バルトレックスのジェネリックの値段や効果を紹介します。ジェネリックの効果は本家バルトレックスと全く変わりはありません。

ヘルペス退治にバルトレックス
  1. ヘルペス退治にバルトレックス TOP
  2. バルトレックスのジェネリック

バルトレックスのジェネリックの値段は安い

バルトレックスはよく値段が高いといわれますが、実際のところ完治するまでいくらぐらいかかるのでしょうか。また、バルトレックスのジェネリックだとバルトレックスと比較して値段はどのくらいやすくなるのか紹介します。また、バルトレックスには錠剤のほかにも、顆粒、軟膏のタイプがありますが、今回は多くのヘルペス治療で使用されている錠剤タイプで比較します。再発を繰り返す人はどのくらい薬代がかかっているか把握し、よりお得にヘルペス治療をしましょう。

バルトレックスの値段
バルトレックスの場合、入手方法が病院からか通販からとなっています。通販の場合500mgと1000㎎があり、500mgは1錠142円~158円、1000mgは217円~271円程度になります(おくすりナビのバルトレックスの項目参照)。病院から処方してもらう場合、500mgの場合405円、1000mgの場合、約470円程度とされています。

バルトレックスのジェネリックの値段~バルシビル~
バルシビルの購入方法は通販のみです。主成分はバルトレックスと同じであるため効果はほとんど変わらないとされています。バルシビルは500㎎と1000mgを取り扱っています。500㎎は152円~190円、1000mgの場合、228円~285円となっています(おくすりナビのバルシビルの項目参照)。先発薬のバルトレックスと比較すると病院で処方されるよりはいくらか値段は安くなりますが、通販の場合ほとんど値段は変わらないといってよいでしょう。

バルトレックスのジェネリックの値段~セントレックス~
こちらも通販のみからの購入になります。ただ、他のバルトレックスのジェネリックと比較すると取り扱っている通販サイト非常に少なく、初めてバルトレックスを使う人には口コミなどの情報が少ないため、使用はおすすめできません。取扱いは500mgのみで、1錠248円程度です。

バルトレックスのジェネリックの値段~アシビルDT~
アシビルDTはヘルペスの初期段階で使用するもので、バルトレックスのジェネリックの中で最も安い値段の薬でもあります。通販のみの購入になります。200㎎、400㎎、800mgを取り扱っています。200mgは1錠56円、400mgは1錠120円、800mgは192円とかなり低価格です(おくすりナビのアシビルDTの項目参照)。


バルトレックスの値段はなぜ高いのか?

バルトレックスと検索すると必ずと言っていいほど、予測で「値段が高い」というキーワードが入ってきます。確かにバルトレックスは病院での入手、通販での入手どちらの場合でもアシビルDTなどのバルトレックスのジェネリックと比較すると3倍近く値段が高くなります。 なぜバルトレックスはこんなにも高いのでしょうか。それはバルトレックスの使い勝手の良さと先発薬であるからという理由があります。ジェネリックの場合、確かに製造する際簡単な薬品調査などは行いますが、もともとある研究結果や製造方法を元に製造するため、その分の経費を削減することができます。

一方、バルトレックスのような先発薬の場合、その薬を作るための研究や調査を一からおこなうため、その分の時間や人員のコストがかかります。よって、ジェネリックよりも先発薬の方値段が高くなってしまうのです。また、使い勝手の良さの点においては、バルトレックスの場合、服用回数が少なく覚えやすいところがあります。 バルトレックスと並んでヘルペス治療で使用される薬でゾビラックスがあります。

ゾビラックスの場合、値段は確かにバルトレックスと比較すると安いのですが、1日に5回服用しなければならず、飲み忘れなども生じてしまうため、少々扱いづらい薬でもあります。しかし、バルトレックスの場合どの症状でも1日2回(もしくは1日1回)程度の服用で済むため、ゾビラックス比較すると飲み忘れなどもなくなります。ただ、ジェネリックでもバルトレックスと比較すると多少効き目は落ちますが、充分効果があって服用回数もバルトレックスと同様のものもあるので、治療費を抑えたいという人にはバルトレックスのジェネリックがおすすめです。

バルトレックスのジェネリックで安く治療

バルトレックスのジェネリックで安く治療

ヘルペス治療薬にはジェネリックがあり、先発薬のバルトレックスなどと同様、服用することでウイルスの増殖を抑え治療を早める働きがあります。なるべく早めに飲むとヘルペスの症状が悪化しにくくなるので、出来るだけすぐに使うようにしましょう。ジェネリックは医療機関で処方してもらえますが仕事の関係でなかなか医療機関へ行けない方、特に性器ヘルペスに感染してしまい診察が恥ずかしいという方は何の対処もしないまま症状が進行してしまいます。

そうなってしまうと、自身のみならず他人までにも感染をひろめてしまうため、費用や病院に行く時間を惜しんでいる場合ではありません。しかし、どうしても費用や時間の問題は切っても切り離せない存在ですよね。また、バルトレックスは有効性は高いものの、費用が高額であるため、治療を続けるにも厳しいところがあります。

そこで、バルトレックスのジェネリック医薬品をつかってはどうでしょうか。少なくとも、ジェネリック医薬品はバルトレックスとは効果はほぼ変わらないものの、高額な治療費を抑えることは可能になります。このページではバルトレックスのジェネリック医薬品とは一体どういうものなのか?そして価格や効果、服用方法についてバルトレックスのジェネリック医薬品のことを徹底的に紹介します。

バルトレックスのジェネリック

ヘルペスの治療にあたり主流となっているバルトレックス。医療機関の多くが処方すると思います。しかしその値段はとても高く、1錠あたり405.60円。大体の方が単純ヘルペス(口唇ヘルペスや性器ヘルペスのこと)を発症して受診をすると思いますので、処方は5日分。1日に2回、1回につき1錠を服用するため4000円程度必要になり、そこから別途医療費がかかるのでもう少し費用がプラスされます。これってなかなかの費用ですよね?

しかし通販を使えば大幅に費用をカットする事が出来るので、そういった心配がある方はぜひとも通販の利用をしてみると良いでしょう。特に有名な製品はバルシビル。バルトレックスと比べると値段が安いのに、しっかりとヘルペスに効くので人気のようです。インターネットで検索してみると色々情報も出てきますし、通販サイトでも口コミが比較的多い薬なので参考にしてみましょう。

バルトレックスのジェネリック:バルシビル

バルトレックスのジェネリック:バルシビル

シプラ社という製薬メーカーが製造・販売しているバルトレックスのジェネリック。聞いたことが無いと思いますが、世界的に見れば実は結構有名なメーカーです。インドに本社があり、エイズが蔓延するアフリカ諸国に低価格で進行を抑える薬を提供していることで知られています。またインドは国を挙げてジェネリックの製造・販売を推進しており、世界で供給されているジェネリックの4割以上がインド製なのです。

シプラ社は10カ国に製薬施設を持ち、しかもアメリカにも本格的に進出を果たしているため品質やブランド力も相当高い部類。なのでバルシビルも安心して使えます。しかも値段はバルトレックスの半額以下で購入出来るので医療機関へ行くよりも安く、コストカットが容易です。

国内では500mg錠のみしかありませんが、バルシビルは1000mg錠もあり、これを半分にして使えばさらにコストカットが出来ます。通販を利用しなければ手に入れられませんので、興味が出てきた方はぜひ購入を検討してみて下さい。

バルトレックスのジェネリック:セントレックス

こちらもまたインドの製薬メーカーによるバルトレックスのジェネリックです。シプラ社より知名度は低いものの、質も良くなにより安い値段で製品の提供を行っているセンチュリアンというメーカーから販売されています。1995年設立と比較的新しい企業ですが、ヘルペス治療薬の他にも抗生物質やED治療薬なども販売しているので、通販サイトを利用される方であれば知っているかもしれません。

それはともかく、もちろんセントレックスも主成分はバラシクロビル。飲み方もバルトレックスと変わらず、単純ヘルペスであれば1日2回の服用とゾビラックスに比べ少ない回数で済みます。また値段も半額以下で購入でき、バルシビルよりも少し安いため、より一層コストカットを図りたいのであれば選択してみる価値はあるでしょう。ちなみに用量は500mg錠のみしかないようですのでご注意下さい。

ゾビラックスのジェネリック:アシビルDT

最後はゾビラックスのジェネリックのご紹介。バルシビルを販売するシプラ社の製品、アシビルDTです。主成分はもちろんアシクロビルなので、ゾビラックスと同等の効果が得られます。ただ一点違うのはその安さ。ゾビラックス自体もバルトレックスと比べれば安いのですが、アシビルDTはさらに安く購入出来ます。

医療機関で処方されるゾビラックスは200mg錠、400mg錠ですがアシビルDTには800mg錠もあります。1錠あたり192円なので他の用量と比べると高く感じるかもしれませんが、これを半分にして使用するとコストカットでき、非常にお得に使用が出来るので損はしません。

ただ飲み方に関してはゾビラックスと同じで1日5回、1回につき1錠ですがこれを継続するのはなかなか面倒です。そういった点で今ではバルトレックスが主流となっています。とはいえ値段の安さからゾビラックスを選ぶ方はまだまだいらっしゃいます。それにバルトレックスの主成分は肝臓でゾビラックスの主成分に代謝されるので、元は同じもの。決してゾビラックスは効果が劣っているというわけではありません。安心して使用して下さい。

バルトレックスのジェネリック服用方法

同じバルトレックスのジェネリックであっても、服用方法がことなるものもあります。 なぜ同じジェネリックなのに違うのかというと、主成分以外の成分が違うからです。 他の構成されている成分が違うために、体の中に成分が取り込まれるスピードや、 効果の出る時間が異なります。では、それぞれどのようなタイミングで1日に何回服用すればよいのでしょうか。 バルトレックスのジェネリック医薬品であるセントレックス、アシビルDT、ゾビラックの服用方法を紹介します。

まず最初にセントレックスの服用方法について。服用回数は症状によって変わりますが、 一般的な500mg錠であれば1日2回服用します(成人)。服用期間は潜伏期間の長さによって変わりますが、 平均5日前後とされています。食事の影響を受けにくい薬であるため、 服用するタイミングは食事の前後どちらでも問題ありません。 ヘルペスの一種である帯状疱疹の治療で使用される1000mgの場合、 1日1回の服用になります。水痘の治療の場合、成人もしくは40kg以上の小児に対しては1000mgを3回にわけて服用します。 服用する際は、ぬるま湯や水などでふくようします。

次に、アシビルDTの服用方法です。服用回数は初期のヘルペス等の発症時は1日800mgを1回、 5~10日間程度服用します。ただし、再発の場合は、1日400mgを1日2回、 3日間の服用になるため注意が必要です。もし、再発してから初めてアシビル を服用する場合でなおかつ初めて発症したときに診てもらった病院とは別の病院で診てもらう場合 、きちんと再発であることを伝えましょう。ほとんどの病院では再発かどうか聞かれますが、 稀に悪質な病院だと、何も言わなければ、そのまま800mgを処方してしまうところもあるので正確に伝えることが大切です。

最後にゾビラックスの服用方法です。ゾビラックスはジェネリックの中でも使い勝手がよい薬でもあります。 セントレックスやアシビルDTは錠剤しかありませんが、ゾビラックスの場合、 錠剤の他にも、軟膏、顆粒、注射など幅広い種類を取り揃えています。200mg錠、800mg錠共に1日5回の服用になります。

ジェネリックの製造・販売について

ジェネリックの製造・販売について

薬は先発薬(または新薬)と呼ばれるものがほとんどで、長い開発期間を経て販売されます。その間に、たくさんの治験などを通じて薬の効果や副作用が確認され、厚生労働省から認可されることでようやく市場に出回り、患者さんや必要としている人に服用されるのです。

製薬メーカーは長い期間、莫大な開発費用をかけて製造しているため、販売からすぐに他社がその成分を使ってしまうと競争が起きてしまいこれまでの費用が回収出来なくなる可能性があります。そこで新しく開発された薬には「特許期間」というものが設けられます。有効期限は20年、そこから延長も可能で最大で25年設定する事ができ、続く限りは開発したメーカーのみが使用出来るという仕組みです。それにより費用の回収をしたり、新しい薬の開発費を得る事になります。

その薬の特許期間が切れた後、共有できるものとしてみなされるため他の製薬メーカーもその成分を使い、販売出来るようになるのです。それがいわゆるジェネリックで、実績のある成分を使うため一から研究していくわけではなく、長い開発期間を必要としない分、価格が安くなります。

近年ではこのように多くのジェネリックが作られるようになり、日本でも少しずつ知られるようになってきました。国も医療費のコスト削減などを考えジェネリックを推奨していますが、世界各国と比べるとまだまだ市場シェアは低いのが現状です。日本には保険制度があるので、適用される薬はジェネリックをわざわざ選ぶ必要が無いという理由から一向に進まないと言われています。

ジェネリックはほとんど先発薬と変わりない

ただジェネリックは厚生労働省の厳しい基準をクリアしなければ販売出来ません。当然ですが元になる薬と同じ成分を使わなければなりませんから効果は同等です。安い値段だから効果が低いのではないか?あまり質は良くないのではないか?というイメージを持たれている方もまだいらっしゃると思いますが決してそんなことは無く、一度利用してみればその概念は覆ると思います。

とはいえ先発薬と製造方法、添加物、形状、コーティング剤などが違いますので思ったような効果が得られない事もあります。若干の差ではありますが、この若干が薬の効きに影響するので、もしも合わないようであれば引き続き先発薬を使うか違うジェネリックを使うという方法を取りましょう。

ジェネリックのデメリット

ジェネリック医薬品は「本家本元と同じ効果を得ることができる」、 「ジェネリック医薬品は特許切れの薬であるため安い」これらの解釈は 半分は正しく、半分は間違った解釈でもあります。まず、間違っている点その 1として、ジェネリック医薬品は完全に特許が切れた薬ではありません。あく までも特許切れというのは、薬に使われている主成分(バルトレックスの場合、バラシクロビル塩酸塩)のみになります。

実は薬自体には様々な特許がかかっており、その中の一つとして製剤特許と いうものがあります。そのため、製薬特許が切れていない場合、主成分以外の構成され ている似たような成分を含む薬を作ることができないのです。 そのため、主成分はいくら同じでもそれを取り囲むその他の成分が異なるため、 どのくらいの時間で薬が吸収されるのか、どのようにして溶けていくのかなど未知の世界なのです。

その上、薬の型も同じ型を使用することもできません。たとえ同じ錠剤タイプであっても、 どのようにコーティングしてあるのか、主成分以外の構成している成分のちがいによって効果 の現れ方が本家とは変わってくるのです。その他にも、ジェネリック医薬品の場合、 市場に出すためのある一定の試験はありますが、先発薬と違って、 有効性の試験と安全性の試験はしなくてもよいとされています。

なので、ジェネリック自体が、本家と同じぐらい安全な薬であることは保障されておらず、 製品情報がとても乏しいのです。有効性に関しても、主成分が同じであるから、 差がないという程度の認識でしかないため、実際のところきちんと効果があると言い切ることはできません。 また、統計上は20%程度の差であれば効果が低くても、有効性はあると判断されます。

では、製造特許を含む薬に関する特許がすべて切れて、 すべて同じやり方と成分で作れば本家本元と同様の効果を得ることができるのでしょうか。 実は、その答はNOです。不思議なことに同じ製法、同じ成分で薬を作ってもどうしても、 先発薬とはちがった薬の溶け方をしたり、違った効果の現れ方をしたりします。 なぜこのような差がでてしまうのでしょうか。主な理由として、技術力の差だと考えられます。

先発薬を開発している製薬会社は大概、巨額の開発費があり、 それなりの技術力と積み上げてきたデータがあります。 そのような優れた部分があるからこそどこよりも先に新薬を開発することができるのであって、 それを、他社がまねをするのは至難の技といっていいくらいでしょう。

ただ、ジェネリック医薬品はほとんどのものが、本家と同様優れたものばかりでもあり、 ヘルペス治療に使われるゾビラックスもその一つでもあります。 ジェネリック医薬品で気をつけなければならないのは微妙な薬の溶け方の違いなどで影響をうけやすい、 心臓や脳系の薬です。それ以外の薬は安心して使ってもよいといえるでしょう。

バルトレックスのジェネリックを通販で購入

海外のジェネリックを購入するには通販サイト

バルトレックスのジェネリック医薬品の中で、病院から処方箋として手に入れることができるのは、ゾビラックスのみとなります。 アシビルDTやセントレックスの入手方法は海外から取り寄せるのみしか方法はありません。 海外からと聞くと、わざわざ自分で外国語を使って現地へ連絡をして入手するイメージがありますが、 そんな面倒なことをしなくても海外から薬を取り寄せることができます。それは、輸入代行業者を利用することです。

処方箋も要らず、手軽にいつでも購入することができます。 輸入代行業者とは購入者に代わって直接現地の人とやりとりをし、 薬を輸入し販売する業者です。いっけん薬の輸入販売と聞くと違法なことをしているのでは? と感じる人もいるかもしれませんが、実のところ違法性は全くありません。 違法だといわれているのはあくまでも薬の転売が違法となっているのであり、 自分で使用する分には罪に問われることはないのです。

では、実際にバルトレックスのジェネリックを購入するとなるといくらぐらいで購入することができるのでしょう。 まず、ゾビラックスは200mgで1粒90円~81円となります。 同様のものを病院で処方してもらった場合も同じぐらいの値段です。 ただ、病院だと薬代+数千円の治療費がかかるため、 通販で購入する上でかかる送料と比べたら通販のほうがいくらか安く購入することができます。 アシビルDTの場合200mgで1粒56円、400mgで1粒120円、800mgで1粒192円で購入することができます。

そして、セントレックスは500mgで1粒122円~153円とほかのジェネリックと比較すると少したかめです。 ちなみに本家バルトレックスを通販で購入する場合、500mgで1粒142円~158円、 1000mgで1粒217円~271円と病院で処方されるときとあまり変わらない値段です。

通販のメリット

通販を利用するメリットはたくさんあります。 まず一つめは値段が安いところです。ヘルペスは再発を繰り返す病気であるため、 一度患ってしまうと長期間薬を服用しなければなりません。できることなら、 薬代を節約したいと思う人も少なくないのではないでしょうか。そんな中通販でしたら、 ジェネリック医薬品を購入できるため、薬代を節約することができます。

二つ目、自宅で待っているだけで品物が届くところです。 病院に行く時間もないぐらい忙し人だと、病院にいけずにどんどん症状が悪化してしまうことがあります。 通販であればわざわざ病院に行く必要がないため、放置することによる症状の悪化を防いでくれます。 他にも、性器ヘルペスの場合、病院で診察してもらう場合、 性器を見せないといけないなどに抵抗がある人にとっては恥ずかしい思いをせずに治療できるためおすすめです。

通販のデメリット

海外からの輸入となるため、どうしても商品到着までの日数がかかってしまいます。 およそ7日~12日程度かかります。到着まで時間がかかると、「きちんと自分の品物は配送されているのか」 と気になるかもしれません。そんなときは商品についている追跡番号を調べれば確かめることができます。 追跡番号は入金が確認され商品を注文が確定した際に送られてきます。

また、服用方法を間違えてしまうことがあります。 性器ヘルペスと口唇ヘルペスは同じヘルペスでも薬の服用回数はことなります。 それを勘違いして、服用してしまうと思うように効かなかったり、副作用がつよく出てしまうことがあります。 どうしても服用方法などに不安がある人は専任のオペレーターに問い合わせてみるとよいでしょう。 24時間対応となっているため、いつでも相談に乗ってくれます。

値段が安すぎるバルトレックスのジェネリックに注意

値段が安いのが通販の良い面の一つでもありますが、バルトレックスのジェネリックであっても異常に安すぎる通販サイトで購入するのはおすすめできません。 なぜおすすめできないのかというと、偽物の薬である可能性が高いからです。いくらジェネリックであっても、輸送費や製造費、需要などを考えたら医薬品を異常に安い価格で手に入れることはかなり難しいと考えられます。どんなに大量に仕入れても割引される価格はたかが知れている程度です。

なので、偽物のバルトレックスのジェネリックを購入しないように、いろんな通販サイトの価格を見比べてきちんと吟味してから購入することが大切です。また、もし偽物を購入してしまったかもという人は、届いた商品のパッケージに注目してみてください。偽物の医薬品は対外、ビニール袋の小袋に小分けにされてあったりします。通常であれば、どのジェネリック製品もシート状のものが届くはずなので、シート状になっていない薬をみたら服用せずに、購入元に問い合わせてみましょう。服用後に偽物と気がつた場合も絶対につづけて服用することはやめましょう。服用したことによって体調不良になってしまった場合は、お近くの病院へ服用した薬を持参して受診しましょう。


コンテンツ

ヘルペスの種類、症状や有効なお薬
ヘルペスの症状とその種類
ヘルペスとは赤く腫れて小さな水ぶくれができることをいい…
バルトレックスの効果効能と副作用
バルトレックスの服用間隔
バルトレックスは、グラクソスミスクライン社によって製造…
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスの副作用
ゾビラックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの「単純…
バルトレックスのジェネリック
バルトレックスのジェネリック
ヘルペスの治療薬にはバルトレックスとゾビラックスがあり…
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスの予防や対策
ヘルペスは口の回りな性器に痒みや痛みを伴う水ぶくれが…
ヘルペス体験談
ヘルペス体験談
ヘルペスの体験談を紹介しています。実際に口唇ヘルペスや性器ヘルペス…

バルトレックスの通販はこちら