用してみればその概念は覆ると思います。

とはいえ先発薬と製造方法、添加物、形状、コーティング剤 などが違いますので思ったような効果が得られない事もあります。 若干の差ではありますが、この若干が薬の効きに影響するので、 もしも合わないようであれば引き続き先発薬を使うか違う ジェネリックを使うという方法を取りましょう。

ジェネリックとは:ジェネリックの正しい知識

ジェネリック医薬品は「本家本元と同じ効果を得ることができる」、 「ジェネリック医薬品は特許切れの薬であるため安い」これらの解釈は 半分は正しく、半分は間違った解釈でもあります。まず、間違っている点その 1として、ジェネリック医薬品は完全に特許が切れた薬ではありません。あく までも特許切れというのは、薬に使われている主成分(バルトレックスの場合、 バラシクロビル塩酸塩)のみになります。

実は薬自体には様々な特許がかかっており、その中の一つとして製剤特許と いうものがあります。そのため、製薬特許が切れていない場合、主成分以外の構成され ている似たような成分を含む薬を作ることができないのです。 そのため、主成分はいくら同じでもそれを取り囲むその他の成分が異なるため、 どのくらいの時間で薬が吸収されるのか、どのようにして溶けていくのかなど未知の世界なのです。

その上、薬の型も同じ型を使用することもできません。たとえ同じ錠剤タイプであっても、 どのようにコーティングしてあるのか、主成分以外の構成している成分のちがいによって効果 の現れ方が本家とは変わってくるのです。その他にも、ジェネリック医薬品の場合、 市場に出すためのある一定の試験はありますが、先発薬と違って、 有効性の試験と安全性の試験はしなくてもよいとされています。

なので、ジェネリック自体が、本家と同じぐらい安全な薬であることは保障されておらず、 製品情報がとても乏しいのです。有効性に関しても、主成分が同じであるから、 差がないという程度の認識でしかないため、実際のところきちんと効果があると言い切ることはできません。 また、統計上は20%程度の差であれば効果が低くても、有効性はあると判断されます。

では、製造特許を含む薬に関する特許がすべて切れて、 すべて同じやり方と成分で作れば本家本元と同様の効果を得ることができるのでしょうか。 実は、その答はNOです。不思議なことに同じ製法、同じ成分で薬を作ってもどうしても、 先発薬とはちがった薬の溶け方をしたり、違った効果の現れ方をしたりします。 なぜこのような差がでてしまうのでしょうか。主な理由として、技術力の差だと考えられます。

先発薬を開発している製薬会社は大概、巨額の開発費があり、 それなりの技術力と積み上げてきたデータがあります。 そのような優れた部分があるからこそどこよりも先に新薬を開発することができるのであって、 それを、他社がまねをするのは至難の技といっていいくらいでしょう。

ただ、ジェネリック医薬品はほとんどのものが、本家と同様優れたものばかりでもあり、 ヘルペス治療に使われるゾビラックスもその一つでもあります。 ジェネリック医薬品で気をつけなければならないのは微妙な薬の溶け方の違いなどで影響をうけやすい、 心臓や脳系の薬です。それ以外の薬は安心して使ってもよいといえるでしょう。

バルトレックスのジェネリックを通販で購入

海外のジェネリックを購入するには通販サイト

バルトレックスのジェネリック医薬品の中で、病院から処方箋として手に入れることができるのは、ゾビラックスのみとなります。 アシビルDTやセントレックスの入手方法は海外から取り寄せるのみしか方法はありません。 海外からと聞くと、わざわざ自分で外国語を使って現地へ連絡をして入手するイメージがありますが、 そんな面倒なことをしなくても海外から薬を取り寄せることができます。それは、輸入代行業者を利用することです。

処方箋も要らず、手軽にいつでも購入することができます。 輸入代行業者とは購入者に代わって直接現地の人とやりとりをし、 薬を輸入し販売する業者です。いっけん薬の輸入販売と聞くと違法なことをしているのでは? と感じる人もいるかもしれませんが、実のところ違法性は全くありません。 違法だといわれているのはあくまでも薬の転売が違法となっているのであり、 自分で使用する分には罪に問われることはないのです。

では、実際にバルトレックスのジェネリックを購入するとなるといくらぐらいで購入することができるのでしょう。 まず、ゾビラックスは200mgで1粒90円~81円となります。 同様のものを病院で処方してもらった場合も同じぐらいの値段です。 ただ、病院だと薬代+数千円の治療費がかかるため、 通販で購入する上でかかる送料と比べたら通販のほうがいくらか安く購入することができます。 アシビルDTの場合200mgで1粒56円、400mgで1粒120円、800mgで1粒192円で購入することができます。

そして、セントレックスは500mgで1粒122円~153円とほかのジェネリックと比較すると少したかめです。 ちなみに本家バルトレックスを通販で購入する場合、500mgで1粒142円~158円、 1000mgで1粒217円~271円と病院で処方されるときとあまり変わらない値段です。

通販のメリット

通販を利用するメリットはたくさんあります。 まず一つめは値段が安いところです。ヘルペスは再発を繰り返す病気であるため、 一度患ってしまうと長期間薬を服用しなければなりません。できることなら、 薬代を節約したいと思う人も少なくないのではないでしょうか。そんな中通販でしたら、 ジェネリック医薬品を購入できるため、薬代を節約することができます。

二つ目、自宅で待っているだけで品物が届くところです。 病院に行く時間もないぐらい忙し人だと、病院にいけずにどんどん症状が悪化してしまうことがあります。 通販であればわざわざ病院に行く必要がないため、放置することによる症状の悪化を防いでくれます。 他にも、性器ヘルペスの場合、病院で診察してもらう場合、 性器を見せないといけないなどに抵抗がある人にとっては恥ずかしい思いをせずに治療できるためおすすめです。

通販のデメリット

海外からの輸入となるため、どうしても商品到着までの日数がかかってしまいます。 およそ7日~12日程度かかります。到着まで時間がかかると、「きちんと自分の品物は配送されているのか」 と気になるかもしれません。そんなときは商品についている追跡番号を調べれば確かめることができます。 追跡番号は入金が確認され商品を注文が確定した際に送られてきます。

また、服用方法を間違えてしまうことがあります。 性器ヘルペスと口唇ヘルペスは同じヘルペスでも薬の服用回数はことなります。 それを勘違いして、服用してしまうと思うように効かなかったり、副作用がつよく出てしまうことがあります。 どうしても服用方法などに不安がある人は専任のオペレーターに問い合わせてみるとよいでしょう。 24時間対応となっているため、いつでも相談に乗ってくれます。

値段が安すぎるバルトレックスのジェネリックに注意

値段が安いのが通販の良い面の一つでもありますが、バルトレックスのジェネリックであっても異常に安すぎる通販サイトで購入するのはおすすめできません。 なぜおすすめできないのかというと、偽物の薬である可能性が高いからです。いくらジェネリックであっても、輸送費や製造費、需要などを考えたら医薬品を異常に安い価格で手に入れることはかなり難しいと考えられます。どんなに大量に仕入れても割引される価格はたかが知れている程度です。

なので、偽物のバルトレックスのジェネリックを購入しないように、いろんな通販サイトの価格を見比べてきちんと吟味してから購入することが大切です。また、もし偽物を購入してしまったかもという人は、届いた商品のパッケージに注目してみてください。偽物の医薬品は対外、ビニール袋の小袋に小分けにされてあったりします。通常であれば、どのジェネリック製品もシート状のものが届くはずなので、シート状になっていない薬をみたら服用せずに、購入元に問い合わせてみましょう。服用後に偽物と気がつた場合も絶対につづけて服用することはやめましょう。服用したことによって体調不良になってしまった場合は、お近くの病院へ服用した薬を持参して受診しましょう。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペス対策や特徴、通販を紹介
ヘルペスウイルスによって発症する感染症です。発症部位は口唇、性…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用期間
バルトレックスはとても優れたヘルペス治療薬ですが、きちんと服用期間を守らないと…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスとは
ゾビラックスは抗ウイルス薬の一種であり、ヘルペス治…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスのQ&A
ヘルペスQ&A
ヘルペスに関する疑問をQ&A形式で説明していきます。…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…
性病の種類
性病の種類
性病の種類は厳密に言うと把握されているだけでも100種類以上ありま…

バルトレックスの通販はこちら